スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


近況報告
カテゴリ:未分類

P1120401.JPG ありがとうございます


今回の地震で、我が家が北海道にも関わらずご心配を頂いた皆様本当にありがとうございます。

 

とりあえずの近況報告ですが。

人間も犬猫もみんな無事で元気です。

 

 

普段地震を体験する事がほとんどなく、しかも今回は結構揺れたので少し焦ったけれど、我が家の犬猫達より私の方が早く気づいたのですぐに寝ている息子に覆いかぶさり夫にメールをしました。

 

その1分後くらいに小冬が気づき、玄関に向かい 『危ないから外に行こうママちゃ!』 と外に出ようとした後、最後に白斗が気づき居間に私に知らせに来ました。
「大変だ、大変だ、ぽっくん大変だ!」と。

 

猫達はみんな寝ていました。

 

幸いにも夫とメールのやり取りが出来たので不安もなかったです。

 

ネットが使えなくなったのは少し不便だったけれど命に関わる事でもないし、電気ガス水道も問題なく不安なく過ごせた事は当たり前ではなく有難い事なのだと思いました。

 

ついでに。

ご心配頂いているベガと白斗ですが。


ベガもヒョロヒョロで体重が2キロちょっとになったけれど、頑張って生きてます。
もちろん白斗も。

 

白斗は一時期血糖が落ち込んで 『もう覚悟しなくちゃ』 と超楽観的ポジティブピープルの夫が言う程の時期があったけれど、頑張ってまた復活してくれました。

DSCN0923.JPG

こーんな感じでゆるゆると頑張ってます

 

 

 

生きてくれている事。
生かされている事。

 

今回の地震からも思ったけれど。

 


本当に本当にただただ感謝です。
ご心配頂いた皆様、本当にありがとうございました。

 

 

ニュースで被害状況を見ていると、つらくてもどかしくて悲しくて体のあちこちから血が噴き出しそうになります。

 


これが日本なの?と思ったり。
悲しみを共感して涙が止まらなくなったり。
あまりのむごさに吐きそうになったり。

 

おじいちゃんおばあちゃんをゴッソリ我が家に連れてきて、せめてあったかいご飯とお風呂だけでも、と切に思います。

 


節電くらいしか出来ないのが悔しいけれど。
時間が出来たら募金に行きたいなとも思います。

 


被災された方に早く安心出来る場所と時間が戻りますように。

 

この度の地震で被害にあわれました皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

また、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

 


更新していないにも関わらず覗いてくださっている皆様、ありがとうございます。
まだ当分更新できないかもしれませんが、また笑顔でお会い出来る日を楽しみにしています。

その時は楽しい話をたくさんお土産に出来ますように。

DSCN0925.JPG

小冬っちも心臓の薬を飲んでるけど元気です

スポンサーサイト
2011.03.15 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


仁義なき夫、その後
カテゴリ:未分類

 P1080475.JPG 気にしない、気にしない

 


この間、夫がいかに面倒くさがりかをあつく語ったのだけど。

また夫のボディソープがきれているのに気がついた。

 

やっぱり今回もとっくの昔にボディソープがきれていたらしく、気がついたらだいぶん薄まったボディソープ、いやボディソープ風味の水を使っていたらしい夫。

 

けれど、数日それが続いたものの案の定入れ替えてもいないのにきちんと風呂に入っている。

 

もしかして、息子のを使っているのだろうか。

 

いやいや、あのデッカイ体で息子のを使われてはたまらない。
息子のは高いのだ。

 

いや、もしかして私のを使っているとか? そういえば減りも早いもの。


私は夫や息子に比べると肌が異常に強いので(タワシで顔をこすっても平気♪キャハ)普通のを使っているのだ。
肌の弱い夫が使ってしまうと大変な事になってしまう。

 

でも。


ここでまた負けて入れてやるのは本当に悔しい。

 

 

何で夫は詰め替えしないのだろう。

 

 

昔小さい頃母親に言われた事がある。
『人に与えられるものは一生を通して数が決まっているんだよ、だから小さいうちに無駄遣いをすると大きくなってから苦労するんだよ。服だって物だって本だって何だって、良い気になって買っていたら大きくなってから手に入らなくなるんだから』 と言われたっけ。

 

そうか。
夫はもう一生分の詰め替え行為をしてしまったのだな。
だからこんなに苦労しても詰め替えられないのだろう。

 

 

でも、もう疲れたよパトラッシュ。
いつもいつもボクが詰め替えなんだ。
もう眠いんだ。

 


でも、このまま行くと夫は私のボディソープを使い続けるに違いない。
自分の体の異常なんて全然気にしちゃいないというか、気付かない人だもの。

 

それでなくても私の真似をすぐしたがる人なのだ。
こっそり私のボディタオルだって使っているし。

 

 

夫は本当に真似っ子で困る事がある。
弁当を買う事になって私が肉系を選ぶと100%同じものを買う。


私が塩辛やカップ麺を食べていると黙って見ているくせに、次の日になると 『ボクも食べたかったんだ』 と言って同じメニューを食べる(なぜに同じ日にしないのか)

 

飴玉の類なんてもう我慢できないらしい。
一度口に入れたもの1個しかなくて、泣く泣く出してやった記憶もある。

 

 

そんな夫だからかぶれようが、カサカサになろうが私のボディソープを使い続けるだろう。

 

 

 


仕方ない。
今回は入れ替えてやろう。

 


一生分詰め替えをしてしまった気の毒な人なのだ。

 

 

そんな夫。
珍しくトイレットペーパーを補充してくれていたのは良いけれど、向きが反対になっていた。

 

もう一度書くけれど。

 

トイレットペーパーが反対になっていたのだ。

 

 


これほどイラッとする事ってあるだろうか。
いやそうそうにないだろう。

 

 

 

ましてや私は夫よりかなりの率でトイレットペーパーを使用するのだ。
毎度毎度ダメージが大きい。
ジワジワとヒットポイントが減って行く。

 

トイレットペーパーと言うより、嫌がらせアイテムと言った方が良い。

 

 


半分くらい来た所で、あまりにも悔しいので 「あのさぁ、私は絶対に直さないからね」 と宣戦布告しておいた。

 

 


『え?知らなかった。なんか使い辛いと思ったんだぁ』 と夫。

 

 

そう答えておきながら、やっぱり直していない。

 

 

またもやイライラしながら使い続ける私。

相手の思うツボである。

 

 

今朝ようやく使い切ったのでそのままにしておいてやった。

 

 

ふははっ、夫め!困るが良いさ。
朝の時間のない時にお前はトイレットペーパー補充さっ!←悪い魔女風で。

 

 


と、思ったら夫はトイレに行かずまんまと自分の番にまわってきてしまった。

 

今回も惨敗である。

 


トホホ。

 

 

 P1080808.JPG

 ボク達に免じて許してやってくだされ

 

 

      ポチして頂けると嬉しいです

 ありがとです
  小冬っちって言って。
 感謝です
  僕も可愛いよ。

      ありがとうございました(^.^)  

2010.02.24 / コメント:: 8 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


恥ずかしい話
カテゴリ:未分類

 P1060814.JPG ふじっこの恥ずかしい格好  

 


最近あった私の恥ずかしい話。

 

数日前、なかなか寝ずにぐずる息子をちょっと置いて犬達のオシッコをさせに行った時の事。

 

息子を置いているのでとにかく焦りまくっていた私。
最初に小冬を外に出し、オシッコをさせた。

 

戻ってきて、玄関から白斗を呼んだ。

 

いつもどおりの声で呼んでも来ない。
2回3回と少々声を大きくして呼ぶ。

 

 

やっぱり来ない。

 

 

結構大きな声で 「ぽっくん!ハック、白斗!!!」 と呼んでみたけれどやっぱり来ない。

 

 

全身から血の気が引いた。

 

 

そういえば、さっき洗面所で横になってたけど息してたっけ?
確認するのを忘れてた。

 

いつもはちゃんとするのに。

 

 

 

(あらぬ事を想像中)

 

 

 

 

 

(゚д゚;)

 

 

 

 


うわぁぁぁ、はく~!はくったらはぐ~~~~~~!

 

 

 

 

大きな声で呼びながら家の中に走りこむ。
足がもつれて思いきり転んでしまった。

 

白斗の姿が見えず焦った私は、涙と鼻水とヨダレを垂らしちょっと怪しい人になりつつ這うようにして洗面所へ。

 


すると。

 

「うっるさいなぁ、ぽっくんお昼寝中なのにぃ」 と左のほっぺたに思いっきり寝癖をつけた白斗が出てきた。

 

 

気が抜けて座り込む私。
あとから見ると膝が擦りむけて、青痣が出来ていた。

 

今思い起こしてみると、気がふれたように家の中を大声を出しながらずるずるとホフク前進する30女…。

 

 

ああ。
息子の記憶に残っていませんように。

 

 

 


私の恥ずかしい事は日常の中でたくさんある。

 

年をとったせいで爪がものすごく硬くなってきた私は、やっと寝かしつけた息子を爪きりの音で起こしてしまったり。

 

思わず 「エヘヘヘ…ヘヘ。起こしちゃったねぇ。どんだけ硬いっちゅう話さ…」 とボソボソと小声で自分に突っ込んでみる。

 

 

 

その前の日には、息子に乳をやりながら鼻くそほじりに熱中してしまい、大口を開けてほじっていた。
以前と同じように大物と格闘していたのだ。

 

すると、なんだか視線を感じた。
ふと見ると、息子が乳を飲みながら真剣な表情で私の指を見ている。

 

目が合うと、ニヤリとされた。

 

 

おおぉぉぉ。

 

 

どうしよう。
息子の始めての記憶がこれだったら。

 

母ちゃんの鼻くそほじり熱中状況だったらあまりにも可哀想過ぎる。

 

 

 


最近で一番恥ずかしかったのは、風呂から上がり息子に乳をやり終わり、ようやく寝かしつけた時に夫とちょっと小競り合いになった。

 

その時に文句を言って興奮していた私は、何気なく自分の姿を見て驚いた。

 

片方の乳がベロリと出ているではないか。
しかも下半身はガードルのみ。

 

おまけにちょっぴり中古品(つまりボロ)

 

むおぉぉぉ、よりによってこれだよ。

可愛くてオサレなのを買ったばかりなのに。

 

そんな私の姿を何とも思わず反論する夫。

 

 


ちょっと待って。
これって気にならないの?

 

当たり前なの?

 

これをスタンダードと出来る夫はどうなの?

 

 

って言うか、小白=この格好って事?

 

 


でも、これで小競り合いを中断するわけには行かない。
女がすたるってもんだ。

 

 

さりげなく乳をしまい、ガードルを上着で隠しながら文句を言い続ける私。

 

 

 

ああぁぁ。

 

 

 

いかに普段恥ずかしい格好をしてるかってこった。


も少し気をつけよう。

 

 


ケンカして仲直りした後も、夫は私の姿について何も言わず平然としていた。

 

やっぱりこれが基本形って事らしい。

 

まずは 「服を着なさい」 と言われるくらいに進化したいものだ。

 

 

P1060550.JPG

カーテンをあけるふじっこのせいで外の人と目が合うのも恥ずかしい

 

2009.10.05 / コメント:: 6 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


小白家猫組ナンバー5
カテゴリ:未分類

 P1030504.JPG はじめまして

 

みなさんはじめまして。
ボクの名前はむぎと言います。

 

ここのお家に保護されてから約2ヶ月が経ちました。

 

とても寒くてお腹が空いて困っている所を、ここのパパさんとワンちゃんに保護されました。
最初 「ねこ」 と呼ばれていたボクもようやく 「むぎ」 と呼んで貰える様になりました。
ちなみに<むぎ>はひらがなの<むぎ>になりました。

 


いつでも明かりがついていて、暖かくてご飯もお水もある生活にやっと安心して眠れるようになりました。
パパさんはこまめにボクの面倒を見てくれます。
寂しいのに頑張った分だと言っていっぱい抱っこしてくれたり、撫でてくれたり優しい言葉をかけてくれます。
この間はお風呂にも入れてもらって爪も切ってもらいました。
お風呂場ではウンチを漏らしてしまったけれど、パパさんは怒らずに笑ってました。

 


いっぱい食べていっぱい寝て、体重も4キロまで増えました。
皆がいる部屋にも居られるようになったし、寝室にも入れてもらえるようになりました。

 

1人部屋の時は置いていかれそうになるとボクはつい焦ってしまって、ご飯を口に入れたままママさんを追いかけてしまったりしました。
何よりもご飯は大好きだけど、一人になるのはもう嫌だったんです。
ポロポロと口から落ちるご飯を見て、ママさんは困ったカオしていました。
『事情があるから余り長く居られないよ』って言いながらちょっとだけ居てくれたりしました。

 

いつも僕を困ったカオで見ていたママさんは、僕の事あまり好きじゃないのかも知れません。

 

ここのお家にはたくさんの猫や犬がいます。
最初は仲良くしたくても、みんなワンワン吠えたりシャーシャー脅かしてきて僕をいじめました。
大きい方の犬は最初しつこくて、嫌だったので思い切り引っ掻いたりしてやりました。
すると、ママさんにすごく怒られました。

 

だけど最近では、皆と仲良く出来るようになりました。

 

僕が一番好きなのは、白い猫ちゃんと小さい方の犬です。
白い犬の小さい方は、1人部屋の時から毎日しょっちゅうカオを出して色々声をかけてくれました。
寂しくて鳴いているとすぐに飛んできてくれて、お腹が空くとすぐにパパさんを連れてきてくれました。
だから今も仲良しで、毎日一緒に遊びます。

 


こんなふうにボクの毎日が流れていきます。

 


この間パパさんとママさんが話をしていました。
どうやらボクは若い人に飼われていたのではないか、と言っていました。
ボクの食べ物の好みや生活の様子を見ていてそう思ったみたいです。
でも、もうボクは前の事なんて覚えていないし今がお腹いっぱいなので十分です。
みんなみんな大好きです。

 


ボクはちゃんと爪とぎセットも使えるし、お薬だって嫌がらないで飲めます。
お風呂にも暴れないで入れるし、おトイレだって上手に出来るんです。
人間の生活音も怖くないです。

 


こんなに良いコはそうそう居ないねってパパさんにも褒められました。

 

 


そして。
昨日。
ママさんはとても真面目なカオでボクにお話ががある、と言いました。
『むぎ、今日からウチのコだよ。安心させるまで時間がかかっちゃってごめん』

 

『あと、ちゃんとパパにお礼言いなさい。パパが決めてくれたんだからね。パパからは「ウチのコになりたかったら長生きしなさい、幸せになりなさい」って。それがウチのコになる条件だって』

 

そして『もう、飢えたり寒かったりの心配はずっとないよ。苦労した分取り戻そうね』と笑いました。

 

 


ボクはここのお家のコになりました。
小白家猫組に加わる事になったそうです。

 


応援してくれた皆さん、ありがとうございました。
これからも小白家の一員として仲良くしてください。

 

小白家猫組 むぎ

 P1030526.JPG

 小冬ちゃん、見つけてくれてありがとう

 

このブログは皆様の笑顔と
  押してくれるまで見てる(小冬)
    ポチッと応援で成り立っています。
2009.02.07 / コメント:: 24 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


年始のご挨拶
カテゴリ:未分類

DSC_2066.JPG よろしく2009年

 

 

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

 

2009年が皆様にとって笑顔の多い素晴らしい年になりますよう、願いを込めて。

 

                                                                                             小白

DSC_1824.JPG

 今年も笑顔

 

このブログは皆様の笑顔と
  押してくれるまで見てる(小冬)
    ポチッと応援で成り立っています。
2009.01.01 / コメント:: 18 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


ranking
ブログランキングに参加中
ポチポチっと応援お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター

現在の閲覧者数:
ブログ内検索
登場人物

小白:これを書いている人物。慣れない子育てもはや2年。相変わらずの妄想癖で数々のピンチやら何やらを乗り越える。根っからの貧乏性&心配性。
【特技】妄想癖(得意分野は貧乏ごっこ、家族の心配)暴走し過ぎて夫に迷惑をかけるのが定番
【趣味】夫いぢめ
【宝物】家族


●夫:24時間365日家族の事を想い家族のために尽くすドM、じゃなくて心優しいパパ。現実主義者ゆえ冷たく見られがちだが海のような広さの心の持ち主。
【特技】息子のご機嫌取り
【趣味】息子の目を盗みわずかな時間いじるPC
【宝物】息子


●息子:この世に出てきてわずか2年足らずで小白家のみんなのハートをがっちり掴んで離さないニクイやつ。父譲りのクールで超マイペースな所に母の大雑把さと頑固さを併せ持つ幼児。
【特技】あやしいダンス
【趣味】色やら数やらをひたすら言う、もしくは人に言わせる。
【宝物】オモチャ、アイタッチ


●小冬(コフユ):小白家の警察&ムードメーカー&ルールブック。老いてますます血気盛んな所におおざっぱさが加わりますますオヤジ化するもラブリーさは変わらず小白が溺愛する娘。スピッツ9才。
【特技】取締り
【好き】チーズ、レバー、特定のオヤツ、ママちゃ



●白斗(ハクト):2年前よりインスリノーマを患う。どうすればパパたんを独り占めできるか日々研究中。大らかで優しい息子。テンション高く時々倒れるのがたまにキズ。スピッツ8才。
【特技】低血糖発作からの生還
【好き】パパたん、弟ちゃん、チーズ、オヤツ全般、散歩



●レオ:2011年10月26日永眠。享年12才



●ベガ:小白家猫組唯一の女の子。寄る年波に勝てずあちこちガタが来つつも頑張っている11才。小白にペット霊園の話を出された途端蘇ったフェニックスキャット。
【特技】1日1嘔吐
【好き】猫缶、口に入るもの全部



●タロ:老婆宅にセラピーキャットとして修行中



●ふじ:小白家猫組末っ子。もうすぐシニアなのにいつまでも仔猫扱いの6才。いつまでも冒険心とドキドキを忘れないピーターパンキャット。
【特技】チキンレース
【好き】白斗、弟ちゃん、シニア用猫缶



STOP!ノーリード
小白の書棚

アタゴオルは猫の森
アタゴオルは猫の森 1 (1) (MFコミックス)
ますむら ひろし 著


こむぎ日和
こむぎ日和 お散歩できないダメダメ編 (クイーンズコミックス)
芳成 香名子 著


綿の国星
綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)
大島 弓子 著


ハルとソラとのミニチュアな日々
ハルとソラとのミニチュアな日々
たかはし みき 著


Dr.ノムラの犬の悩み相談所
Dr.ノムラの犬の悩み相談所 (Inu to Issho ni Series)
野村 潤一郎 著


犬用救急箱の中身
●犬猫用の体温計
先端フレキシブルで安全設計
犬猫用フレキシブル体温計

●簡易血糖測定器
簡易血糖測定器
あし@

検索
QLOOKアクセス解析 出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。