スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


ノーリードおばさん
カテゴリ:いぬ

IMG_0261.jpg  ぽっくんは楽しかったよ

 

かなり立腹した連休の初日。

 

数ヶ月ぶりに白斗の調子が落ち着いていたので、久しぶりに車に乗せて河川敷に連れて行った時の事。

 

 


河川敷と言っても車で数分の所だけれど、車の移動でも発作を起こす白斗にしてみればものすごく久しぶりにいつもと違う景色を楽しめる楽しいお散歩である。

 


なのに。

 

 


着いてすぐノーリードで犬を遊ばせてるオバハンを見つけた。
嫌な気持ちになりつつ、関わらないようにして離れて遊んでたのだけど。

 


気づくとオバハンは2人に増殖し、5匹中3匹がノーリード。
チワワやらダックスやらシーズーやらの小型犬。

 

 

私はこの手の人が大っ嫌いである。
ウチの犬達はノーリードの犬に3回咬まれた事がある。

 

 

小冬が1回、白斗が2回。


こっちはリードをつけてるから咬まれっぱなしで逃げる事も出来なかった。

毎回私が犬を抱き上げて、咬んでくる犬を払いのけて運良く難を逃れてきただけだ。

 

 


「ウチのは小さいから、大丈夫」 『しつけが入ってるから』 などと言って当たり前のようにリードをつけない。


足元ではギャンギャンと賑やかに吠えているのに。

 


小型犬だからこそ御主人に忠実で、家族を守ろうとするコは多いのに。


どんな大きい相手にだって立ち向かったりするから余計危ないのに。

 

 


そう思っていたら、何を思ったのか私達の方にそのまま歩いてきた。

 


これ以上近づいてきたら白斗が興奮して発作を起こすかもしれないし、小さな息子だっているのだ。

 

一匹の犬は明らかに敵意を剥き出してるし。

 


そう思ったのでリードをつけるように話した。

 

 


ら。

 


「アンタだってさっき放してたじゃない?」と言うではないか。

 

 

 

『ハァ???』

 

 

 


思わずケンカ腰になる私。

 

いやいやいや、ウチの犬達は1ミリも放してませんけど?
ずっとロングリードで走ってたんですけど?

 

 


いくら言っても謝りもしなければリードをつけようともしないオバハンにキレた私。

 

 

ありとあらゆる言葉で文句を言ったら。

 

 

「訴えたかったら訴えなさい」

 

 

ときたもんだ。

 

 

 


ぬあぁぁぁあああにぉおおおおう?!

 

 

 


と止まらなくなった私を止める夫。
大泣きする息子。

 

 


息子の泣き顔を見た途端、本当に可哀相になってなんとか自分を抑えたけれど。

 

逃げていくオバハン達にちゃんとリードをつけるよう言って来い!と夫をけしかける。

 

 

『同じ止めに入るなら<アンタだってさっき放してたじゃない?>と言われた時にウチは放してないですよ、謝ってくださいって言うべきでしょう?』 と夫に八つ当たりする私。

 

 

実はここ最近白斗の調子が本当に悪くて、血糖も50台がちょこちょこ出たり40台も1度だけ出たりしたので、9月いっぱい持つかどうかと思ってたので無理にでもここに連れてきたのだ(今現在はその心配はなくなったけど)

 

 

最後に走らせてやりたいなぁって思ってたけど、しなかったのだ。

 

 


なのになんでそんな事言われなくちゃならないのだ?

 

 


なんなのだ?あのオバハン達は。


犬が可愛くないのか?


道路に飛び出してはねられたらどうするんだ?

 

はねた方だって嫌な思いをするではないか。

 

突然走ってって犬が嫌いな人に飛びついたらどうするのだ?

 

他の犬を咬んだりするかもしれないし。
(実際小冬が咬まれた時は、かばった私も咬まれた。傷跡だって残ってる)

 

 


咄嗟に何があるかなんてわからないじゃないか。

 

 


犬のオヤツの袋にだって<犬が好きな人ばかりじゃありません・・・人に迷惑をかけないように云々>と書かれているのだ。

 

 


人や犬がいない時に自分の責任で何をしようが知ったこっちゃないが、そうじゃない時はリードをするのは常識じゃないか。

 


罰せられる罰せられないの問題じゃないのだ。

 

愛犬を守るためのものなのだぞ、リードは。

 

 

咬まれた時だけじゃない。


一度人を咬んだ犬は咬み犬のレッテルを貼られるのだ。

 

 

私の親の知人に、犬が他所の子を咬んでしまい泣く泣く処分させられた人もいるのだ。

 

オタンチンめ。

 

 

そんなノーリードオバハンのせいで夫とはケンカになるし、本当に嫌な休日だった。

 

 

けれど。

 

 

反省したのは、息子を大泣きさせてしまった事。


普段は絶対に何があってもケンカはしなかったのに、白斗の事となってついカッとしてしまったけれど。

 

あんな顔で泣かせてしまったのは母失格である。

 

 


もう絶対に2度と息子の前でケンカはしないと誓った。

 

 

 

IMG_0263.jpg

小冬っちもヒヤヒヤだったの

 

 

スポンサーサイト
2011.09.27 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


ぽっくんの愛
カテゴリ:いぬ

 IMG_0059.jpg ハクちゃんが浮気してる・・・

 

小さい頃から犬の愛情を尊敬していたのを思い出した。

 

いつも 「犬ってすごいなぁ」 と思っていたのに最近はそんな事さえゆっくり考える余裕がなかったのだけど。

 

 


また改めて考える出来事があった。

 

 

白斗が発作を起こす時、大抵はいきなりバタンと行くのだけど。

 

経過がゆっくりだったり、少し余裕がある時や目があった時。

 

 

発作の前に尻尾を振るのだ。

 

 

 

この間の発作もそうだった。

 

どういうメカニズムかはわからないけれど。

 

表情や振り方を見て 「ごめんね」 「迷惑かけちゃうね」 と言ってるような気がしてならない。

 

 

本当に犬ってせつない生き物だなと思う。

 

苦しい自分より、飼い主の事を気遣うなんて。

 

 

 

一時期 『もうこんな病気と向き合うのは嫌だ』 とヤケになったりした。

 

出かけても、一度家に帰って処置をしてまた出かけるという生活に疲れたりした。

 

息子を連れて出かけても1時間の間に夫に様子を見てつないでもらうしかないなんて、と嫌になったりした。

 

 

 


けれど。

 


このせつない生き物の愛情が愛しいから、逃げ出さないで夫と手を取り合って頑張っているのだろう。

 


色々な感情で苦しんだ事もあったけれど、やっぱり犬の愛情にはかなわないと思う。

 

 

犬のような人になりたい。

 

 

いや。

 

 

白斗のような愛を持つ人になりたい。

 

 


そう思う。

 

 

IMG_0066.jpg

ハクちゃんが頑張ってるのも愛なんだね 

 

2011.09.21 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


志村流処置
カテゴリ:いぬ

P1130410.JPG  がんばってるよー

 

 

8月の末、白斗が発作を起こした。

 

 

結構大き目の発作と小さな発作を1回ずつ。

 

 

今度発作を起こしたらおそらく助からないと思っていたけれど、処置が早かったのとぽっくんの頑張りでまたまた蘇ってくれた。

 

 

正直毎日ビクビクだけれど、なるものは仕方ないのだ。

 

治る病気とも到底思えないし。

 

運良く留守中に発作が起こらないのはラッキーだし。

 

出来る事はやっているし、時間も体力もお金も愛情もめいいっぱい注いでいるのだ。

 

 

あとは、どーんと受けて立って行くしかない。

 

 

 


けれど。

 

 

やっぱり発作という物はかなり焦る。

 

 

最近の白斗の発作は前触れなしで突然起こる。

 

 


一番最初の処置はブドウ糖を注射器で吸って飲ませるのだけど、これがアナタ、もう手が震えちゃってどうにもならないのだ。

 

 


だって片方では白目剥いてぶっ倒れてるのだもの。

 

あんな怖ろしいカオはちょっとない。

 

そんなのを横目に処置しなくちゃならないのだ。

 

 


ブドウ糖を飲ませつつ、血糖を測りつつ、ヨダレやらウンチョスやらを片付けつつ、発作を抑えるのだけど。

 

 


しつこいようだけど、もうもう手が震えちゃってるのだ。

 

 


その最中は夢中で気づかないけれど、後になって記憶を反芻するとまるで志村けんの年老いた医者のコントのようだ。

 

 


「あに?あんだって?わたしゃ耳が遠くてね」 なんて言いながら手をブルブルさせて注射器を振り回す。

 

相手の額やら自分の額やらにブッッスリと刺しちゃったりして。

 

 

 

 

思わず吹き出す私。

 

ああ、処置の最中に思いつかなくて良かった。

 

実際、点滴のキャップに針を刺すことが出来ず(手が震えて)額じゃないけど、自分の手に刺したりもしたけど。

 

ブッスリとな。

 

 

 

 

夫が帰って来る頃には腰が抜けて、まるで産まれたての仔馬のようガクガクブルブルヨチヨチヨタヨタになってたけど。

でも。

 

 


助かったから志村けんでも仔馬でも何でも良いのだ。

 

頑張ったモン勝ちである。

 

 


なるものは仕方ないし、嫌な発作だけれど後から笑える事を見つけるとまたハクが長生き出来るような気がするし。

 

 

 

P1130450.JPG

あに?あんだって?

 

 

2011.09.05 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


ぽっくんの受診
カテゴリ:いぬ

P1130155.JPG  ハクちゃん大好き

 

 

P1120897.JPG

小冬もずっと寄り添うように

 

 

 

 

気がつけばもう7月。

 

 


あれよあれよという間に時間が過ぎて行く。

 

 


光陰矢のごとしとは、本当にその通りだなと思う。

 

 


楽しい事だけを書きたいと思っていても、大事な家族の事なので避けて通れない。

 

 

 


ずっと心配してくださっている方達への現状報告のためにも、自分の記憶のためにも書いておかなければ、と思う。

 

 

 

 

 

この1週間、白斗の血糖が上がらなくなってきた。

ステロイドも効かなくなってきた。

 

 


こうなるのはわかってはいたし、全力で頑張ってきた。

 

 

 


けれどまだ諦めたくない。

 

 

 

発症から2年半、最初の手術から2年。
ここまで頑張ってきたのだ。

 

 

まだ頑張れる。

 

 

 

「可哀相、もう頑張らなくても良いのに」 と思う人もいるかもしれないけれど、白斗は私達と居られなくなる方がもっと可哀相だし、いなくなってしまったら私達だって可哀相になるのだ。

 

 

だから頑張ってもらうしかない。

 

 

 

今だってほとんどは寝て過ごしているけれど、散歩と夫の帰宅時はものすごくやかましいしそこら辺の若犬にだって負けないくらい吠えるのだし。

 

 


散歩の時なんて毎度毎度 「ちょっと、そんなに引っ張ったら私のちに点々が出ちゃうってば。ハクは少しでも利巧にならないと死ねないよ、そのまま死んだらうるさい頭の悪い犬だったって記憶されちゃうよ。」 と言われるほどなのだ。

 

 

 

 

けれど。

 

 

 


ふじが白斗の傍から離れなくなった。

 

 

日中も夜中もずっと白斗に寄り添っている。

 

 

私が風呂に入っていると今までした事もないのに風呂場の前で待っていて、出てくると誘導するように白斗の所へ戻っていく。

 

 

 

 


白斗の不調が心配でたまらないらしい。

 

 


いつも白斗の変化に気づくのは私なので、私がいないと不安になるのだろう。

 

 

それを見て少しだけ心の準備や覚悟をする時期なのかも、と思うようになった。

 

 

おそらくこんな低空飛行を続けつつ、まだ頑張ってくれるとは思う。

 

 

夫とも 「この夏を越せないかも」 と言っていたのだから、夏を越せさえすればまた新しい年を迎えられると思う。

 

 

 

 

ただ。

 

 

散歩をして振り返った白斗の表情を見て驚いた。

 

 

もういつの間にか、しっかりとおじいちゃんの顔になっている。

 

 

病気だけでなく年も確実にとっている事に気づかされた。

 

 

まだらに刈った毛にタンポポの綿毛がゆらゆら揺れている。
それを見て 「ああ、もうすぐいなくなってしまうのかもしれない」 とボンヤリと思った。

 

 

 

以前なら 「いつまで一緒にいられるのかな?」 なんて病気を心配しつつも、まだまだ先の遠いような現実味のない事を考えていたのに。

 

 

 

 


急いで頭を振っても思ってしまったのだから仕方ない。

 

 

こうして人は受容していくのだろうな。

 

 

 

負けないように流されてしまわないように。

その場に立っていられるように。

 

 

 

 

 

もうすぐ受診。

もちろん家族総出の付き添い。

 

 

まだまだ頑張れる方法が残っていますように。

 

 

 

今年の夏をみんなで過ごすために。
今年の冬もぽっくんの犬ぞりを見るために。

 

 

 

次は楽しいぽっくんネタを書けるように。

 

 

がんばろうね、白斗。

 

 

DSCN0999.JPG

ぽっくんの犬ソリは早いんだよー、載る?

 

 

2011.07.01 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


どっきり大成功<ぽっくん編>
カテゴリ:いぬ

 P1120949.JPG これはヤラセ

 

 

 

3月に白斗が大きな発作を起こし、それ以来毎日ビクビクしながら生活していた私。

 

 

 

 


ちょっとの物音に飛び上がり(本当に飛び上がるのだ)夜中は白斗の寝息を何度も確かめる。

 

 

 

そんな私をこれでもか、と言う事が襲った。

 

 

 

その日の夜中も白斗が心配で1時間おきに目を覚まし、何度も様子を確かめていた。

 

 

 

 

何度目の事だろう。

 

 

 

白斗が笑っている。

 

 

 

 

丁度豆電球が切れている時だったので、目を凝らしてもなかなか見えない。

 

 

 


よくよく見ると。

 

 

 

 


頭を上げて瞳孔は思いきり開いているのに、口元は笑っているのだ。

 

 

 

 


ものすごい怖ろしい形相の白斗。

 

 

 

 


驚愕して後ろにあとずさる私。
叫ばないのが精一杯だった。

 

 

 

 

白斗にもしもの事がある時に息子を起こしてしまっては大変だ。
適切な処置が出来なくなってしまう。

 

 

 

 

そう思いつつ。

 

 

 

声を殺し、半べそをかきながら傍に行って確認する。

 

 

 

 

すると。

 

 

 

 


何の事はない、いつもソファの下で眠る白斗に、ソファの上のアンパン○ンの抱き枕がずり落ちてきて頭の上に乗っかってしまいそのまま寝てしまっただけだった。

 

 

 


丁度白斗の頭の部分がアンパン○ンの顔の部分になり、本物の顔を下に下げているので真っ白で体と同化していたらしい。

 

 

 

いつもより暗闇だったので余計見えずに混乱したのだろう。

 

 

 

 

状況が飲み込めて力が抜けて笑ったけれど。

 

 

ほんっとうにほんっとうに怖かった。

 

 

 

 

いつもビクビク生きている私には相当なパンチ力の出来事だった。

 

 

 

 

 


2、3滴漏らしたのはナイショである。

 

 

 

 

 

P1120951.JPG

 ママたんごめんよぅ

 

 

 

2011.05.26 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


ranking
ブログランキングに参加中
ポチポチっと応援お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

カレンダー
07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンター

現在の閲覧者数:
ブログ内検索
登場人物

小白:これを書いている人物。慣れない子育てもはや2年。相変わらずの妄想癖で数々のピンチやら何やらを乗り越える。根っからの貧乏性&心配性。
【特技】妄想癖(得意分野は貧乏ごっこ、家族の心配)暴走し過ぎて夫に迷惑をかけるのが定番
【趣味】夫いぢめ
【宝物】家族


●夫:24時間365日家族の事を想い家族のために尽くすドM、じゃなくて心優しいパパ。現実主義者ゆえ冷たく見られがちだが海のような広さの心の持ち主。
【特技】息子のご機嫌取り
【趣味】息子の目を盗みわずかな時間いじるPC
【宝物】息子


●息子:この世に出てきてわずか2年足らずで小白家のみんなのハートをがっちり掴んで離さないニクイやつ。父譲りのクールで超マイペースな所に母の大雑把さと頑固さを併せ持つ幼児。
【特技】あやしいダンス
【趣味】色やら数やらをひたすら言う、もしくは人に言わせる。
【宝物】オモチャ、アイタッチ


●小冬(コフユ):小白家の警察&ムードメーカー&ルールブック。老いてますます血気盛んな所におおざっぱさが加わりますますオヤジ化するもラブリーさは変わらず小白が溺愛する娘。スピッツ9才。
【特技】取締り
【好き】チーズ、レバー、特定のオヤツ、ママちゃ



●白斗(ハクト):2年前よりインスリノーマを患う。どうすればパパたんを独り占めできるか日々研究中。大らかで優しい息子。テンション高く時々倒れるのがたまにキズ。スピッツ8才。
【特技】低血糖発作からの生還
【好き】パパたん、弟ちゃん、チーズ、オヤツ全般、散歩



●レオ:2011年10月26日永眠。享年12才



●ベガ:小白家猫組唯一の女の子。寄る年波に勝てずあちこちガタが来つつも頑張っている11才。小白にペット霊園の話を出された途端蘇ったフェニックスキャット。
【特技】1日1嘔吐
【好き】猫缶、口に入るもの全部



●タロ:老婆宅にセラピーキャットとして修行中



●ふじ:小白家猫組末っ子。もうすぐシニアなのにいつまでも仔猫扱いの6才。いつまでも冒険心とドキドキを忘れないピーターパンキャット。
【特技】チキンレース
【好き】白斗、弟ちゃん、シニア用猫缶



STOP!ノーリード
小白の書棚

アタゴオルは猫の森
アタゴオルは猫の森 1 (1) (MFコミックス)
ますむら ひろし 著


こむぎ日和
こむぎ日和 お散歩できないダメダメ編 (クイーンズコミックス)
芳成 香名子 著


綿の国星
綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)
大島 弓子 著


ハルとソラとのミニチュアな日々
ハルとソラとのミニチュアな日々
たかはし みき 著


Dr.ノムラの犬の悩み相談所
Dr.ノムラの犬の悩み相談所 (Inu to Issho ni Series)
野村 潤一郎 著


犬用救急箱の中身
●犬猫用の体温計
先端フレキシブルで安全設計
犬猫用フレキシブル体温計

●簡易血糖測定器
簡易血糖測定器
あし@

検索
QLOOKアクセス解析 出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。