スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


夫暴露話
カテゴリ:

 IMG_0739.jpg 私の時もメモ貼らないでね

 

 

今だから書ける話。

 

夫は幼少の頃からある信仰をしていたせいか、亡くなった者に対して手を合わせると言う習慣がない。

 

と言うか、思い出して涙したり想い出を語ったりと言う事がない人なのだけど。

 

 


それゆえレオが死んでしまった時、私との温度差がかなり大きくてついて行けなかった。

 

私は<死は暴力的な物で残されたものは苦しんで納得するしかない物>と思っている反面夫は<死はそれ以上でも以下でもない、今までいた者が居なくなる事>と思っているらしい。

 

 

夫だって生身の人間だから、悲しんでいないわけではないし、明らかに食欲が落ちて元気が無いのだけど本当に淡々としていたので私としては不満だったし、きっとこの人は私が死んでもこうなのだな、と思うと本当に寂しかったものだ。

 

 


私がレオを思い出して涙しても淡々と見ているし。

 

線香を灯したり手を合わせたりもしないし。

 

それについて聞いても困った顔をして 『思いつきもしなかった』 と言うではないか。

 

 

 

 


世の中本当に色々な人がいるのだ。

 

どちらが良いとか正しいとかでなく。

 

 

 


12年一緒に暮らしてきてようやくこういうのには慣れてきたし、今回のレオの事でしっかりと理解できたとは思う。

 

 

それでも夫とは一緒にやって行きたいと思うのだけど。

 

 

 


でも。

 

 

でもさ。

 

 

 


レオが死んだなんて納得出来ない、と言った私にものすごく困って悩んだ顔をして一生懸命考えまくって夫が出した答えが。

 

 

 

「あちこちにメモを貼ったら?レオが死んだって。そしたら理解できるよ」 

 

 

 

 

とものすごく良い答えを出した的な顔をしたのはいかがなものか?

 

 

 

それだけでなく。

 

 

しばらくの間ウツロに過ごしていた私は、自分の身支度にまで気が廻らず恥ずかしいけれどシャツ(正確にはタンクトップ)を出して歩いていたりしたのだけど。

 

 

 

それを見て 「そういうのは僕の管轄外だなぁ」 とつぶやいたのはどうですか?

 

 

 

 


いや、管轄しようよ。

 

アンタの嫁だし。

 

 

 

あーあ、こんな事書いちゃったりなんかしちゃったら、全国何万人の(?)夫のファンが悲しむナリ。

 

 


いやそれはウソだけど、数少ない夫の味方が皆無になる可能性がかなり高いけど。

 

 

 

 

夫、ごめんね。

 

全然悪いとは思ってないけど。

 

 

 

と言いつつも、愕然ってこういう事を言うんだなぁ、なんてかなり驚いた私。

 

 

 

しばらく悩んだけれど。

 

 

こういう私だからこんな夫が合うのだろう。

 

 

同じようなタイプだったら鬱陶しくてかなわない。

 

 

それにしても。

 

 

 

 


「メモ貼ったら?」 って。

 

 

 

 

あの時の夫の顔。

 

 


褒められたい幼稚園児のような顔だったな。

 

 

 

・・・。

 

 

 

 

万が一、私が先立ったりしたら家のトイレの扉とか、玄関とかあちこちに<小白死亡>ってメモが書かれるのかしら。

 

 

なんだか息子もそういう所夫に似てそうだし。

 

 

 

 


うっかり想像したけど、結構嫌かも。

 

 


長生きしよう。

 

 

 

IMG_0731.jpg

ふじっこの時も貼るなよー、パパー

 

 

 

皆様、楽しい年末年始をお過ごしください(^.^)  来年はラッキーがたくさんありますように、心を込めて。

小白

 

 

 

スポンサーサイト
2011.12.29 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


お助け猫ちゃん
カテゴリ:

IMG_0360.jpg ぽっくんもお助け犬になるよ

 


 

最近息子のお気に入りのアイタッチのゲーム。

 

 

話しかけると画面の中のワンちゃんもしくは猫ちゃんが言葉を真似してくれるというもの。

 

 


ワンちゃんはちょっと太めの声でゆっくり。
猫ちゃんは甲高い声で少し早めに。

 

 


コレを見つけてからと言うもの、しょっちゅう歌わされているのだけど。

 

 


乱暴なゲームをされるより全然良いと思うので、時々させていたある日の事。

 

 

夫とケンカした私。

 

理由はずっと言い続けてもちっとも寝坊を改善しない夫。

 

そこでとうとうキレた私。

 

 


そりゃそうだ。

 

『あと30分だけで良いから早く起きて』と言い続けて早2年以上。

 

怒らないほうがコンコンチキである。

 


子供を抱えているとそれでなくても時間が慌しく過ぎるのだ。

 

 

 


家事育児に協力的な夫が疲れてるのは承知だけど、毎日毎日PCの前でずっと居眠りをしてて朝方活動するから起きれないのだ。

 

いつも言ってる通り居眠りをやめて、フトンで寝て早起きすりゃ良いだけの話である。

 

こちとら毎朝息子の後追いがひどくて思うように時間を使えないのだぞ。
夜はアンタの夜更かしのせいで寝れないし。

 

 


心を入れ替えたまえ。

 

 


そう思いつつ、もうガマンも限界で夫にカミナリを落とした。

 

 

 


「10分で昼ご飯支度しろっていうのかー!?」


「いい加減にしろー!!!」


「毎日昼帰ってくるならはよ起きれー、起きれないなら職場で食ってこーい」


「生活改善出来ないなら息子と出てくナリ」

 

 

 


矢継ぎ早に文句を言う私。

 

 

 

すると 『ごめんなさい、もうしません、生活改善します』 と何度も平謝りの夫。

 

 

 


ふと聞くと。

 

息子のアイタッチがついておる。

 

 

 

 

 


あっちゃー。

 

 

もしかして。

 

 

『ごめんなさい、もうしません、生活改善します』 

 

 

 

 

案の定、猫ちゃんが夫の言葉をそのままオウムの如く繰り返す。

 

 

 


うーん、よりによって猫ちゃんか。

 

 

運悪いのぅ。

 

 

どうやら私の声は遠すぎてキャッチできないけれど、夫は真横で話してるので楽々キャッチしちゃってるのだ。

 

 

 

 

『ごめんなさい、もうしません、生活改善します』

 

 

 

 


甲高い声で繰り返す猫ちゃん。

 

 

 

 

 

ぶふぉっ

 

 

 

 

 

と噴出しそうになるのを堪えに堪え、怒り顔をキープする。

 

 


耐え難きを耐え、忍び難きを忍びである。

 

 

あまりに可愛い声で猫ちゃんがそりゃもう正確に再生するので、たまらず 「もう良いよ」 と打ち切る私。

 

 

夫は気づいていたのか、それとなーくスリスリと横に移動してアイタッチから遠ざかる。

 

 


なのに猫ちゃんは真面目に夫の言葉を忠実に繰り返している。

 

 

スリスリと遠ざかる音までもを再生して教えてくれてるし。

 

 

なんて忠猫なのだろう。

 

我が家の猫よりお利巧ちゃんである。

 

 

 

『ごめんなさい、もうしません、生活改善します』 

 

 

 


いや、もうやめてください。
腹筋がケイレンしてるんですけど。

 

 

 


思わぬ猫ちゃんに救われた夫。

 

 

 

でも。

 

 

 

 

翌々日にはまた寝坊して呆れられた夫。

 

 

今度はワンちゃんに頼むのかちら。

 

 


それはそれで楽しみだけど。

 

 

 

IMG_0361.jpg

ありゃーガッツリまねしてるわー

 

 

おまけ

小冬っちの写真がテレビに1枚だけ出ます、ホントに一瞬だけど

11月11日金曜日 『Eテレ0655』

『犬の写真誠にありがとうの歌』

2011.10.26 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


悪魔夫
カテゴリ:

 P1000137.JPG パンダらしきモノ(夫作)

 

 

息子は私にベッタリのクセに、夫の事をとても可愛がる。

 

いや、本当に<可愛がる>という言葉がピッタリなのだ。

 


突然夫の首に手を回し、ブッチュ~っと目の覚めるような濃厚なチッスをお見舞いしたりする。

 

母である私にはしてくれないのに。

 

 


それだけでなく、頭をグリグリと撫でまわし頬ずりしたり顔をすりつけたりする。

 

まさに付き合いたてのバカップ、じゃなくて仲良しカップルのようなのだ。

 

 


きっとボキャブラリーがもっとあれば 「可愛いー、愛しいー」 と言うに違いない。

 

ああ、気持ち悪い。

 

 

 


そんな息子に可愛がられている夫。

 

この間とんでもない事を言い出した。

 

 

息子が生まれてからずっと<息子が世界一可愛い>と豪語していた夫。
常々私に 「普通だよ」 と言われていたのだけど。

 

 


1才の誕生日の写真を見返して。

 

 

「息子ってすごいハゲだったんだね」

 

『うん』

 

「なんかさ、すごいよね」

 

『うん、すごかったよ』

 

「なんかさ」

 

『うん?』

 

 

「身の毛よだつよね、気持ち悪いって言うか』

 

『うー・・・ん???』

 

 

 

 

 


えっ?

 

 

 

 


なんだって???

 

 

 

 

 


気持ち悪い???

 

 

 

 

 

 


言っちゃう?
ねぇそれ言っちゃうの?

 

 

 

と思いつつ冷静を保つ私。

 

 

 


「身の毛はよだちはしないけど、ハゲてたなって思う。今冷静に見ると昔ほど可愛くない。
今の息子は死ぬほど可愛いけど」 と返すと。

 

 

 


ブツブツ言いながら頷く夫。

 

 


『今はこんなに可愛いのにね』 とようやく親ばかフィルターが剥がれ落ちた様子で肩を落としている。

 

 

 


いやいやいや。
本当にハゲだったし、残念ながらアナタのDNAたっぷりだから。

 

 

アナタの母も 『すっごいハゲててアンタそっくりで』 って言ってたし。

 

 

 

 

でもね。

 

 


産んだ母親の前ではたとえ夫であろうと義母であろうと 『ハゲ』 だのなんだのは言っちゃいけない。

 

 

図星だとわかってても母たるものそういう事は言われたくないもので禁句なのだ。

 

 

 

 


かなりムッとした私。

 

 

なのに。

 

 

 

そんな母心も知らず、息子は今日もせっせと夫を可愛がるのだった。

 

 

 

1432010184668_A_20100620_113458_0018.JPG

うん、イヤ、良くわかるけどさ・・・自慢の息子だもんっ

 

 

 

2011.09.27 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


夫と私
カテゴリ:

P1120967.JPG 意外とオレが一番性格良いかも

 

 


 

息子が大きくなるにしたがって、以前も書いたけれど夫との考え方の異なりでぶつかる事が少なくなってきた。

 


一時期は「すわっ!離婚ナリか?」と何度思ったかわからない。

 


もともと私と夫は性格も考え方も正反対に近い。

 

 


なのになんで一緒になったんだろうとも思うけれど、おそらくだからこそお互いにないものが魅力的にうつってしまったのだろう。

 


まあ、この人と一緒になれたから息子も授かったのだろう。
感謝、である

 

 


 

この間風呂に入っていて、しみじみ考えてみた。

 


議題<私と夫との違い>

 

いや、本当にくだらないどうでも良い事だけど。

 

 

とりあえずはその日の議題だったのだ。

 

 

 


例えば。

 


私が何か散らかしたり、やりかけでほったらかしにするとしよう。
あんまりしないけど。
(夫はしょっちゅう散らかすのでこの時点からもう違うけれど)

 

 


夫は黙って片付けてくれて、しかもそれを後から言うわけでもなく聞かれると 「ああ、そういえばやっておいたよ」 と言う感じで、それを気にする事もない。

 

 

なので、こちらが聞かなければ夫もすぐに忘れその出来事は忘れ去られるのみである。

 

 

 


しかし。

 


小白の場合。

 

まず文句を言ってから片付ける。

 

まあ、片付けるから良しとしようとは思うものの、我ながら嫌なヤツである。

 

そして折に触れ、同じ状況になると変な記憶力の良さで持ち出しては相手を責める。

 

 

 


ああ。
書いていて悲しくなってきた。
ホントに。

 

 


もう。

 


救いようがない嫌な人である。

 


今度からは黙ってやろう。

 


息子が夫に似ますように。

 

 

 

 

 

けれど。

 

あった。

ありましたよ。

 

 

夫より私の方がちょっとアリかも、という所。

 

数少ないというかとっても貴重なので書き記しておこう。

 

 

 


夫は本当に腹の立つ事をされると、10年経っても忘れない。
忘れないどころかチャンスがあれば仕返しさえ考えている。

 

根深く復習を誓うまっこと敵に回したくないタイプだったりする。

 

 

 

私はと言えば。

 


その場はものすごく激怒し、罵詈雑言&相手を呪う事を考えまくる。

 

が、少し時間が経つと持ち前の頭の悪さで少しずつ風化させてしまう。

 

その上面倒くさがりなので 『まあいいや、めんどくさいし』 となる。

 

 

 

 

怒りのパワーが瞬間的にマックスになるので長持ちしないし、怒りにかなりのエネルギーを使うので日持ちしないらしい。

 


夫のように青白く淡々と燃えるけれど、実は高熱なのよの炎に比べ真っ赤に燃えさかるもののさほど熱くないと言った感じだろう。

 

 

 

うーん、どっちが良いだろう。

 

 

 


いや。


どっちも嫌だ。

 

 

 


って言う事は私って良い所ないのでは?

 

と思ったのでくれぐれも夫を敵にはまわさないようにしよう。

 

 

 


死ぬ間際に仕返しされたら困る。

 

 

P1130026.JPG

ヘイヘイ、仕返しされちゃうのよー

 

 

2011.06.24 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


ピリッとオエッと話
カテゴリ:

 P1120304.JPG アタシ達にもそうだったよー

 

 

長い事夫婦二人だけで生活していた私達。
犬猫は別として、息子が生まれるまで10年も二人きりだったのでお互い暗黙のルールと言うものがあった。

 

それが息子が生まれてお互い口に出して確認する事になり、最初は戸惑ったり諍いになったりもしたのだけど。

 

息子がここまで大きくなったのでそうそうトラブルは少なくなった。

 

お互い我慢もしている部分はあれど、まあそんなものだろう。

 

 

 


なのに。

 

新たに夫の意外な面を発見、あまりにもぶったまげたのでなかなか頭から離れない。

 

 

 

 

私はもともとあまり水分を飲まない方で、1日を通してもかなり量が少ない。
ゆえにペットボトル500mlを2、3日にも分けて飲んだりする。

 

そこで何時間まで室温においておいて良いのかが良くわからない。
まあ良い年した大人だし、そうそう腹も壊さぬだろうと思い自分のマイルールで冷蔵庫にしまいつつ飲んだりしていた。

 

 

けれど息子はそうはいかぬ。

 

息子も私と同じでなかなか水分を飲まない方で、100mlをあけるのに時間がかかる。
なのでついうっかり出しっぱなしになったりする。

 

相手は子供なので出しっぱなしのジュースを与えるのは気持ち悪い。
もったいないけれど、そういう時は捨てていた。

 

 

ある日の事、また案の定冷蔵庫に入れ忘れた私。
まだ半分ほど入っている。

 

あまりにも勿体無いので夫に相談した。

 

 


夫は一口ジュースを飲んで 『あ、大丈夫大丈夫』 ととびきりスマイルを投げかける。

 


「ありがとう、それにしても夫はすごいね。そんなのもわかるんだ、私なんてわからないよ」 と言うと。

 

 

 


『いやいや、テキトーだよ。ピリッとしてオエッとならなければ良いんだよ』

 

 

 

と言い放った。

 

 

 

ピリッと?

 

 

オエッと???

 

 


リピート、アフター、ミー。

 

 

 

 


ピリッと?

オエッと???

 

 

 


いや、そんなレベルになったら私だってわかるし。

 

そうなったらもうすでに飲み物じゃないし。

 

そう思ってツッコんでみたけれど。

 

 


『え?そう?』 と夫。

 

はい、しゅーりょー。

 


小白、負けー。
である。

 

 

 


ああ、息子よ。
こんな家庭環境というか、夫婦の元で健やかに育ってくれてありがとう。

 


きっと君も大きくなったら私に 『お母さん、ピリッとオエッとしないから大丈夫!食べられるよ』 と言うのだろう。

 

 

 

 

余談だけれど、その後息子の余ったジュースは夫が飲む事で解決したのだった。

 

めでたしめでたし。

 

 

P1120835.JPG

ピリっとしたらかなわんわー

2011.05.09 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


ranking
ブログランキングに参加中
ポチポチっと応援お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター

現在の閲覧者数:
ブログ内検索
登場人物

小白:これを書いている人物。慣れない子育てもはや2年。相変わらずの妄想癖で数々のピンチやら何やらを乗り越える。根っからの貧乏性&心配性。
【特技】妄想癖(得意分野は貧乏ごっこ、家族の心配)暴走し過ぎて夫に迷惑をかけるのが定番
【趣味】夫いぢめ
【宝物】家族


●夫:24時間365日家族の事を想い家族のために尽くすドM、じゃなくて心優しいパパ。現実主義者ゆえ冷たく見られがちだが海のような広さの心の持ち主。
【特技】息子のご機嫌取り
【趣味】息子の目を盗みわずかな時間いじるPC
【宝物】息子


●息子:この世に出てきてわずか2年足らずで小白家のみんなのハートをがっちり掴んで離さないニクイやつ。父譲りのクールで超マイペースな所に母の大雑把さと頑固さを併せ持つ幼児。
【特技】あやしいダンス
【趣味】色やら数やらをひたすら言う、もしくは人に言わせる。
【宝物】オモチャ、アイタッチ


●小冬(コフユ):小白家の警察&ムードメーカー&ルールブック。老いてますます血気盛んな所におおざっぱさが加わりますますオヤジ化するもラブリーさは変わらず小白が溺愛する娘。スピッツ9才。
【特技】取締り
【好き】チーズ、レバー、特定のオヤツ、ママちゃ



●白斗(ハクト):2年前よりインスリノーマを患う。どうすればパパたんを独り占めできるか日々研究中。大らかで優しい息子。テンション高く時々倒れるのがたまにキズ。スピッツ8才。
【特技】低血糖発作からの生還
【好き】パパたん、弟ちゃん、チーズ、オヤツ全般、散歩



●レオ:2011年10月26日永眠。享年12才



●ベガ:小白家猫組唯一の女の子。寄る年波に勝てずあちこちガタが来つつも頑張っている11才。小白にペット霊園の話を出された途端蘇ったフェニックスキャット。
【特技】1日1嘔吐
【好き】猫缶、口に入るもの全部



●タロ:老婆宅にセラピーキャットとして修行中



●ふじ:小白家猫組末っ子。もうすぐシニアなのにいつまでも仔猫扱いの6才。いつまでも冒険心とドキドキを忘れないピーターパンキャット。
【特技】チキンレース
【好き】白斗、弟ちゃん、シニア用猫缶



STOP!ノーリード
小白の書棚

アタゴオルは猫の森
アタゴオルは猫の森 1 (1) (MFコミックス)
ますむら ひろし 著


こむぎ日和
こむぎ日和 お散歩できないダメダメ編 (クイーンズコミックス)
芳成 香名子 著


綿の国星
綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)
大島 弓子 著


ハルとソラとのミニチュアな日々
ハルとソラとのミニチュアな日々
たかはし みき 著


Dr.ノムラの犬の悩み相談所
Dr.ノムラの犬の悩み相談所 (Inu to Issho ni Series)
野村 潤一郎 著


犬用救急箱の中身
●犬猫用の体温計
先端フレキシブルで安全設計
犬猫用フレキシブル体温計

●簡易血糖測定器
簡易血糖測定器
あし@

検索
QLOOKアクセス解析 出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。