スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


あした元気になあれ
カテゴリ:いぬ と ねこ

 pict-P1120451.jpg ハクちゃん大好き!

 


子供が大きくなるにつれ、少しずつ楽になって行くと思っていたけれど。
なぜか前にも増して慌しく毎日が過ぎていく。

 


自分の好きな番組を観るはおろか、本の1冊も読む暇なんてありゃしない。
せめてものPCさえ息子が昼寝してくれた日限定で10分~30分が限度(なので不義理している皆様本当に申し訳ありません)

 


この記事も数回に分けて書いていたりする。

 

そんな毎日だから疲れが慢性的に溜まってしまい、おまけに病気の犬と猫を抱えているもんだからどうしてもポジティブになれない時がある。

 

 

超ネガティブダーク小白に早変わりである。

 

そんなところに。
ここ最近ベガの体調がかなり悪い。
見た目にもだんだんと弱っており、嫌でも長くはない事を受け止めるしかない状況になっている。

 

誇り高く気高かったベガの面影は全くないのが悲しい。

 

 

P1120353.JPG

さすがのベガちゃんも年には勝てないの

 

 

 

見ていてもここまで苦しむのなら、と思い始めてきた。
毎日ひどい勢いで大量に嘔吐し、家中大変な事になる(カーテンのてっぺんまで噴き上げる)

 


寝ている息子を起こされ泣き喚く中の掃除は本当に大変で、毎度1時間程かかってしまうため体調が悪かった一時期心も少しおかしくなってしまい夫が帰ってきてくれたりした。

 

今日は吐きませんように、と毎日お祈り三昧なのだ。

 


病院に行っても気にするほどではない、と言われているのでおそらく老化なのだろう。

 

生まれつき体の弱いコだからかもしれない。
もうあれこれ考えるのは疲れてしまった。

 

ベガについては少しずつ受容でき始めてはいるけれど。

 

 

 

悪い事は重なるもので。

 

 

白斗も血糖がなかなかあがってくれない。
こまめに気を配ってブドウ糖を飲ませているのに。
おかげで眉間にシワが出来てしまった。

 

 

ああ。
こんな顔してたら幸せが逃げて行く。
わかっているのに、超ポジティブブライト小白はなかなか戻ってこない。

 

ステロイドが劇的に効いていたのも最初だけで、最近では逆に血糖が下がったりするようになった。

 

なので下がっていてもステロイドを行ったからといって安心は全然出来ない。
むしろ命取りになりかねない時もあるのだ。

 

なのにいきなり120位にまで跳ね上がる事もある。
だから具合が悪そうでも必ず血糖測定をしなければ、簡単にブドウ糖は飲ませられない。

 


いつも具合が悪そうな白斗は、いつもいつも痛い思いをしなければならないのだ。

 

 

先週あたりから白斗の散歩が少し変わった。
なにが、というとうまく説明できないけれどリードの余し具合とか歩き方とかを見ていて、今までとは違う事に気がついた。

 

何度も散歩中に励ます事も増えた。

 


おとついははじめて散歩中に発作を起こしそうになった。

 


血糖が70を切りそうになるとなぜか雰囲気でわかるようになったのがせめてもの救いだとは思う。

 

 


帰ってから色々考えると涙が止まらなかった。

 

神様は 「もうそろそろ覚悟をしておきなさい」 と言ってるのだろうか。

 

来年の今頃、白斗はちゃんと私の横にいるのだろうか。

 

もしいないのだったら、いつ私はその試練に直面して乗り越えるのだろう。

 

笑顔になれる日は来るのだろうか。

 


そんなふうにボンヤリと考えながら白斗を撫でていたら急に愛しさがこみ上げてきた。

 

この血糖測定で内出血してボコボコの耳の内側のあったかいピンクも。

 

ちょっとウェーブのかかった毛も。

 

大きな体に顔をうずめた時の感触も。

 

アイスのコーンに似た肉球の匂いも。

 

雪だるまみたいな形のイボも。

 

白斗の持つ全部全部が。

 

 


吐きそうになる程愛おしくて、どんどん泣けてきた。

 

 

 


この全てが私の傍から無くなるなんて嫌だ。
夢から覚めてもどこを探してもいないなんて想像できない。

 


弱った心がどんどん押し出されてたくさん涙が出た。

 


テレビを観ているふりして泣いた。

 

 

そして。
白斗に 「ぽっくんは去年の12月に死ぬかもしれなかったんだよ、でもね、それを逃したから当分チャンスはないよ。最低あと1年・・・いや、3年は生きなくちゃならないよ」 と言った。

 

 

 

神様。

 

 

どうか。

 

どうかあと1年。

 


白斗との時間をください。

 

後悔のないように本当に大事に使います。

 

 

 

 

 


文字にしたら少しだけ元気になってきた。

 

そうだ。

 

いつもこんなふうに<白斗の調子が良くない>なんて書いた翌日には血糖が90とかになってるからおそらく明日には元気になっているだろう。

 

ベガだって、ガリガリになりながらも10年くらいは生きるかもしれない。

 

 


明日はみんなわからないから。

 

希望だけを明日に持ち越して、少しずつ超ポジティブブライト小白に戻っていこう。

 

こんな日があるから平凡な毎日が有難いのだ。

 

P1120458.JPG

その優しい目でずっと弟ちゃんを見てあげてね

 

 

スポンサーサイト
2011.01.29 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


ユルユルで行こう
カテゴリ:いぬ と ねこ

P1080980.JPG  あのね、痛かったの

 

小冬の肉球のひび割れが悪化して、足をひいている。
見るからに痛々しく可哀想になる程。

 

調べてみるとケアしてもなかなか治らない場合は、水虫の可能性もあるので受診した方が良いと書いてあった。

 

それを言うと、夫はこまめにケアしてくれてようやく治ってきたらしい。

 

良かった、水虫じゃなくて。

 

年を重ねるにつれて本当に色々な事が出てくる。

 

前々から小冬の体重が増えた事を書いていたけれど、一向に減る様子がない。
あまりご飯を食べないけれど、散歩が嫌いなので減らないのだ。

 


けれど。

 

健康管理は大事だけれど、最近思うのがあまり目くじらを立てて痩せさせようとか、コレを食べさせたらダメ、などとしたくないなぁと思うようになった。

 

ちょこっとヨーグルトをおすそ分けしたり、アイスを鼻先につけてやったりするくらいは良いのかな?と思うようになった。

 

逸脱さえしなければ、ほんの少しくらいなら。

 

 


白斗の病気がきっかけだろう。

 


白斗の命の危険を感じた時に 「あれ食べさせてやれば良かった」 「もっと欲しがってたのに何であげなかったんだろう」 と強く強く思ったのだ。

 

だから。

 

ウチの場合はこの先、もうちょっとユルユルにしていく事になるだろう。

 

 

ただ、この間も書いたとおり母乳を欲しがる犬達。
特に小冬なんて愛情を試すようにおねだりするのだ。

 

子供を成長させる液体なのだ、肥満街道まっしぐらだろう。
あまり厳しくダメと言えなくて情にほだされそうになるので、早く息子に卒乳して欲しいなぁと思う。

 

母としてそれはそれで寂しいのだけど。

 

 

いや、卒乳がすんだら今度は息子と犬達のオヤツの取り合いが待っているのだろう。

 

逸脱せずユルユルしながらの健康管理。

 

 

難しいけど頑張ろう。
お互い後悔しないように。

 

 

P1090028.JPG

このオモチャはこうやって遊ぶんだよ、ぽっくん上手でしょ?

 

 

 

      ポチして頂けると嬉しいです
 ありがとです
  小冬っちって言って。
 感謝です
  僕も可愛いよ。

      ありがとうございました(^.^)  

2010.03.26 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


病める時も健やかなる時も
カテゴリ:いぬ と ねこ

P1070737.JPG 健康でいてくれますように

 

白斗の事でついつい後回しになっていたベガ。

 

合間をぬって受診し、結果も出た。

 

結果は甲状腺機能低下。
薬を使用するかしないかのグレーゾーン。
やはり老化が原因らしい。

 


症状としてはものすごく大量に吐き、ガリガリに痩せてきていた。
なのにものすごく食い意地が張って、小冬や白斗の口からも奪って食べるほど。
一度は夫の魚を目の前で盗み叱られていた。
しょっちゅう三角コーナーを漁り、洗剤がついていたってお構いなしで食べようとする。
絶対にそんな事をしないコだったのに。

 

吐く時なんて、怖ろしい吐き方で尋常じゃない量を吐く。
本当に噴水のように。
おそらくペットボトル1本分はあるだろう。

 

毎日掃除するのに雑巾を4、5枚使い小一時間かけて掃除する。
息子を抱えながらは本当に大変だ。

 

 

昔勤めていた時に、病名は伏せるけれど本当に噴水のように吐く病気を見た事がある。
寝ながら吐いてしまうのだけど、天井に届くのだ。
一度に水を7リットルくらい飲んでしまう。

 

最後にはすごく苦しがって亡くなってしまったのだけど、その時の事を思い出し受診を決めた。

 

私の想像では甲状腺機能亢進の方だったのだけど。
機能が低下してたらしい。

 

 


夫と話し合い、薬を使うのはまだ見合わせる事にした。
白斗の前回のステロイド投与の時の副作用や、つらそうにしていたのを見ると老化でなっているベガには極力使いたくない。

もう少しだけ様子を見よう。

 

 

そんな事を言っていたらベガがピタリと吐かなくなった。
どうやら病院に行って治った気になったのか、もう連れて行かれるのが嫌なのか。

 

昔から病院に行く意味を理解してはいるコだからかもしれない。
あまりにつらくなると自分からキャリーケースに入るコだもの。

 


それにしても、ペットを飼うにはお金がかかる。
あまりこういう事を書きたくはないけど、キレイ事や可愛いという気持ちだけでは飼えないと思う。

 

我が家でも6頭中病院のお世話になった事がないのはタロ一頭。
去勢手術の時のみ。

 

でも、他のコ達はなんらかで病院にかかっているし、白斗なんて常連だ。

 

夫任せにしているから知らなかったけれど、ものすごい金額がかかっているのを聞いてびっくりした。

 


世の中には病気になったとか、飽きたとかでペットを途中で捨てる人もいると言う。


想像してみたけれど、あの具合の悪そうな白斗を途中で見捨てると言う事かと思うと身の毛がよだった。

 

 

病気になってもお金がなくて受診出来ないと言うのはわかる部分もある。
私の小さい頃がそうだったから。

 

けれど。

大人になり、それではいけないのだと知った。

 

自分から望んで家族になってもらった以上、病める時も健やかなる時も、だ。

 

結婚と一緒だもの。

どんな時でもベストを尽くせる環境を作ってあげるのが愛情だと思う。

 

 


だから。
息子が大きくなって犬猫と暮らしたいと言い出したら、しっかりとお金を貯めさせてからか毎月犬猫積み立てをさせようと思う。

 

可愛がるだけが愛情ではないのだと。

 

DSC_6261.JPG

小冬姉ちゃん、ずっと一緒にいてね

 

 

      ポチして頂けると嬉しいです
 ありがとです
  小冬っちって言って。
 感謝です
  僕も可愛いよ。

      ありがとうございました(^.^)  

2010.03.08 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


足元注意
カテゴリ:いぬ と ねこ

 P1070863.JPG キレ悪いのダレ?

 



数日前、居間にチョコが落ちていた。
キ○チョコのようなチョコ。

 

授乳中の私は食べ物の制限の中にチョコも入っているので、犯人は夫しかいない。
おそらく私に気遣ってこっそり食べた時に落としたのだろう、と思って拾おうとしたら。

 

プニッと柔らかい感触がした。

 

あら柔らかい、生チョコかしら?と思うと同時に、んなわけあるかいと突っ込む自分。

 

 

押し潰したと同時にほのかな異臭が漂った。

 

 


やっちまった。
生手でウンチョス潰しちゃったよ。

 

落ちている物を拾って食べる習慣がなくてホントに良かった。
いやいや、授乳中じゃなかったらあやしかったもの、息子に大感謝ナリ。

 

 

それにしても紛らわしい。

 

自分の意地汚さを棚にあげ、犯人探しをする私。
犬猫の尻を丹念にチェックする。

 

けれど。
どのコもキレイでまったくわからない。
敵もさるもの、証拠隠滅をしたらしい。

 

いや、落としたからキレイになったという話もあるけど。

 

でも、ここで引き下がるわけにはいかない。
実を言うと何度も騙されているのだ。
犯人を突き止めなくては。

 

 

そう思い大きな声で 『ちょっとー、誰さー、ウンチョス落としたの、トイレでちゃんとキレ確認してこいよー』 と言うと。

 

我が家で唯一空気を読める猫のふじっこが、耳を倒してオドオドビクビクしながらタロの方を見ているではないか。

 

犯人はタロだったらしい。

 

 

けれど現場を掴んでいないし、今注意した所で何の事かわかりゃしないだろう。

仕方ないので怒りを抑え、ウンチョスをトイレに流し手を洗いに行ったら。

 

 

今度は白斗(これは間違いない)のトロミ成分たっぷりのヨダレを生足で踏んでしまった。
ダイレクトにヌメヌメ感を満喫する私。

 

 


確かに音を立てないためとは言え、裸足で歩いている私も悪いけど。
さっきあげたオヤツを思い出してヨダレを垂らすのはやめて欲しい。

 

 

 

大家族の我が家。
しょっちゅう床に色々な物が落ちているけれど、金目の物が落ちていた事は一度もないのがちょっぴり悲しい。

 

 

もうすぐ息子も高速ハイハイをするだろうし、ふじっこが何でも拾って食べちゃうクセがあるのを発見したので、これからは床に頬ずり出来るくらいキレイにしてやろう。

 

 

ニセチョコに負けないぞ。 

 

P1080106.JPG

だってぽっくん思い出しちゃったんだもん

 

 

    ポチして頂けると嬉しいです
 ありがとです
  小冬っちって言って。
 感謝です
  僕も可愛いよ。

      ありがとうございました(^.^)  

 

2010.02.09 / コメント:: 15 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


私の助け手
カテゴリ:いぬ と ねこ

 P1070223.JPG 一緒にいるから寂しくないよ  

 

我が家の子育ては夫と私の二人で行っている。

 


臨月の時からそうだったけど、床上げも全て二人でやってきた。
だから、もちろん今も実家に行ったりもしていないし来てもらう事もない。

 

ごくたまに、父がフラリとやってきて息子を愛でてフラリと帰っていく程度。

 

私の性格から言えばこれがすごく気楽なのだけど、やっぱり気になる部分がある。

 

 

日中は一人で見ているから、子供に対して申し訳ないという気持ちがあった。
ご飯支度や家事をしている時に寂しい想いをさせてしまうし、社会性が身につかなかったらどうしようと不安になったり。

 

大家族ならばいつでも目が行き届いているだろうし、寂しくなる暇もないだろう。

 


それだけでなく、ケガをさせたら困ると思うと神経が張り詰めている状態で、夫が帰ってくる頃になるとヘトヘトになってしまう。

 

この間からの白斗の事や色々な事が重なると、つい弱気になって日中一人で見るのは限界かも、と思う事もある。

 

それでも。

 

やっぱりこの形は自分に合っていると思うし、変えたくないと常々思っていた。


誰かに手伝ってもらうにしても、一人で見るにしてもどちらが良いとか悪いとかではないしそれぞれメリットデメリットはあるのだし。

 

私がダメになりそうなときは夫もしっかり見ていてくれて、仕事を早く切り上げてくれたりするし。

 

 


そう思いつつ、日々子育てしていたのだけど。

 

ついこの間。

 


息子がグズグズとずっとぐずっていて、なかなか家事がはかどらなかった。
抱っこしてもおんぶをしてもなかなか機嫌が治らない。
そのくせ後追いがひどくて離れようとすると泣き出す。

 

床に布団を敷いて寝転がしながら、声をかけつつ洗濯。
そしてご飯支度はにんじんを1本きる毎に息子のところへ行って頭を撫でていた。

 

すると。

 

見かねた小冬が息子に寄り添い始めた。
「仕方ないな、ほら泣かないの」と言った感じで。

 

その隙にご飯支度を大急ぎで済ませる私。

 

すると小冬がベガと遊び始め、それを見て息子がケタケタと笑っている。

 

 

そっか。
私は一人で子育てをしてるんじゃなかった。

 

この小さな家族達が手伝ってくれてるんだった。

 


そう思うとずっと心の隅にひっかかっていた負い目がスッと消えてくれた。

 


しばらく前だけれど、元の職場に子供を見せに行った時に 「まだ犬猫始末してないの」 と聞かれた。
前には 「毛とかでひどい病気になるよ」 と言われたりもした。

 

 


なんといわれても良い。
この子達がいるから私は今子育てを頑張る事が出来ているのだ。


胸を張って言える。
このコ達がいなくて、息子と二人きりならば寂しくて孤独でまいっていただろう。

 


犬猫がいる事でしなくて良い苦労をしている部分はもちろんある。

特に猫は息子を起こすのを楽しんでいるためしょっちゅう起こしてしまい、息子は眠れない日が続いて眼の下にクマを作っていたし。

 

けれど、それ以上に必要としている方が圧倒的に多いのだ。

 

大事な大事な私の助け手なのだ。

 


社会性も大事だけど、動物を大事に出来るかだって人として大切な事だもの。

 


夫も言っていたけど、色々な動物と暮らしていると免疫がつくって言っていた。

 


今このやり方が私のベストなのだ。
そう思ったらすごく気が楽になった。

 


隣の芝生は青く見えるから、自分をしっかり持って自信を持って子育てして行こう。
大事な家族と共に。

 


それが何よりも子育てには必要な事なのだろう。

 

P1080381.JPG

ちょっと目を離すとこんな事やってる二人

 

P1080380.JPG

ハクちゃんだいしゅきー

 


P1070269.JPG

猫ギョウザだって役にたつんです

 

 

今日のブログ、あなたの判定はどっち?
 もちろん小冬っちでしょ?
  小冬っちって言って。
 僕だよね
  僕も可愛いよ。

             ありがとうございました(^.^)  

 

2010.01.27 / コメント:: 12 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


ranking
ブログランキングに参加中
ポチポチっと応援お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター

現在の閲覧者数:
ブログ内検索
登場人物

小白:これを書いている人物。慣れない子育てもはや2年。相変わらずの妄想癖で数々のピンチやら何やらを乗り越える。根っからの貧乏性&心配性。
【特技】妄想癖(得意分野は貧乏ごっこ、家族の心配)暴走し過ぎて夫に迷惑をかけるのが定番
【趣味】夫いぢめ
【宝物】家族


●夫:24時間365日家族の事を想い家族のために尽くすドM、じゃなくて心優しいパパ。現実主義者ゆえ冷たく見られがちだが海のような広さの心の持ち主。
【特技】息子のご機嫌取り
【趣味】息子の目を盗みわずかな時間いじるPC
【宝物】息子


●息子:この世に出てきてわずか2年足らずで小白家のみんなのハートをがっちり掴んで離さないニクイやつ。父譲りのクールで超マイペースな所に母の大雑把さと頑固さを併せ持つ幼児。
【特技】あやしいダンス
【趣味】色やら数やらをひたすら言う、もしくは人に言わせる。
【宝物】オモチャ、アイタッチ


●小冬(コフユ):小白家の警察&ムードメーカー&ルールブック。老いてますます血気盛んな所におおざっぱさが加わりますますオヤジ化するもラブリーさは変わらず小白が溺愛する娘。スピッツ9才。
【特技】取締り
【好き】チーズ、レバー、特定のオヤツ、ママちゃ



●白斗(ハクト):2年前よりインスリノーマを患う。どうすればパパたんを独り占めできるか日々研究中。大らかで優しい息子。テンション高く時々倒れるのがたまにキズ。スピッツ8才。
【特技】低血糖発作からの生還
【好き】パパたん、弟ちゃん、チーズ、オヤツ全般、散歩



●レオ:2011年10月26日永眠。享年12才



●ベガ:小白家猫組唯一の女の子。寄る年波に勝てずあちこちガタが来つつも頑張っている11才。小白にペット霊園の話を出された途端蘇ったフェニックスキャット。
【特技】1日1嘔吐
【好き】猫缶、口に入るもの全部



●タロ:老婆宅にセラピーキャットとして修行中



●ふじ:小白家猫組末っ子。もうすぐシニアなのにいつまでも仔猫扱いの6才。いつまでも冒険心とドキドキを忘れないピーターパンキャット。
【特技】チキンレース
【好き】白斗、弟ちゃん、シニア用猫缶



STOP!ノーリード
小白の書棚

アタゴオルは猫の森
アタゴオルは猫の森 1 (1) (MFコミックス)
ますむら ひろし 著


こむぎ日和
こむぎ日和 お散歩できないダメダメ編 (クイーンズコミックス)
芳成 香名子 著


綿の国星
綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)
大島 弓子 著


ハルとソラとのミニチュアな日々
ハルとソラとのミニチュアな日々
たかはし みき 著


Dr.ノムラの犬の悩み相談所
Dr.ノムラの犬の悩み相談所 (Inu to Issho ni Series)
野村 潤一郎 著


犬用救急箱の中身
●犬猫用の体温計
先端フレキシブルで安全設計
犬猫用フレキシブル体温計

●簡易血糖測定器
簡易血糖測定器
あし@

検索
QLOOKアクセス解析 出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。