スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


充電のため
カテゴリ:その他

P1120026.JPG  ひと休みひと休み♪

 

不規則な更新にも関わらず遊びに来て頂いていた皆様、本当にありがとうございました。

いつも温かい言葉で支えてくださっていた皆様、心から感謝しています。   

 


心身ともにエネルギー充電のためしばらくブログをお休みします。
また腹を抱えて笑って記事を書いたり、楽しかった事を「聞いて聞いて」と書くために。


エネルギー充電満タンチャージしましたら、リニューアルして帰ってまいります。

 


皆様にニコニコ笑顔になる幸せがたくさん待っていますように。


小白

 

 

P1120351.JPG

またぽっくんの元気な笑顔を見てね

スポンサーサイト
2011.02.15 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


えこひいき夜露四苦
カテゴリ:いぬ

P1110952.JPG 意地悪じーちゃんキライだもん


小冬が好きで好きでたまらない私。
実際子供を産んでもその愛しさは全くもって変わらず、息子がヤキモチを焼くほど。

 

夫が何かの理由でパチンと軽く叩いたり、足で押しただけでも大喧嘩になる程私のピュアハートの大部分を占めているのが彼女なのだ。

 

そんな小冬が誤解されているのがとても悲しい。

 

 


白斗はあの大らかさと優しさゆえ、我が家の猫にも息子にも好かれているし、ブログを読んで下さっている方の中でも人気があったりする。

 

時々贈り物までして頂く事もある。

 

かたや小冬と言えば。
なぜかあまり良い印象を持ってもらえず、小冬の悪口選手権が開催されるのもしょっちゅうなのだ。

 

もっぱら第一位は夫なのだけど、まあ夫は面倒を見てくれてるから我慢するとしよう。

 

でも納得行かないのが、小白の父までもが悪口選手権第一位の座を狙ってたりするのである。

 

 


九月の敬老の日に夫と私のジジババやら親戚やらにフォトビジョンをプレゼントし、息子の成長を見てもらっているのだけど。

 

その写真を見て。

 


『あのデカイ方(白斗)はいつ見ても優しい目をしてるよな。史悠(息子の名)を見るのも優しいしいつも傍にいて守ってるよな』 と言った父。

 

 

そのすぐ後。

 


『小冬の方(なぜか名指し)はありゃ意地悪い目をしてるもんな。狙ってやろうって感じがする』 と言う。

 

 


そりゃ小冬は息子にはけして寛容でもないし、一度は甘咬みとは言え咬んだ事もある。

 

それを言うと 『そうだろ?咬むと思ったんだ』 と鼻を膨らませるではないか。

 

 


いや待て父よ。

 

アナタに送った写真に小冬は写ってませんけど???

 

ただ単にアナタの先入観やら好みなのでは?

 

 


と思ったけど黙っていた。

 


大人だもの。

 

 


なんでかな?
こんなにも可愛くて性格も頭も良いんだけどな。

 


ああ、だからなのか。
文句の付け所がないからだろう。

 

 

 


ひがみ、ってヤツね♪

 

 


と納得したら。

 


小白のそういうえこひいきな所が原因じゃない?と夫。

 

 

 

 

ぬぁあにぉおおぅう???

 

 

 


知ったような事言っちゃってさ。

 

アホ夫め。

 

 

 

でも、確かに。

相性ってあるのだ。

 

私なんて3人兄妹がいて、一番母と相性が悪かったし。
子供でもそうなのだ。

 

 

それに白斗なんてみんなに愛されるのだ。

 

私くらい小冬をえこひいきしてやらなければどうするのだ。

 


と思ったけど、それを言ってしまったら小冬が性格が悪いのを認めたみたいなので言わなかった。

 

 

確かにワガママだし、頑固なところはあるけどさ。
ちょっと意地悪なところもあるけど。

 

 

でも。

 

小冬ってホントはイイ奴なのだ。

 


白斗の発作の時にいち早く知らせるのも、一番心配するのも、傍を離れないのも小冬なのだ。

 

白斗だけじゃなく。

 

家族の誰かが具合を悪くすると心配して傍から絶対に離れようとしない。

 

私は小冬のこういう所が好きなのだと思う。

 

 

残念だけど白斗にはないのだもの。

 

 


開き直るけれど。
えこひいき、上等ナリ。

 

 

P1110892.JPG

ママちゃ大好きよ

 

2011.02.15 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


息子のいる生活
カテゴリ:息子

P1120308.JPG  ママー、レオ兄ちゃんがー

 


最近ブログを書こうにも、年老いた犬猫のネタとなるとなかなか楽しんで書けなくなっていた私。

 


前回も少し書いたけれど、ベガがかなり不調になり炭酸を100回降って開けた様な音で吐いたり(思わずお前はマーライオンかっ?と思った )

バナナの皮まであさって食べたり。

 

白斗が血糖が上がり過ぎてる所にブドウ糖を飲ませそうになって、とどめをさしそうになったり(嫌な予感がして気がついた)

心から笑う事が少なくなり、ブログに書きたいと思う事もだんだん減ってきていた。

 

 

けれど。

神様はちゃんとそれを補うものを用意してくれているのだな、と思う。

 

 


子を産んで良かったなぁ、と最近良く思うのだ。

 

こんなに悶々としたり凹んだりする状況の中で、若い彼にはついつい笑顔にさせられる。

 

犬猫達も一緒に遊んだりしながら 『まだまだ頑張るぞー』 とエネルギーをもらってるような気もするし。

 

ウカウカしてると結構痛い目にも合わされるから刺激にもなっているようだし。

 

 


そんな息子。

 

昨日、玄関前で何やら雨乞いか何かの儀式の如くグルグル廻っている。

 

時々小さく 『オオッ』 とか 『アウッ』 などと雄叫びまであげて。

 

楽しそうだなぁと思いつつ横目で見ていたのだけど。

 

 

一向に居間に戻ってくる様子もない。
玄関前はかなり底冷えするので、心配になった私。

 

「ねー、風邪治ったばかりだから引きなおしたら困るよ、入っておいでよ」

 

と声をかけるとニヤニヤしながら入って来た。

 

 

が。

 

 

すぐに戻って行く。

 

「何がそんなに面白いの?ママも仲間に入れて」 と行くと。

 

息子、猫ゲロの周りをグルグルとひたすら廻っているではないか。

 

 

 

わお。

 

 

 

戸惑う母を見て何を勘違いしたのか気を良くした息子。

 

ママも一緒にやろうと誘ってくる。

 

 

いやいやいや。

 

仲間に入れてって言ったけど。

 

息子の事は好きだけど。

 

そんな仲間には入りたくない。

 

 


きっぱりかつ丁重にお断りし、素早く掃除すると傷ついた顔をしている息子。

 

「ああ、息子を傷つけたかも・・・。大事な息子を傷つけるくらいなら、私は、私は…」

 

なんて思う事もなく 「汚いから仕方ないじゃん」 と言いながら掃除する私。

 

 


大泣きする息子に面倒になり 「なら君が掃除したら良いじゃん、出来るようになったら雨乞いでも何でもするが良いよ」 と捨て台詞を吐いておいた。

 


と、余程悔しかったらしい。

 

息子なりに頭を使ったのだろう。
今度は私に見つからないようにコソコソ何かやっており、気がつくと左手をグーにしたまま開かない。

 

時々広げては、それはそれは大事そうに愛しそうに眺めている。

 


傍に寄ると逃げるのでしばらく泳がせる事に。

 

 

と。

 

愛しさもこみ上げたのだろう、口に持って行こうとし始めた。

 


「うわぁ、良いなぁ。ママに頂戴」 と声をかけるとまだ子供ゆえ素直で断れない息子は、ギャン泣きしながらそれを手渡してくれた。

 

 

 


犬カリカリ。

 

 

そう、まごうことなき犬のご飯である。

 

 


ああ、コレが君の宝物なのね。

 

ギャン泣きさせてまで出させたものがコレか。

 

この後のフォロー、めんどくせっ。

 


そう思いつつ息子を慰める。

 

 

 

ようやく泣き止んで静かになったのでトイレに行っていたら。

 


今度はレオと本気でケンカしている息子。

 

 


うん。

これだもの。

 

 


時々子育ての大変さにくじけて、夫やら息子やら犬猫やらを壁にペチャっと投げつけたくなる事もあるけれど(某マンガ家さんも同じ事を言っていた)
ママごとセットのように箱に入れてしまっちゃいたくなったりもするけれど。

 

 


やっぱり。

 

シオシオになったりおセンチになったりする暇を与えてくれない息子がいて良かったと思うのだ。

 

 

P1120394.JPG

年とってる暇もないわ、オレ達

 

 

P1120364.JPG

「ここはボクの基地だぞ!」 『だって一緒に遊びたいんだよ』

 

 

P1120471.JPG

じゃあ、てきが来たらおしえろよ

 

 

2011.02.07 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


ranking
ブログランキングに参加中
ポチポチっと応援お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
カウンター

現在の閲覧者数:
ブログ内検索
登場人物

小白:これを書いている人物。慣れない子育てもはや2年。相変わらずの妄想癖で数々のピンチやら何やらを乗り越える。根っからの貧乏性&心配性。
【特技】妄想癖(得意分野は貧乏ごっこ、家族の心配)暴走し過ぎて夫に迷惑をかけるのが定番
【趣味】夫いぢめ
【宝物】家族


●夫:24時間365日家族の事を想い家族のために尽くすドM、じゃなくて心優しいパパ。現実主義者ゆえ冷たく見られがちだが海のような広さの心の持ち主。
【特技】息子のご機嫌取り
【趣味】息子の目を盗みわずかな時間いじるPC
【宝物】息子


●息子:この世に出てきてわずか2年足らずで小白家のみんなのハートをがっちり掴んで離さないニクイやつ。父譲りのクールで超マイペースな所に母の大雑把さと頑固さを併せ持つ幼児。
【特技】あやしいダンス
【趣味】色やら数やらをひたすら言う、もしくは人に言わせる。
【宝物】オモチャ、アイタッチ


●小冬(コフユ):小白家の警察&ムードメーカー&ルールブック。老いてますます血気盛んな所におおざっぱさが加わりますますオヤジ化するもラブリーさは変わらず小白が溺愛する娘。スピッツ9才。
【特技】取締り
【好き】チーズ、レバー、特定のオヤツ、ママちゃ



●白斗(ハクト):2年前よりインスリノーマを患う。どうすればパパたんを独り占めできるか日々研究中。大らかで優しい息子。テンション高く時々倒れるのがたまにキズ。スピッツ8才。
【特技】低血糖発作からの生還
【好き】パパたん、弟ちゃん、チーズ、オヤツ全般、散歩



●レオ:2011年10月26日永眠。享年12才



●ベガ:小白家猫組唯一の女の子。寄る年波に勝てずあちこちガタが来つつも頑張っている11才。小白にペット霊園の話を出された途端蘇ったフェニックスキャット。
【特技】1日1嘔吐
【好き】猫缶、口に入るもの全部



●タロ:老婆宅にセラピーキャットとして修行中



●ふじ:小白家猫組末っ子。もうすぐシニアなのにいつまでも仔猫扱いの6才。いつまでも冒険心とドキドキを忘れないピーターパンキャット。
【特技】チキンレース
【好き】白斗、弟ちゃん、シニア用猫缶



STOP!ノーリード
小白の書棚

アタゴオルは猫の森
アタゴオルは猫の森 1 (1) (MFコミックス)
ますむら ひろし 著


こむぎ日和
こむぎ日和 お散歩できないダメダメ編 (クイーンズコミックス)
芳成 香名子 著


綿の国星
綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)
大島 弓子 著


ハルとソラとのミニチュアな日々
ハルとソラとのミニチュアな日々
たかはし みき 著


Dr.ノムラの犬の悩み相談所
Dr.ノムラの犬の悩み相談所 (Inu to Issho ni Series)
野村 潤一郎 著


犬用救急箱の中身
●犬猫用の体温計
先端フレキシブルで安全設計
犬猫用フレキシブル体温計

●簡易血糖測定器
簡易血糖測定器
あし@

検索
QLOOKアクセス解析 出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。