スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


旅行 前編
カテゴリ:家族

DSC_0081.JPG

DSC_0105.JPG

16日、17日と夫が有給をとって旅行に連れて行ってくれた。
行き先はトマムのガレリアスイートホテル。

滅多に旅行しない我が家にとって、盆とクリスマスと正月がいっぺんに来たようなものである。

17日が私の誕生日なので、夫は少ない小遣いを貯めてやりくりしてくれたらしい。

犬達は一緒、猫達はお留守番である。
1泊なら猫達も許してくれるだろう。
猫達のストレスを考えると、ふじなんて車に乗るだけでショック死してしまうかもしれない。

 


トマムまで車で約3時間半。
車酔いし易い犬達を車中寝かせるため、まずは海でひとっ走り。
イイ感じに仕上がった所で出発となった。

DSC_0011.JPG

DSC_0032.JPG

 


それが功を奏したのか、今回は酔い止めを飲まさなくともこまめな休憩だけで到着する事が出来た。
犬達の成長を喜ぶ。

P1020101.JPG

P1020098.JPG

 

14時過ぎに到着。

P1020116.JPG

P1020123’.JPG

さっそく自分達の家のようにくつろぐ犬達。

ここに来て、一番の目的は山の麓の散策路をたっぷり散歩する事。
去年の6月に来た時は、ダニがウジャウジャいて、散歩を終えた後犬達が大変な事になっていた。
その数100匹以上。
しかも1匹につき、1cm超え。

空き缶に水を入れ、サル山のサルの如く背中を丸め、取っては沈め取っては沈めを繰り返した。
何しに来たんだろう、私達・・・と思いながら。

けれど、今回は10月なのでダニはいないだろう。
フフフ、勝ったな。

のんびりと紅葉を楽しめるだろう、と考えてふと気がついた。

 

そうだ。
この時期はアイツの季節だ。

なぜ忘れていたんだろう。
うっかり屋にも程がある。

自分の誕生月を恨む私。

そう、アイツとは私が生き物の中で一番恐れているクマである。
小さい頃から、怖さのあまり良く夢にも出て来ていたし、今だに出てくる程だ。

トマムはクマが多い。
それに加えて山の中を切り込んでいくのだ。
ハイリスクどころじゃない。

 

一瞬ためらう私。
夫は散歩に行くと言ってきかないし、犬達は大喜びしている。
何よりも計画してくれた夫に申し訳ない。

もう後にはひけないではないか。

でも・・・どうして夫はクマに会いたがるんだろう。

もう思考がすでに正常ではないけど自分で気がついていない私。
それほど、キャパ越えしちゃったのだ。

どう考えても断り辛いので、ちょっと大人になって妥協する。
「フロントにクマの出現状況を確認してください」と夫にお願いしてみた。

 


<山の奥の方で目撃情報があったが最近はない>との事だった。
いやいや、私達が最近の目撃者になるかもしれないではないか。

そして。

フロントはご丁寧に、クマ除けの鈴付きの杖を2本貸し出してくれた。


いるんじゃーーーーーーーーーーーーーーん!!

一大決心して散歩に望む。
私はデジカメ、犬の散歩グッズ(水、ウンチョス袋、小銭など)杖を装備した。
武器を持って行くと言ったら、夫に止められた。

ちなみに武器とは虫除けスプレー。
襲ってきたら、これでシューッと目潰しだ!と思っていたが、あとで泣くなよ夫。


そんな夫は杖を置いていった。

なら借りるなよ。
戦闘力が2分の1になった私達。

パーティー4人中3人が戦闘力0である。
ムダに好奇心とか、そういう能力はMAXなのにね・・・。

のんびり先行く夫と犬達。
の後ろでキョドっている私。

棒についている鈴を打ち鳴らし、周りをキョロキョロ見渡しほとんど進む事が出来ない。手にはマメまで出来ている。
鈴の鳴らしすぎで。

残念ながら、ここからはほとんど写真を撮る事が出来なかった (夫が撮ってくれた)
戦う事でいっぱいいっぱいだったのだ。

だって、ヒグマ注意の看板があちこちにあるのだもの。
ずっとイメージトレーニングをする私。
こう来たら、こう棒を振りかざす。

DSC_0087.JPG

P1020134.JPG

DSC_0076.JPG

DSC_0074.JPG

そんな私を心配して何度も振り返る白斗。

結局この散歩でわかったのは、夫は何も考えていないという事、小冬は自分の事しか考えていないという事、白斗は意外と私を心配しているという事だった。

 

P1020140.JPG

DSC_0098.JPG

DSC_0115.JPG

P1020151.JPG

P1020158.JPG

P1020142.JPG

DSC_0131.JPG

こうして2時間の散歩がようやく終わった。

すっかり燃え尽きた私。
生きて帰れて良かったナリ。

 


部屋に戻り、休憩した後ようやくお楽しみの晩御飯の時間になった。

DSC_0153.JPG

DSC_0145.JPG

DSC_0159.JPG

ヴュッフェ式で超豪華な物が並んでいる。

見た事もない景色に大騒ぎする夫と私。
小学生の如しである。

チョコフォンデュタワーをデジカメでパシャパシャ撮る夫。
皿をたくさん抱え、あれこれ食べ物をかき集める私。

むぁー。
ぬぉー。

お互いアイコンタクトしつつ、声にならない雄叫びをあげる田舎者二人。

腹八分目を通り越し、十二分目になった所で動けなくなったお互いを励まし部屋に戻る。

そして部屋にあるジャグジー風呂とサウナに入って、ようやく床に就いた。

後半に続く・・・

このブログは皆様の笑顔と
  にほんブログ村 犬ブログ スピッツへ
    ポチッと応援で成り立っています。
2008.10.17 / コメント:: 7 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
ranking
ブログランキングに参加中
ポチポチっと応援お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター

現在の閲覧者数:
ブログ内検索
登場人物

小白:これを書いている人物。慣れない子育てもはや2年。相変わらずの妄想癖で数々のピンチやら何やらを乗り越える。根っからの貧乏性&心配性。
【特技】妄想癖(得意分野は貧乏ごっこ、家族の心配)暴走し過ぎて夫に迷惑をかけるのが定番
【趣味】夫いぢめ
【宝物】家族


●夫:24時間365日家族の事を想い家族のために尽くすドM、じゃなくて心優しいパパ。現実主義者ゆえ冷たく見られがちだが海のような広さの心の持ち主。
【特技】息子のご機嫌取り
【趣味】息子の目を盗みわずかな時間いじるPC
【宝物】息子


●息子:この世に出てきてわずか2年足らずで小白家のみんなのハートをがっちり掴んで離さないニクイやつ。父譲りのクールで超マイペースな所に母の大雑把さと頑固さを併せ持つ幼児。
【特技】あやしいダンス
【趣味】色やら数やらをひたすら言う、もしくは人に言わせる。
【宝物】オモチャ、アイタッチ


●小冬(コフユ):小白家の警察&ムードメーカー&ルールブック。老いてますます血気盛んな所におおざっぱさが加わりますますオヤジ化するもラブリーさは変わらず小白が溺愛する娘。スピッツ9才。
【特技】取締り
【好き】チーズ、レバー、特定のオヤツ、ママちゃ



●白斗(ハクト):2年前よりインスリノーマを患う。どうすればパパたんを独り占めできるか日々研究中。大らかで優しい息子。テンション高く時々倒れるのがたまにキズ。スピッツ8才。
【特技】低血糖発作からの生還
【好き】パパたん、弟ちゃん、チーズ、オヤツ全般、散歩



●レオ:2011年10月26日永眠。享年12才



●ベガ:小白家猫組唯一の女の子。寄る年波に勝てずあちこちガタが来つつも頑張っている11才。小白にペット霊園の話を出された途端蘇ったフェニックスキャット。
【特技】1日1嘔吐
【好き】猫缶、口に入るもの全部



●タロ:老婆宅にセラピーキャットとして修行中



●ふじ:小白家猫組末っ子。もうすぐシニアなのにいつまでも仔猫扱いの6才。いつまでも冒険心とドキドキを忘れないピーターパンキャット。
【特技】チキンレース
【好き】白斗、弟ちゃん、シニア用猫缶



STOP!ノーリード
小白の書棚

アタゴオルは猫の森
アタゴオルは猫の森 1 (1) (MFコミックス)
ますむら ひろし 著


こむぎ日和
こむぎ日和 お散歩できないダメダメ編 (クイーンズコミックス)
芳成 香名子 著


綿の国星
綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)
大島 弓子 著


ハルとソラとのミニチュアな日々
ハルとソラとのミニチュアな日々
たかはし みき 著


Dr.ノムラの犬の悩み相談所
Dr.ノムラの犬の悩み相談所 (Inu to Issho ni Series)
野村 潤一郎 著


犬用救急箱の中身
●犬猫用の体温計
先端フレキシブルで安全設計
犬猫用フレキシブル体温計

●簡易血糖測定器
簡易血糖測定器
あし@

検索
QLOOKアクセス解析 出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。