スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


新しい家族
カテゴリ:家族

P1020318.JPG じまんのコドモたち

 

P1020425.JPG 大切なたからもの

 

 
10月の中旬あたりから、小冬がやたら甘えん坊になった。
以前から私にベッタリだったけれど、そんなのが比にならない程ベタベタしてくる。

 


たえず私の傍に来て、しなだれかかるようにくっついたり、隙を見ては口を舐めに来る。ぼんやりしていると、口が切れて腫れ上がってしまうほど。
あまりにもしつこいので、ちょっと面倒になり 「あ、パパちゃが呼んでるよ」 と言っても全然行こうとしない。
私がベタベタしないと、あの犬特有の涙がこぼれんばかりの悲しい顔で見つめる。
胸をかきむしられるような表情で遠巻きに見ている。

 

ずっとこんな調子だった。


おかしいなぁ、とは思っていた。

 


どうやら、その時から小冬はわかっていたらしい。
私の中に子供がいる事を。

 


冷静に考えると、他のコも様子がおかしかった。
白斗もやたらと甘えたり、夫に抱っこをせがんだりしていたし、レオは私の体の上を走ったりしなくなったけれど、以前よりデカイ声で鳴くようになった。
タロは膝に全く乗らなくなった。

 


すごいなぁ、と思う。
どうしてわかったんだろう。
私本人なんかより、もっと私を見てくれているという事なのだろう。

 

でも、一つ腑に落ちないのは小冬の表情である。

どうしてそんなに悲しいカオをするのだろう。

 


「赤ちゃんが出来ても、小冬への愛情は変わらない? ずっと今までどおり愛してくれる?」


「小冬の事、ずっと好きでいてくれるかな?」


「一番は赤ちゃんになっちゃうのかな? 小冬は一番じゃなくなっちゃうのかな?」

 

 

言葉には出せないけれど、こんなふうに思っているからあんなカオをしていたのだろうか。
やたら抱っこをせがんだり、口を舐めて愛情を確認しようとしていたのだろうか。

 

もし、そうだったら。
ごめん。
小冬。

 

もちろん、白斗もレオもタロもベガもふじもみんな。

ごめんね。

 


不安になってもお釣りが来るほどの愛情で満たされていなかったんだね。
心から申し訳ないな、と反省した。

 


私自身もたくさん不安があったからだろう。
だから、犬猫達にも余計な不安を与えてしまったのだろうな。

 

犬猫達に負担をかけてしまうのではないか、とか。
素直に子供を愛せるのか、とか。
犬猫達への愛情の変化が起きてしまったらどうしよう、とか。
生まれてきたコが犬猫アレルギーだったら、とか。

 

本当にあげだすとキリがないほどの不安。

だから、みんなにダイレクトに伝わってしまったのだろう。

 


家族だものね。

 


でも。
うん、大丈夫。

 

どんな事があっても、犬猫達への愛情は変わらないと思うし変わりたくない。

本当に本当に、苦しくなるくらい愛しているのだ。

 

私はこのコ達にお願いして家族になってもらったのだもの。
生涯幸せにする事を誓って。

 

 

よし。
頑張ろう。


 


愛いっぱいの存在になれますように。

 

P1020327.JPG

  大丈夫、ずっとずっと大好きだよ

 

 


追記
安定期まで書くつもりはなかったのですが、この先ブログを書くにあたり
避けて書くとあまりに不自然になってしまうのであえて書く事にしました。
けれど、私は子供の事をブログに書くのはあまり好きではないので
この先のブログも犬猫や夫の事ばかりを書いて行く事になると思います。

現在切迫流産のおそれがあるとの事で、自宅で安静、ほとんど寝たきりの生活を送っています。
そのためブログの更新やコメント返しが思うように出来なくなる事もあると思いますが
気長にお付き合いいただけるととても嬉しいです。

 小白

このブログは皆様の笑顔と
  押してくれるまで見てる(小冬)
    ポチッと応援で成り立っています。
2008.11.12 / コメント:: 20 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
ranking
ブログランキングに参加中
ポチポチっと応援お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター

現在の閲覧者数:
ブログ内検索
登場人物

小白:これを書いている人物。慣れない子育てもはや2年。相変わらずの妄想癖で数々のピンチやら何やらを乗り越える。根っからの貧乏性&心配性。
【特技】妄想癖(得意分野は貧乏ごっこ、家族の心配)暴走し過ぎて夫に迷惑をかけるのが定番
【趣味】夫いぢめ
【宝物】家族


●夫:24時間365日家族の事を想い家族のために尽くすドM、じゃなくて心優しいパパ。現実主義者ゆえ冷たく見られがちだが海のような広さの心の持ち主。
【特技】息子のご機嫌取り
【趣味】息子の目を盗みわずかな時間いじるPC
【宝物】息子


●息子:この世に出てきてわずか2年足らずで小白家のみんなのハートをがっちり掴んで離さないニクイやつ。父譲りのクールで超マイペースな所に母の大雑把さと頑固さを併せ持つ幼児。
【特技】あやしいダンス
【趣味】色やら数やらをひたすら言う、もしくは人に言わせる。
【宝物】オモチャ、アイタッチ


●小冬(コフユ):小白家の警察&ムードメーカー&ルールブック。老いてますます血気盛んな所におおざっぱさが加わりますますオヤジ化するもラブリーさは変わらず小白が溺愛する娘。スピッツ9才。
【特技】取締り
【好き】チーズ、レバー、特定のオヤツ、ママちゃ



●白斗(ハクト):2年前よりインスリノーマを患う。どうすればパパたんを独り占めできるか日々研究中。大らかで優しい息子。テンション高く時々倒れるのがたまにキズ。スピッツ8才。
【特技】低血糖発作からの生還
【好き】パパたん、弟ちゃん、チーズ、オヤツ全般、散歩



●レオ:2011年10月26日永眠。享年12才



●ベガ:小白家猫組唯一の女の子。寄る年波に勝てずあちこちガタが来つつも頑張っている11才。小白にペット霊園の話を出された途端蘇ったフェニックスキャット。
【特技】1日1嘔吐
【好き】猫缶、口に入るもの全部



●タロ:老婆宅にセラピーキャットとして修行中



●ふじ:小白家猫組末っ子。もうすぐシニアなのにいつまでも仔猫扱いの6才。いつまでも冒険心とドキドキを忘れないピーターパンキャット。
【特技】チキンレース
【好き】白斗、弟ちゃん、シニア用猫缶



STOP!ノーリード
小白の書棚

アタゴオルは猫の森
アタゴオルは猫の森 1 (1) (MFコミックス)
ますむら ひろし 著


こむぎ日和
こむぎ日和 お散歩できないダメダメ編 (クイーンズコミックス)
芳成 香名子 著


綿の国星
綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)
大島 弓子 著


ハルとソラとのミニチュアな日々
ハルとソラとのミニチュアな日々
たかはし みき 著


Dr.ノムラの犬の悩み相談所
Dr.ノムラの犬の悩み相談所 (Inu to Issho ni Series)
野村 潤一郎 著


犬用救急箱の中身
●犬猫用の体温計
先端フレキシブルで安全設計
犬猫用フレキシブル体温計

●簡易血糖測定器
簡易血糖測定器
あし@

検索
QLOOKアクセス解析 出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。