スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


アレアレおばちゃん
カテゴリ:ねこ

P1020923.JPG むぎっこ

 

おとつい、私の携帯に電話がかかってきた。
年の頃は60代前後のおばちゃん。

 

開口一番 『あー、もしもし?なんかお宅さんの所で茶トラの猫保護してるんだって?保健所から連絡が来たから電話してるんだわ』 と不本意ながらも電話した、という雰囲気でまくし立てるおばちゃん。

 


うんうん、と聞いているとどうやら茶トラの猫を飼っていたのだけど、居なくなって保健所に届けていたらしいという事がわかった。

 


『あのね、片目がケガしてて白くなってんの、で茶トラなんだけど背中にかけて白っぽい毛もあって遠くから見たら茶色の点々もあって・・・』

 


うーん。
いまひとつわからん。
電話で特徴を言われても、点々がどうのって言われても困る。

 


そう思ったけれど、もしかしたら飼い主かもしれないのだ。
一応むぎの特徴を説明した。
そして 「写真はごらんになりましたか?」 と聞いてみた。

 

『いやー、見たけどさ。写真の撮り方悪いよ。暗くてよくわからん』 とおばちゃん。

 

 


むぅ。
夫の腕前を否定され、ちょっとムッとするわたくし。

でも、大人だからちゃんと対応を続ける。

「そうですよね、写真じゃわかりづらいと思いますし。一度ご確認頂いた方が宜しいですよね」 と言ってみた。

 


ら。

 


『いやいやいや、茶トラなんでしょ?アンタの所にいるの。ウチ茶トラじゃないし。
他のね、特徴はね、アレでね、何となく似ててアレだけど、アレだからね。それに今更ね。アレだし』

 

 


いやいや、アレのオンパレードだし。

最初茶トラって言ってたじゃん。
なのに茶トラじゃないとか言われてるし。

それに今更って何?「今更見つかっても困るから」 って事?

 

もしかしてひやかし?

 


かなりムッとした私。
それでももしかしたらむぎの本当の飼い主かも、と思うときつい事は言いたくない。
グッとガマンして 「長い放浪で見た目も変わってしまう場合もありますしね、見た目は人によって印象も違いますから。」 と穏やかに言ってみた。

 


すると。
『そんな事よりさ、まだアンタの所で保護してるの』
『その猫まだ本当にいるの?』
『アンタの所でずっと今まで保護してたの?これからもするんでしょ?』

 

としつこく数回聞いてきた。

 

ウンザリする私。

いい加減頭にきた。

 

「そうですけどっ!! 確認しますかっ!?」 と少し声を荒げてしまった。

 

おばちゃんはちょっと焦ったらしく 『いやいやいや、ねぇホント茶トラじゃないからねぇ、ホントお疲れ様、イヒヒ・・・』 といやらしく笑ったので、さすがにこらえきれずこっちから電話をブツンと切ってしまった。

 

 


私ってば大人げないのぅ。

でもさ、こっちは本当の飼い主に会えるのがむぎにとっての幸せだと思って真剣に探しているのだ。
もっと言い方ってものがあるだろう。

 

 

でも。
元飼い主だったのか。
それともひやかしだったのか。

 

保健所から電話が来たと言いながら、写真を見たと言うのもちょっとつじつまが合わないし。
最初茶トラって言ってたのに、どうして途中から 『ウチのは茶トラじゃないから』 なんて言い出したのか。

 

 

 

まあいいや。
どちらにせよ、むぎの飼い主ではなかったのだろう。
そう思ったら腹もたつまい。

 

おばちゃんは猫に愛情がない訳ではないから電話をしてきたのだろうし。

 

 

それにしても、おばちゃんの 『アレアレしてアレだから・・・』 のアレの連呼には驚いた。


思わず笑ってしまったけど。

 


P1020913.JPG

 ママさん、アレアレ詐欺に注意ですぞ

 

このブログは皆様の笑顔と
  押してくれるまで見てる(小冬)
    ポチッと応援で成り立っています。
2008.12.28 / コメント:: 8 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
ranking
ブログランキングに参加中
ポチポチっと応援お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター

現在の閲覧者数:
ブログ内検索
登場人物

小白:これを書いている人物。慣れない子育てもはや2年。相変わらずの妄想癖で数々のピンチやら何やらを乗り越える。根っからの貧乏性&心配性。
【特技】妄想癖(得意分野は貧乏ごっこ、家族の心配)暴走し過ぎて夫に迷惑をかけるのが定番
【趣味】夫いぢめ
【宝物】家族


●夫:24時間365日家族の事を想い家族のために尽くすドM、じゃなくて心優しいパパ。現実主義者ゆえ冷たく見られがちだが海のような広さの心の持ち主。
【特技】息子のご機嫌取り
【趣味】息子の目を盗みわずかな時間いじるPC
【宝物】息子


●息子:この世に出てきてわずか2年足らずで小白家のみんなのハートをがっちり掴んで離さないニクイやつ。父譲りのクールで超マイペースな所に母の大雑把さと頑固さを併せ持つ幼児。
【特技】あやしいダンス
【趣味】色やら数やらをひたすら言う、もしくは人に言わせる。
【宝物】オモチャ、アイタッチ


●小冬(コフユ):小白家の警察&ムードメーカー&ルールブック。老いてますます血気盛んな所におおざっぱさが加わりますますオヤジ化するもラブリーさは変わらず小白が溺愛する娘。スピッツ9才。
【特技】取締り
【好き】チーズ、レバー、特定のオヤツ、ママちゃ



●白斗(ハクト):2年前よりインスリノーマを患う。どうすればパパたんを独り占めできるか日々研究中。大らかで優しい息子。テンション高く時々倒れるのがたまにキズ。スピッツ8才。
【特技】低血糖発作からの生還
【好き】パパたん、弟ちゃん、チーズ、オヤツ全般、散歩



●レオ:2011年10月26日永眠。享年12才



●ベガ:小白家猫組唯一の女の子。寄る年波に勝てずあちこちガタが来つつも頑張っている11才。小白にペット霊園の話を出された途端蘇ったフェニックスキャット。
【特技】1日1嘔吐
【好き】猫缶、口に入るもの全部



●タロ:老婆宅にセラピーキャットとして修行中



●ふじ:小白家猫組末っ子。もうすぐシニアなのにいつまでも仔猫扱いの6才。いつまでも冒険心とドキドキを忘れないピーターパンキャット。
【特技】チキンレース
【好き】白斗、弟ちゃん、シニア用猫缶



STOP!ノーリード
小白の書棚

アタゴオルは猫の森
アタゴオルは猫の森 1 (1) (MFコミックス)
ますむら ひろし 著


こむぎ日和
こむぎ日和 お散歩できないダメダメ編 (クイーンズコミックス)
芳成 香名子 著


綿の国星
綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)
大島 弓子 著


ハルとソラとのミニチュアな日々
ハルとソラとのミニチュアな日々
たかはし みき 著


Dr.ノムラの犬の悩み相談所
Dr.ノムラの犬の悩み相談所 (Inu to Issho ni Series)
野村 潤一郎 著


犬用救急箱の中身
●犬猫用の体温計
先端フレキシブルで安全設計
犬猫用フレキシブル体温計

●簡易血糖測定器
簡易血糖測定器
あし@

検索
QLOOKアクセス解析 出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。