スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


想像恐怖
カテゴリ:その他

 P1030431.JPG  大騒ぎだったよ

 

一度怖い事を考えると、ますますそこから抜け出せなくなる事がある。
見事に恐怖にズッポリとはまり込んでしまうのだ。

 

例えばトイレに入っていて 「なんか今日は怖いなぁ」 なんてうっすらでも思ったりするともう大変。
怖いなぁ→怖い→なんか出そう→便器から手が出てくるかも→間違いなく出る。

となって自爆する。

 

考えただけで怖くなってきた。

 

その他にも風呂場で頭を洗っていたら、急に怖くなって目が開けられなくなったり振り返る事が出来なくなったりするという人もいるらしい。

 

人によって恐怖って色々な形があるのだろうな。

 

昨日は歯医者の日だった。
小さい頃から歯医者が大嫌いな私なのだが、最近赤子に無断で歯の栄養までとられてるらしく、歯茎から出血するようになった。
先生にも妊娠の影響だと思うと言われた。

 

ここの先生は50代位の男の先生なのだけど、乙女っぽくて話をする時に自分の胸の前で両手を組んでお話してくれる。
お祈りするような感じなのが、可愛らしい。
「ここの所がちょっとね、うん、血が出ちゃってね、大変になっちゃってるからちょっと見せてもらっちゃって良いかな?」という感じなのだ。
いちいち話す時に軽くジャンプするのも、好印象だ。

 


この先生のおかげで歯医者嫌いはだいぶん改善したのは良いのだけど、今までは歯医者に対する純粋な怖さで何も考える事が出来ないまま治療が終了したのに、恐怖を取り除かれたのでその分余計な事を考える暇が出来てしまった。

 


そう、昨日はその余計な事を想像してまんまとはまってしまったのだ。
あの、チュイーンと言う機械で舌に穴を開けられるかも知れない。
いや、もしかしたら先生がクシャミをした弾みに私の鼻の穴や目に刺さったらどうしよう。
こんなに優しい先生を装ってるけど、ホントは狙ってるかも。

 


こっえぇ。

 

 


そう考えると今度は舌をどこに収納して良いのかわからなくなってきた。
こんなレロレロ動かしてたらそれこそ本当に穴を開けられる。

 

混乱する私。

 

あっけなく助手さんに、バキュームでくいっと舌を寄せられてしまった。

 

 

ふぅ。
助かった。

 


そう思ったのも束の間、今度は椅子の角度が心配になった。
こんな高そうな椅子に見えるけど、本当は安物かもしれない。
何かの加減で、ガクンと金具が外れて逆くの字のえびぞりにされるかも。

 

先生だって信用ならない。
操作を間違えるかも知れない。

 


妊婦のえびぞり。

 

ぬぅおおおおおおおお~。

 

 


そうなったら腹筋で起き上がらなくちゃ、と力を入れていたら体を起こされた。

 

あ。
良かった。

 

緊張で体がカチコチになり、汗をかいている私。
人間って自分の想像でここまで心拍数を増やせる生き物なのだな。

 


そう思いながら、家路に着いた。
犬達におやつをあげて、のんびりしていた。
ら。

 

 

ブー・ブー・ブー・・・・・。
と、どこからかわからないけれど音がする。
色々探してみても見当たらない。

 


恐怖に敏感になっている私。

 

 

何かを仕掛けられてる。
爆弾だ、間違いない。
歯医者に行ってる間に誰かが仕掛けたのかも。

 

でも、子供達を守らなくちゃ。

 

ビクビクしながら10分ほど探したら、カバンの中の携帯にメールが届いていたのを発見した。

歯医者だったのでバイブにして置いたんだった。


耳があまり良くないので、まるきり逆の方から聞こえたのだ。

 

 

座り込む私。
力尽きた。

 

 

そんな、犬達が家にいるのに誰かが忍び込んで爆弾を仕掛けるなんてなかなか出来る事じゃないだろう。
冷静に考えたらわかるのに。

 


はまるって怖い。

 

 


すごく怖かったけど、刺激のある1日だった。
これで少し若返ったかもしれない。

 

 

 

怖い怖いと思いながら、ちょっと楽しんでる自分が一番怖いけど。

 

P1030368.JPG

「またやってるねー」   『ねー』

 

このブログは皆様の笑顔と
  押してくれるまで見てる(小冬)
    ポチッと応援で成り立っています。
2009.01.24 / コメント:: 18 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
ranking
ブログランキングに参加中
ポチポチっと応援お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター

現在の閲覧者数:
ブログ内検索
登場人物

小白:これを書いている人物。慣れない子育てもはや2年。相変わらずの妄想癖で数々のピンチやら何やらを乗り越える。根っからの貧乏性&心配性。
【特技】妄想癖(得意分野は貧乏ごっこ、家族の心配)暴走し過ぎて夫に迷惑をかけるのが定番
【趣味】夫いぢめ
【宝物】家族


●夫:24時間365日家族の事を想い家族のために尽くすドM、じゃなくて心優しいパパ。現実主義者ゆえ冷たく見られがちだが海のような広さの心の持ち主。
【特技】息子のご機嫌取り
【趣味】息子の目を盗みわずかな時間いじるPC
【宝物】息子


●息子:この世に出てきてわずか2年足らずで小白家のみんなのハートをがっちり掴んで離さないニクイやつ。父譲りのクールで超マイペースな所に母の大雑把さと頑固さを併せ持つ幼児。
【特技】あやしいダンス
【趣味】色やら数やらをひたすら言う、もしくは人に言わせる。
【宝物】オモチャ、アイタッチ


●小冬(コフユ):小白家の警察&ムードメーカー&ルールブック。老いてますます血気盛んな所におおざっぱさが加わりますますオヤジ化するもラブリーさは変わらず小白が溺愛する娘。スピッツ9才。
【特技】取締り
【好き】チーズ、レバー、特定のオヤツ、ママちゃ



●白斗(ハクト):2年前よりインスリノーマを患う。どうすればパパたんを独り占めできるか日々研究中。大らかで優しい息子。テンション高く時々倒れるのがたまにキズ。スピッツ8才。
【特技】低血糖発作からの生還
【好き】パパたん、弟ちゃん、チーズ、オヤツ全般、散歩



●レオ:2011年10月26日永眠。享年12才



●ベガ:小白家猫組唯一の女の子。寄る年波に勝てずあちこちガタが来つつも頑張っている11才。小白にペット霊園の話を出された途端蘇ったフェニックスキャット。
【特技】1日1嘔吐
【好き】猫缶、口に入るもの全部



●タロ:老婆宅にセラピーキャットとして修行中



●ふじ:小白家猫組末っ子。もうすぐシニアなのにいつまでも仔猫扱いの6才。いつまでも冒険心とドキドキを忘れないピーターパンキャット。
【特技】チキンレース
【好き】白斗、弟ちゃん、シニア用猫缶



STOP!ノーリード
小白の書棚

アタゴオルは猫の森
アタゴオルは猫の森 1 (1) (MFコミックス)
ますむら ひろし 著


こむぎ日和
こむぎ日和 お散歩できないダメダメ編 (クイーンズコミックス)
芳成 香名子 著


綿の国星
綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)
大島 弓子 著


ハルとソラとのミニチュアな日々
ハルとソラとのミニチュアな日々
たかはし みき 著


Dr.ノムラの犬の悩み相談所
Dr.ノムラの犬の悩み相談所 (Inu to Issho ni Series)
野村 潤一郎 著


犬用救急箱の中身
●犬猫用の体温計
先端フレキシブルで安全設計
犬猫用フレキシブル体温計

●簡易血糖測定器
簡易血糖測定器
あし@

検索
QLOOKアクセス解析 出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。