スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


お化け?
カテゴリ:その他

 P1030535.JPG 怖いよー

 

子供って純粋な気持ちで不思議な体験をしたり、お化けが見える事があると聞いた事があるけれど、私も幼い頃にそういう体験をした事がある。

 

小学校低学年の頃、友達とお化けが出ると噂されていたサイロを見に行った事がある。
サイロとは牛の食料などを貯蔵しておく所。
でも、そのサイロは上に大きくそびえ立つものではなく、見下ろすような形になっていた(ような記憶があるけど、年月が経ち過ぎて記憶が定かではない)
そこで友達3人と私で覗き込んだ時に、赤の生地に白い水玉のワンピースを着た白骨化した女の人がぶら下がっていた記憶がどうしても拭えない。

 

実際にそんなモノがぶら下がっていたら、大事件になっているだろうし子供の足で簡単に行けるのだから発見されないはずもないだろう。

 

けれど、みんなでワンワン泣きながら帰って来た事とそんな画面が頭に焼き付いたまま大人になってしまった。
子供の記憶って複雑だ。

驚くほど記憶力が良いかと思えば、夢と現実がごっちゃになってしまったりするのだもの。
おそらくこの時の私も、恐怖心からこんな記憶にしてしまったのだろう。

 

でも、そんなあやふやではない怖い体験がもう一つ。
小学校低学年の時、母親と買い物帰りに近所のおじさんとすれ違った。
何となく気になってそのおじさんを目で追っていたのだけど、つい 「ママ、あのおじさんもうすぐ死ぬよ」 と言ってしまった。


猛烈に怒る母。
『そんな事言うものじゃないよ、それにもし本当になったらアンタがとり憑かれてるって言われるよ』 とそれこそとり憑かれたような怖ろしい形相で怒られた。

 

そしてその1、2ヵ月後だったと思う。
友達と実家の裏の公園で遊んでいたらそのおじさんが白い帽子に白いスーツを着て歩いているのを見かけた。

 

「なんだ、死んだんじゃなかったんだ」 と安心して見ていたのを覚えている。
その事を母に言おうかと思ったけど、また怒られるのが嫌で黙っていた。

 

それからまた少し経って、そのおじさんが首吊り死体で発見されたと母が教えてくれた。
亡くなってからかなりの時間が経っていて、会社の人が発見したらしい。
私が2度目に見かけた時はすでにこの世にいなかったという。

 


そんな体験をしたものの、大人になってからは全くそんな体験をしなくなった。

 


だから小さい頃はたまたま偶然見てしまったのか、子供の勝手な想像が当たったのだと思い込み今は基本的に信じないようにしている。

 

信じたら怖いもの。

 


助けて欲しい時のご先祖様とか神様仏様は信じるけど。

 


なのに、この間ものすごく怖い思いをしてしまった。
風呂上り、いつものように2階に行こうとしていたら窓の外からカツカツカツカツ…という聞きなれない音が聞こえる。
まるで人が指でガラスを叩くような音。
覗いても誰もいないし、夫にも聞こえないと言う。

 

でも、私にはしっかり聞こえたし猫達(レオとベガ)も気付いている。
2回鳴った後その音は消えたけれど、すごく恐怖心を煽られる音だった。

 

そして、その次の日もソファに座っていたら私だけ聞きなれない音が聞こえる。
確認しても、真顔でわからないと言う夫。
耳の悪い私が聞こえるのに、地獄耳の夫が聞こえないわけないのだ。

 

怖い事が続くなぁと思い、「お互い事故とか怪我に気をつけようね」 と言っていたのだけど。

 


昨日。
そう、イエスタディである。

 

もう人生最大に怖かった。
あやうくお漏らしする所だった。
やっと布団がクリーニングから帰って来たのに、また汚す所だった。

 

最近おしっこが近いので、寝る前の水分を控えるようにしている私。
夜中に目が覚める事がなくなっていたのに。

 

忘れもしない夜中の2時17分。
妙にパッチリと目が覚めた。

 

目が覚めても動いたりすると、小冬が起きてしまいおしっこに連れて行かなくちゃならないので静かにしていた。
すぐに眠れそうもないので、時計を見たりボンヤリ過ごしていたのだけど何となく足元が気になってしまった。

 

ので。
自分の足元を見たら。

 

バイクのヘルメット、しかもフルフェイスを被り細身のライダースーツのようなモノを着ている男の人がうな垂れて腰掛けていた。

 

 

(°∇°;)

 


書くだけでも怖い。

 

 

人間、怖いと声も出なくなる。
こっそり布団にもぐり眠ろうと努力する。


「ウソだウソだウソだウソだウソだウソだウソだウソだ」  自分に言い聞かす。


「気のせい気のせい気のせい気のせい気のせい気のせい」  しつこく繰り返す。


「ドッキリ丸秘報告ドッキリ丸秘報告ドッキリ丸秘報告ドッキリ丸秘報告」  もうわけわかんないし。

 

 

なんて寝れる訳ないじゃん、と一人突っ込んでいたら尿意を催した。
妊婦になってからトイレは5分と我慢できない。

 

夫を起こそうか迷う。

 

でも、夫は朝4時に起きて仕事と雪かきをしなくちゃならないし。
今起こしたら本当に可哀想だ。

 

 

悩みに悩んだ末、尿意が勝った。

 

怖がりの夫には事情を言わず、トイレに付き添ってもらう。

 


そして、戻ってくるとそのバイカーは消えていた。

 

 


ごわがった。
ほんっとうにごわがった。

 

 


それでも多分気のせいだったと思いたい私。
妊婦になると、人には見えないものが見えるようになると聞いた事があるけれど、こんな力はいらないから、せめて妖精さんが見えるとか、宝くじの当たりが見えるんだったら良いのに。

 


多分、最近重なっていた聞きなれない音に 「怖い怖い」 という気持ちが見せた幻だったのかもしれない。
幽霊の正体見たり・・・だったら良いなと思う。

 

P1010803.JPG

この2匹は本当に見えてそうで怖い

 

このブログは皆様の笑顔と
  押してくれるまで見てる(小冬)
    ポチッと応援で成り立っています。
2009.02.03 / コメント:: 8 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
ranking
ブログランキングに参加中
ポチポチっと応援お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター

現在の閲覧者数:
ブログ内検索
登場人物

小白:これを書いている人物。慣れない子育てもはや2年。相変わらずの妄想癖で数々のピンチやら何やらを乗り越える。根っからの貧乏性&心配性。
【特技】妄想癖(得意分野は貧乏ごっこ、家族の心配)暴走し過ぎて夫に迷惑をかけるのが定番
【趣味】夫いぢめ
【宝物】家族


●夫:24時間365日家族の事を想い家族のために尽くすドM、じゃなくて心優しいパパ。現実主義者ゆえ冷たく見られがちだが海のような広さの心の持ち主。
【特技】息子のご機嫌取り
【趣味】息子の目を盗みわずかな時間いじるPC
【宝物】息子


●息子:この世に出てきてわずか2年足らずで小白家のみんなのハートをがっちり掴んで離さないニクイやつ。父譲りのクールで超マイペースな所に母の大雑把さと頑固さを併せ持つ幼児。
【特技】あやしいダンス
【趣味】色やら数やらをひたすら言う、もしくは人に言わせる。
【宝物】オモチャ、アイタッチ


●小冬(コフユ):小白家の警察&ムードメーカー&ルールブック。老いてますます血気盛んな所におおざっぱさが加わりますますオヤジ化するもラブリーさは変わらず小白が溺愛する娘。スピッツ9才。
【特技】取締り
【好き】チーズ、レバー、特定のオヤツ、ママちゃ



●白斗(ハクト):2年前よりインスリノーマを患う。どうすればパパたんを独り占めできるか日々研究中。大らかで優しい息子。テンション高く時々倒れるのがたまにキズ。スピッツ8才。
【特技】低血糖発作からの生還
【好き】パパたん、弟ちゃん、チーズ、オヤツ全般、散歩



●レオ:2011年10月26日永眠。享年12才



●ベガ:小白家猫組唯一の女の子。寄る年波に勝てずあちこちガタが来つつも頑張っている11才。小白にペット霊園の話を出された途端蘇ったフェニックスキャット。
【特技】1日1嘔吐
【好き】猫缶、口に入るもの全部



●タロ:老婆宅にセラピーキャットとして修行中



●ふじ:小白家猫組末っ子。もうすぐシニアなのにいつまでも仔猫扱いの6才。いつまでも冒険心とドキドキを忘れないピーターパンキャット。
【特技】チキンレース
【好き】白斗、弟ちゃん、シニア用猫缶



STOP!ノーリード
小白の書棚

アタゴオルは猫の森
アタゴオルは猫の森 1 (1) (MFコミックス)
ますむら ひろし 著


こむぎ日和
こむぎ日和 お散歩できないダメダメ編 (クイーンズコミックス)
芳成 香名子 著


綿の国星
綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)
大島 弓子 著


ハルとソラとのミニチュアな日々
ハルとソラとのミニチュアな日々
たかはし みき 著


Dr.ノムラの犬の悩み相談所
Dr.ノムラの犬の悩み相談所 (Inu to Issho ni Series)
野村 潤一郎 著


犬用救急箱の中身
●犬猫用の体温計
先端フレキシブルで安全設計
犬猫用フレキシブル体温計

●簡易血糖測定器
簡易血糖測定器
あし@

検索
QLOOKアクセス解析 出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。