スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


都市伝説
カテゴリ:その他

 DSC_2146.JPG 化けニャンコ?!

 



小さい頃、周りには色々なウワサ話や都市伝説があった。
今となっては、ほとんど聞く事がないけれど大人になったからなのか。
きっと、今でも小中学生とかの間では色々あるのかしら。

 

口裂け女とか、人面犬とか。
私の小さい頃はリアルタイムで口裂け女が流行ったので、本当に怖かった記憶がある。
買い物に行く時に出会ってしまったらどうしよう、といつもいつも心配していた。

 

人面犬あたりになると、もう疑う年齢になっていたのでそうでもなかったけれど。

 

私には年の離れた兄と姉がいたし、母親もそういう怖ろしい話を平気でして子を脅かす人だったのでそういう話を聞く機会は多かったと思う。

 

一番記憶に古くあるのは、カマスの婆の話(どんな漢字かはわからない)
ただただ怖ろしかった。
夜寝なかったり、うるさく騒いだり、姉妹ケンカをすると「ほら、カマスの婆にやるよ!あら?足音が聞こえてきたわ。もう聞きつけて来たんだねぇ、耳が良いから」と言われる。
しかも具体的で、カマスの婆は片手にカマ、片手に大きな袋、両足に義足を履いていてものすごい勢いで走るという。
カマで子を取り袋にしまい家に持ち帰る、と設定までしっかりしている。

 

やな母親だな、おい。
トラウマになるではないか。

 

もう、実際怖くて怖くて仕方なかった事は覚えている。
しかも家の裏に集会所があって、そこで葬式やら何やらをするのでそこに住んでいるに違いないと思っていたし。

 

集会所の電気が夜中に付いたり消えたりするのも、怖さに拍車をかけた。
今思えば、ただ電気が切れそうになってただけだとわかるのに。

 

ただ、後々聞いた記憶ではその元になった人がいたらしいという話だったけれど、それも定かではない。

 

 


その他にも。
小さい頃人家に入り煮立ったヤカンに足を突っ込んでしまい、それから足の成長も止まったまま人間を恨んでいるヤカン熊の話。
時々近くにあった山から下りてきて人を襲うという。

 


実家近くのあるカーブを60キロで曲がると、そのカーブで亡くなった女の人が「コーラ頂戴」と出てくる60キロ女の話などなど。

 

 

本当に色々あったなぁと思う。
今となっては懐かしい。

 

 

でも、ウワサだと思っていたのに本物に1度だけ出会った事がある。
その名も<フンガー爺さん>

 

子供の傍に寄って来て耳元で『フンガー』と鼻を鳴らすのだ。
あの、豚の鳴き真似の要領で。
目的はわからない。

 

最初信じていなかった私も、一度だけ遭遇した。
普通の爺ちゃんだった。

 

ビックリして逃げたけど、数ヵ月後には居なくなって死んでしまったとウワサを聞いてちょっと寂しかったのを覚えている。

 

多分、寂しくて子供が好きでそんな形で子供にちょっかいを出していたのだろう。
今になれば何となくわかるのに、あの頃は子供がゆえ何でも面白おかしくしていたのかもしれないな。

 


そしてきっと、こういうのが都市伝説を生むのだろう。


久しぶりに小さい頃を思い出してふとそんな事を思った。

 

 

年をとったのだな。

 


 

 P1030724.JPG

化けニャンコの日干し


 

このブログは皆様の笑顔と
  押してくれるまで見てる(小冬)
    ポチッと応援で成り立っています。
2009.02.27 / コメント:: 6 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
ranking
ブログランキングに参加中
ポチポチっと応援お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター

現在の閲覧者数:
ブログ内検索
登場人物

小白:これを書いている人物。慣れない子育てもはや2年。相変わらずの妄想癖で数々のピンチやら何やらを乗り越える。根っからの貧乏性&心配性。
【特技】妄想癖(得意分野は貧乏ごっこ、家族の心配)暴走し過ぎて夫に迷惑をかけるのが定番
【趣味】夫いぢめ
【宝物】家族


●夫:24時間365日家族の事を想い家族のために尽くすドM、じゃなくて心優しいパパ。現実主義者ゆえ冷たく見られがちだが海のような広さの心の持ち主。
【特技】息子のご機嫌取り
【趣味】息子の目を盗みわずかな時間いじるPC
【宝物】息子


●息子:この世に出てきてわずか2年足らずで小白家のみんなのハートをがっちり掴んで離さないニクイやつ。父譲りのクールで超マイペースな所に母の大雑把さと頑固さを併せ持つ幼児。
【特技】あやしいダンス
【趣味】色やら数やらをひたすら言う、もしくは人に言わせる。
【宝物】オモチャ、アイタッチ


●小冬(コフユ):小白家の警察&ムードメーカー&ルールブック。老いてますます血気盛んな所におおざっぱさが加わりますますオヤジ化するもラブリーさは変わらず小白が溺愛する娘。スピッツ9才。
【特技】取締り
【好き】チーズ、レバー、特定のオヤツ、ママちゃ



●白斗(ハクト):2年前よりインスリノーマを患う。どうすればパパたんを独り占めできるか日々研究中。大らかで優しい息子。テンション高く時々倒れるのがたまにキズ。スピッツ8才。
【特技】低血糖発作からの生還
【好き】パパたん、弟ちゃん、チーズ、オヤツ全般、散歩



●レオ:2011年10月26日永眠。享年12才



●ベガ:小白家猫組唯一の女の子。寄る年波に勝てずあちこちガタが来つつも頑張っている11才。小白にペット霊園の話を出された途端蘇ったフェニックスキャット。
【特技】1日1嘔吐
【好き】猫缶、口に入るもの全部



●タロ:老婆宅にセラピーキャットとして修行中



●ふじ:小白家猫組末っ子。もうすぐシニアなのにいつまでも仔猫扱いの6才。いつまでも冒険心とドキドキを忘れないピーターパンキャット。
【特技】チキンレース
【好き】白斗、弟ちゃん、シニア用猫缶



STOP!ノーリード
小白の書棚

アタゴオルは猫の森
アタゴオルは猫の森 1 (1) (MFコミックス)
ますむら ひろし 著


こむぎ日和
こむぎ日和 お散歩できないダメダメ編 (クイーンズコミックス)
芳成 香名子 著


綿の国星
綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)
大島 弓子 著


ハルとソラとのミニチュアな日々
ハルとソラとのミニチュアな日々
たかはし みき 著


Dr.ノムラの犬の悩み相談所
Dr.ノムラの犬の悩み相談所 (Inu to Issho ni Series)
野村 潤一郎 著


犬用救急箱の中身
●犬猫用の体温計
先端フレキシブルで安全設計
犬猫用フレキシブル体温計

●簡易血糖測定器
簡易血糖測定器
あし@

検索
QLOOKアクセス解析 出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。