スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


怒涛の日々
カテゴリ:いぬ

P1040501.JPG お疲れ様だったね

 



ようやく落ち着きつつある我が家。
次のイベントは私の出産。

 

本当に怒涛の1ヶ月半だった。

 

 


その期間に、犬達が留守中にチョコレートを食べてしまったり、白斗が低血糖を起こしてしまったり、小冬が白斗以上に血糖が低い事が判明したり、と次々とおそろしい事が立て続けに起こった。

これが夢だったら良いのに、と何度思ったかわからない。

 


さすがに妊婦にはキツかった。
タフな妊婦を自負していたのに。

 


引越しの最初の頃、冷蔵庫を新居に運ぼうと冷蔵庫の中を整理した。
さすがにアイスクリームは持っていけないので、泣く泣く全部始末する事に。

 

ハーゲンダッツのアイスが2つ、パリッテ(チョコアイス)2つ…一気に全部食べようか悩んだけれど、お腹を壊しても困るし、引越しの手伝いの人が来てくれてるのにそれは出来ない。

 

そう思いつつ、涙ぐみながらゴミ袋にまとめておいた。

 


そしてそのまま安静生活に突入して忘れてしまい、その上にどんどんゴミが捨てられていった。

その2日後、いつも出かける時はゴミを上に置いて行くのにウッカリ忘れて荷物を運びに出てしまった。
時間にして4時間。

家に帰ると、ゴミが散乱していてハーゲンダッツのアイスもチョコアイスも1つずつ空になっていた。
家中チョコのニオイが充満している。

 


すぐに犬達の口を確かめる。
どっちが食べたかわからないし、ニオイもしない。

でも、水が少なくなっているからチョコレートを食べているのは間違いない。

 


一番最初に電話がつながった動物病院に事情を説明すると、すぐに連れてきてくださいと言われた。
けれど、そこまで行くのに1時間以上かかる。

近くの動物病院につながるまで何度も電話して、ようやくつながる。

すると致死量からメカニズム、中毒症状まで詳しく説明してくれて、様子を見るように言われた。

 

実際すでに4時間以上経っているし、致死量は食べておらず中毒症状は出ていない。
中毒症状が出ているのなら処置も出来るけれど、そうでなければ処置は出来ないと言われた。

 


犬達はケロリとしている。
小冬がいつもより少し元気かな?という感じはしたけれどすぐに落ち着いた。

夜中まで様子を見たけれど、犬達は下痢一つしなかった。

 

でも。
本当に生きた心地がしなかった。

引越しのドタバタでとんでもない事をしてしまった事に大反省した。

 

 

そして。

引っ越して数日してから、白斗がまた低血糖発作を起こした。
脱糞までするような酷い発作で、助からないかと思った。

 

血糖測定器を買っていたものの、忙しさにかまけて測定していなかったのが原因。

 


急いで砂糖を口に含ませ、病院に運ぶ。
そして精密検査。

 


大きな病気はなく、原因はわからず。
おそらく引越しのストレスでご飯の量が減っていたからだろう (後に原因が判明、現在治療中)

 

 

今回の引越しで一番のダメージを受けたのは、結果的に白斗だった。

ドッグフードは一切受け付けなくなったし、日がな一日寝ているような生活になってしまった。

 

 

その後に、ついでに小冬も血糖を測ったら白斗より低い数値が出た。


 

 

私の育て方が悪かったのだろうな。
2匹に何度も謝った。

 

 

 

そんな中。

 

こんな日々の中、早産になる事もなくへっぱりついて頑張ってくれていた我が子。
母体の調子も悪く、子宮内も羊水が少なくてなかなか大きくなれず、居心地は最悪だっただろうに。

 

 

もう我慢ならん!とだいぶん下にも下がってきていたのに、何とか踏ん張ってとどまってくれている。

 

感謝してもしきれない。

 

 

 

きっとこの子がグレて「くそババァ」とか言っちゃっても愛せるかもしれない。

 

 

前だったら 「もしそんな事一言でも言ったら、元いた場所に戻すぞって言ってやる」 と思っていたのに。

 

 


自分の親もこんな気持ちだったのかもしれないな。

 


せめて残りの日々を穏やかに、居心地良く過ごさせてあげたいなと思う。

 

 

 画像-0011.jpg

 私から見たハラ

 

このブログは皆様の笑顔と
  押してくれるまで見てる(小冬)
    ポチッと応援で成り立っています。
2009.05.29 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


ranking
ブログランキングに参加中
ポチポチっと応援お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター

現在の閲覧者数:
ブログ内検索
登場人物

小白:これを書いている人物。慣れない子育てもはや2年。相変わらずの妄想癖で数々のピンチやら何やらを乗り越える。根っからの貧乏性&心配性。
【特技】妄想癖(得意分野は貧乏ごっこ、家族の心配)暴走し過ぎて夫に迷惑をかけるのが定番
【趣味】夫いぢめ
【宝物】家族


●夫:24時間365日家族の事を想い家族のために尽くすドM、じゃなくて心優しいパパ。現実主義者ゆえ冷たく見られがちだが海のような広さの心の持ち主。
【特技】息子のご機嫌取り
【趣味】息子の目を盗みわずかな時間いじるPC
【宝物】息子


●息子:この世に出てきてわずか2年足らずで小白家のみんなのハートをがっちり掴んで離さないニクイやつ。父譲りのクールで超マイペースな所に母の大雑把さと頑固さを併せ持つ幼児。
【特技】あやしいダンス
【趣味】色やら数やらをひたすら言う、もしくは人に言わせる。
【宝物】オモチャ、アイタッチ


●小冬(コフユ):小白家の警察&ムードメーカー&ルールブック。老いてますます血気盛んな所におおざっぱさが加わりますますオヤジ化するもラブリーさは変わらず小白が溺愛する娘。スピッツ9才。
【特技】取締り
【好き】チーズ、レバー、特定のオヤツ、ママちゃ



●白斗(ハクト):2年前よりインスリノーマを患う。どうすればパパたんを独り占めできるか日々研究中。大らかで優しい息子。テンション高く時々倒れるのがたまにキズ。スピッツ8才。
【特技】低血糖発作からの生還
【好き】パパたん、弟ちゃん、チーズ、オヤツ全般、散歩



●レオ:2011年10月26日永眠。享年12才



●ベガ:小白家猫組唯一の女の子。寄る年波に勝てずあちこちガタが来つつも頑張っている11才。小白にペット霊園の話を出された途端蘇ったフェニックスキャット。
【特技】1日1嘔吐
【好き】猫缶、口に入るもの全部



●タロ:老婆宅にセラピーキャットとして修行中



●ふじ:小白家猫組末っ子。もうすぐシニアなのにいつまでも仔猫扱いの6才。いつまでも冒険心とドキドキを忘れないピーターパンキャット。
【特技】チキンレース
【好き】白斗、弟ちゃん、シニア用猫缶



STOP!ノーリード
小白の書棚

アタゴオルは猫の森
アタゴオルは猫の森 1 (1) (MFコミックス)
ますむら ひろし 著


こむぎ日和
こむぎ日和 お散歩できないダメダメ編 (クイーンズコミックス)
芳成 香名子 著


綿の国星
綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)
大島 弓子 著


ハルとソラとのミニチュアな日々
ハルとソラとのミニチュアな日々
たかはし みき 著


Dr.ノムラの犬の悩み相談所
Dr.ノムラの犬の悩み相談所 (Inu to Issho ni Series)
野村 潤一郎 著


犬用救急箱の中身
●犬猫用の体温計
先端フレキシブルで安全設計
犬猫用フレキシブル体温計

●簡易血糖測定器
簡易血糖測定器
あし@

検索
QLOOKアクセス解析 出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。