スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


白斗の病気
カテゴリ:いぬ

P1040607.JPG ぽっくん、頑張ってるよ

 


ここに越してきてから、白斗は2回低血糖発作を起こして倒れた。

 

前回の発作から4ヶ月。
4ヶ月も何事もなかったのに、5月に入ってから2回も起こすとはさすがにおかしい。

 

引越しのストレスでご飯の量が減っていたためとも思ったけれど、ミルクや蜂蜜で補っても発作を起こしてしまった。

 

ご飯を食べた後に血糖を測っても70にも満たない。

 


前回調べてもらったら原因不明だったけれど、もう一度調べてもらう事に。

 

 

詳しく調べてもらった結果、すい臓に何らかの問題が発生しているらしい。
けれど今現在エコーでは何も確認出来ず、腫瘍があるとかではないらしい。
もしかしたら出来かかっているとか、そういうレベル。

 

インシュリンの量が多いため、血糖がコントロール出来なくなっているのだろう。
食欲低下もストレスだけでなく、何らかの原因があるようだ。

 

 


そこで獣医さんに薬をすすめられる。
はっきりした原因がないけれど、とりあえず血糖をコントロールしましょう、と。

 


副腎皮質ステロイド剤。

 

 


正直、私はこの薬を使う事に抵抗を示した。
色々習ったり、話を聞いた事があるけれど出来れば使いたくないと常々思っていたので一度は断った。

 

原因がわかっていて必要ならば仕方ないけれど、わからないのに一応で使うなんて。

 

 


けれど。
そう決心した晩に発作を起こしたのを見て、悩んだ。

白斗にとってどちらが良いのか。

 

 


低血糖の発作はとても苦しいだろう。
死の危険だってある。
私達が不在の時に起こってしまったら間違いなく苦しんで死んでしまうだろう。

 

 

薬の副作用はどうだろう。
咽喉が異常に渇いたり、鬱っぽくなったりとこれも苦しい思いをするには違いない。
けれど、死の危険は減る。

 

 


悩みに悩みぬいて、薬を出してもらった。

 

 


やっぱり薬ってすごいなと思う。
日々、研究してくれている人に感謝と尊敬でいっぱいだ。

 

 


今までどんなに頑張っても80いかなかった血糖が、食前で110にもあがった。
これで発作の心配はなくなった。
ご飯も半分も食べれなくなっていたのが、全部食べる事もある。

 

 

本当に薬ってすごい。

 

 


けれど、良く効く良い薬には副作用だってある。

 


元気がなくなり、いつも尻尾を垂らして歩きだるそうに横になっている事が多い。
時々落ち着きなく涼しい所を探す。
何よりものどが渇くらしく、ものすごい量の水を飲むようになった。
そしておしっこが1時間ももたず、お漏らしをするようにもなってしまった。
息も荒いのが見ていて辛くなる。
足の運びも悪く、後ろ足がクロスしたまま前にすすまない。

 

 

あんなに大らかで元気で明るかった白斗が、いつ見てもだるそうに横になっている。
(後から白斗の薬の量が原因不明にもかかわらず高容量だったため、危ない状態だった事が判明、気がついて減量してもらって落ち着いたもののALP値が3000↑) ]

 

 

病気って辛い。

 

 

代われるものなら本当に代わりたい。
自分だったら薬や治療を選択する事も出来るし、辛い時は文句を言ったり八つ当たりだって出来る。

 

 

 


でも。
このコ達は耐えるしかないのだ。

 

こんなに小さな体で。

 

 

これからずっと血液検査や薬で様子を見て、経過を追っていく事になる。

 

 

薬の量や投与の仕方、説明不足に対して病院には不信感を持ってしまったものの、そんな事言ってられない。
選べるだけ病院もない。

 

それならば私達も勉強して、白斗を守りつつ獣医と一緒に治していくしかないのだ。

 

 

 


一番辛いのは白斗。
その白斗が乗り越えられるよう、そしてまた一緒に元気に走り回れるよう少しでも支えにさせてもらいたいと思う。

 

 


いつか治る、という希望を持って。

 


頑張ろうね、白斗。

 

 

P1030588.JPG

 大事な血糖測定キット

 

 

P1040505.JPG

 また走り回る姿が見られますように

 

 

このブログは皆様の笑顔と
  押してくれるまで見てる(小冬)
    ポチッと応援で成り立っています。
2009.06.05 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


ranking
ブログランキングに参加中
ポチポチっと応援お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター

現在の閲覧者数:
ブログ内検索
登場人物

小白:これを書いている人物。慣れない子育てもはや2年。相変わらずの妄想癖で数々のピンチやら何やらを乗り越える。根っからの貧乏性&心配性。
【特技】妄想癖(得意分野は貧乏ごっこ、家族の心配)暴走し過ぎて夫に迷惑をかけるのが定番
【趣味】夫いぢめ
【宝物】家族


●夫:24時間365日家族の事を想い家族のために尽くすドM、じゃなくて心優しいパパ。現実主義者ゆえ冷たく見られがちだが海のような広さの心の持ち主。
【特技】息子のご機嫌取り
【趣味】息子の目を盗みわずかな時間いじるPC
【宝物】息子


●息子:この世に出てきてわずか2年足らずで小白家のみんなのハートをがっちり掴んで離さないニクイやつ。父譲りのクールで超マイペースな所に母の大雑把さと頑固さを併せ持つ幼児。
【特技】あやしいダンス
【趣味】色やら数やらをひたすら言う、もしくは人に言わせる。
【宝物】オモチャ、アイタッチ


●小冬(コフユ):小白家の警察&ムードメーカー&ルールブック。老いてますます血気盛んな所におおざっぱさが加わりますますオヤジ化するもラブリーさは変わらず小白が溺愛する娘。スピッツ9才。
【特技】取締り
【好き】チーズ、レバー、特定のオヤツ、ママちゃ



●白斗(ハクト):2年前よりインスリノーマを患う。どうすればパパたんを独り占めできるか日々研究中。大らかで優しい息子。テンション高く時々倒れるのがたまにキズ。スピッツ8才。
【特技】低血糖発作からの生還
【好き】パパたん、弟ちゃん、チーズ、オヤツ全般、散歩



●レオ:2011年10月26日永眠。享年12才



●ベガ:小白家猫組唯一の女の子。寄る年波に勝てずあちこちガタが来つつも頑張っている11才。小白にペット霊園の話を出された途端蘇ったフェニックスキャット。
【特技】1日1嘔吐
【好き】猫缶、口に入るもの全部



●タロ:老婆宅にセラピーキャットとして修行中



●ふじ:小白家猫組末っ子。もうすぐシニアなのにいつまでも仔猫扱いの6才。いつまでも冒険心とドキドキを忘れないピーターパンキャット。
【特技】チキンレース
【好き】白斗、弟ちゃん、シニア用猫缶



STOP!ノーリード
小白の書棚

アタゴオルは猫の森
アタゴオルは猫の森 1 (1) (MFコミックス)
ますむら ひろし 著


こむぎ日和
こむぎ日和 お散歩できないダメダメ編 (クイーンズコミックス)
芳成 香名子 著


綿の国星
綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)
大島 弓子 著


ハルとソラとのミニチュアな日々
ハルとソラとのミニチュアな日々
たかはし みき 著


Dr.ノムラの犬の悩み相談所
Dr.ノムラの犬の悩み相談所 (Inu to Issho ni Series)
野村 潤一郎 著


犬用救急箱の中身
●犬猫用の体温計
先端フレキシブルで安全設計
犬猫用フレキシブル体温計

●簡易血糖測定器
簡易血糖測定器
あし@

検索
QLOOKアクセス解析 出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。