スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


猫飯騒動
カテゴリ:ねこ

DSC_6501.JPG これ、安い缶詰だね

 

朝からレオが騒いでいるのを見てちょっと焦った。

 


3年前にレオは尿路結石になり大変苦しい思いをした。

その時の騒ぎように少し似ていたのだ。

 

その日は突然やってきた。
レオがいきなり家の中を走り出し、地の底から響くような声で苦しがり始めた。
心配して寄ってきたベガ達に「シャー」と威嚇し襲い掛かる始末。

 

「レオ・・・」と声をかけると目を大きく見開きご丁寧に恐ろしい声のまま返事をする。

 

 


驚いた私達はすぐさま動物病院に連れて行った。

尿路結石の診断はついたものの、幸い初期段階で発見したため命に別状はなかった。

 

 

が。

療法食になるという。

 

 

 


ガビョーン。

 

 

 

 


療法食 1キロ3000円ナリ

 

 

 

 

 

わお。

 

 

 

1キロなんてあっという間になくなるのに?

 

 

 

 

 

しかも、我が家の猫達は朝夕2回という食事の習慣がない。

 

 


何度も改善しようと挑戦したのだが、レオが独り占めして食べてしまい他の猫達が思うように食べられないのだ。
朝の忙しい時間は人間もつききりでいられないし。

 

 

しばらく1日2食を試してみたものの、案の定気の弱いタロが痩せ細ってきた。

 

止むを得ず、缶詰の他に補助食としてカリカリを1日出してある。

 

 


だから、みんな一緒のカリカリなのだ。

 

 

 

 

なのに。

 

 

 

 


3000円。

 

 

 

リピートアフターミー。

 

 

 

 

 

3000円。

 

 

 

でも。

普通のカリカリを入れておくとレオが食べてしまうので選択の余地はない。

 

 

案の定みんな喜んで療法食を食べようとする。

 

 

ふじなんてシニア食とかドッグフードとか療法食が大好きなのだ。
普通のカリカリを出すと 『それ嫌だ、高いの出せ』 と言うようになった。

 

 

 

 


人間と猫の根競べである。
だが、長い事普通のカリカリを出しておく事が出来ない。
レオがいついかなる時も狙っているのだ。

 

 

 

獣医さんにも相談してみたが、治療が必要でもない猫に治療食ばかり食べさせるのは良い事ではないとも言われてしまった。

 

 

 

 

むむぅ。

 


高いカリカリがあっという間になくなる上に、それが推奨する事ではないなんて。
踏んだり蹴ったりである。
いくら高くても体のために素晴らしく良いのなら私も諦めるのだが。

 

 

 

 

 

長い戦いが続いた。

 

 

そしてある日、ホームセンターで療法食の半分のお値段で尿路結石予防のカリカリを見つけた。

 

 

 

 


戦いは終わりを告げ、不満を持ちつつも猫達はそのカリカリを食べている。
あんまり美味しくないらしい。

 

 

 

 


予防って大事である。

 

新しいご飯と、病院の完璧な対応のおかげでレオの病状も安定し、束の間のセレブ食も終わりを告げたのであった。

 

 

DSC_6504.JPG

高い缶詰食いて~

 

このブログは皆様の笑顔と
  押してくれるまで見てる(小冬)
    ポチッと応援で成り立っています。
2009.07.23 / コメント:: 12 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
ranking
ブログランキングに参加中
ポチポチっと応援お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター

現在の閲覧者数:
ブログ内検索
登場人物

小白:これを書いている人物。慣れない子育てもはや2年。相変わらずの妄想癖で数々のピンチやら何やらを乗り越える。根っからの貧乏性&心配性。
【特技】妄想癖(得意分野は貧乏ごっこ、家族の心配)暴走し過ぎて夫に迷惑をかけるのが定番
【趣味】夫いぢめ
【宝物】家族


●夫:24時間365日家族の事を想い家族のために尽くすドM、じゃなくて心優しいパパ。現実主義者ゆえ冷たく見られがちだが海のような広さの心の持ち主。
【特技】息子のご機嫌取り
【趣味】息子の目を盗みわずかな時間いじるPC
【宝物】息子


●息子:この世に出てきてわずか2年足らずで小白家のみんなのハートをがっちり掴んで離さないニクイやつ。父譲りのクールで超マイペースな所に母の大雑把さと頑固さを併せ持つ幼児。
【特技】あやしいダンス
【趣味】色やら数やらをひたすら言う、もしくは人に言わせる。
【宝物】オモチャ、アイタッチ


●小冬(コフユ):小白家の警察&ムードメーカー&ルールブック。老いてますます血気盛んな所におおざっぱさが加わりますますオヤジ化するもラブリーさは変わらず小白が溺愛する娘。スピッツ9才。
【特技】取締り
【好き】チーズ、レバー、特定のオヤツ、ママちゃ



●白斗(ハクト):2年前よりインスリノーマを患う。どうすればパパたんを独り占めできるか日々研究中。大らかで優しい息子。テンション高く時々倒れるのがたまにキズ。スピッツ8才。
【特技】低血糖発作からの生還
【好き】パパたん、弟ちゃん、チーズ、オヤツ全般、散歩



●レオ:2011年10月26日永眠。享年12才



●ベガ:小白家猫組唯一の女の子。寄る年波に勝てずあちこちガタが来つつも頑張っている11才。小白にペット霊園の話を出された途端蘇ったフェニックスキャット。
【特技】1日1嘔吐
【好き】猫缶、口に入るもの全部



●タロ:老婆宅にセラピーキャットとして修行中



●ふじ:小白家猫組末っ子。もうすぐシニアなのにいつまでも仔猫扱いの6才。いつまでも冒険心とドキドキを忘れないピーターパンキャット。
【特技】チキンレース
【好き】白斗、弟ちゃん、シニア用猫缶



STOP!ノーリード
小白の書棚

アタゴオルは猫の森
アタゴオルは猫の森 1 (1) (MFコミックス)
ますむら ひろし 著


こむぎ日和
こむぎ日和 お散歩できないダメダメ編 (クイーンズコミックス)
芳成 香名子 著


綿の国星
綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)
大島 弓子 著


ハルとソラとのミニチュアな日々
ハルとソラとのミニチュアな日々
たかはし みき 著


Dr.ノムラの犬の悩み相談所
Dr.ノムラの犬の悩み相談所 (Inu to Issho ni Series)
野村 潤一郎 著


犬用救急箱の中身
●犬猫用の体温計
先端フレキシブルで安全設計
犬猫用フレキシブル体温計

●簡易血糖測定器
簡易血糖測定器
あし@

検索
QLOOKアクセス解析 出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。