スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


恥ずかしい話
カテゴリ:未分類

 P1060814.JPG ふじっこの恥ずかしい格好  

 


最近あった私の恥ずかしい話。

 

数日前、なかなか寝ずにぐずる息子をちょっと置いて犬達のオシッコをさせに行った時の事。

 

息子を置いているのでとにかく焦りまくっていた私。
最初に小冬を外に出し、オシッコをさせた。

 

戻ってきて、玄関から白斗を呼んだ。

 

いつもどおりの声で呼んでも来ない。
2回3回と少々声を大きくして呼ぶ。

 

 

やっぱり来ない。

 

 

結構大きな声で 「ぽっくん!ハック、白斗!!!」 と呼んでみたけれどやっぱり来ない。

 

 

全身から血の気が引いた。

 

 

そういえば、さっき洗面所で横になってたけど息してたっけ?
確認するのを忘れてた。

 

いつもはちゃんとするのに。

 

 

 

(あらぬ事を想像中)

 

 

 

 

 

(゚д゚;)

 

 

 

 


うわぁぁぁ、はく~!はくったらはぐ~~~~~~!

 

 

 

 

大きな声で呼びながら家の中に走りこむ。
足がもつれて思いきり転んでしまった。

 

白斗の姿が見えず焦った私は、涙と鼻水とヨダレを垂らしちょっと怪しい人になりつつ這うようにして洗面所へ。

 


すると。

 

「うっるさいなぁ、ぽっくんお昼寝中なのにぃ」 と左のほっぺたに思いっきり寝癖をつけた白斗が出てきた。

 

 

気が抜けて座り込む私。
あとから見ると膝が擦りむけて、青痣が出来ていた。

 

今思い起こしてみると、気がふれたように家の中を大声を出しながらずるずるとホフク前進する30女…。

 

 

ああ。
息子の記憶に残っていませんように。

 

 

 


私の恥ずかしい事は日常の中でたくさんある。

 

年をとったせいで爪がものすごく硬くなってきた私は、やっと寝かしつけた息子を爪きりの音で起こしてしまったり。

 

思わず 「エヘヘヘ…ヘヘ。起こしちゃったねぇ。どんだけ硬いっちゅう話さ…」 とボソボソと小声で自分に突っ込んでみる。

 

 

 

その前の日には、息子に乳をやりながら鼻くそほじりに熱中してしまい、大口を開けてほじっていた。
以前と同じように大物と格闘していたのだ。

 

すると、なんだか視線を感じた。
ふと見ると、息子が乳を飲みながら真剣な表情で私の指を見ている。

 

目が合うと、ニヤリとされた。

 

 

おおぉぉぉ。

 

 

どうしよう。
息子の始めての記憶がこれだったら。

 

母ちゃんの鼻くそほじり熱中状況だったらあまりにも可哀想過ぎる。

 

 

 


最近で一番恥ずかしかったのは、風呂から上がり息子に乳をやり終わり、ようやく寝かしつけた時に夫とちょっと小競り合いになった。

 

その時に文句を言って興奮していた私は、何気なく自分の姿を見て驚いた。

 

片方の乳がベロリと出ているではないか。
しかも下半身はガードルのみ。

 

おまけにちょっぴり中古品(つまりボロ)

 

むおぉぉぉ、よりによってこれだよ。

可愛くてオサレなのを買ったばかりなのに。

 

そんな私の姿を何とも思わず反論する夫。

 

 


ちょっと待って。
これって気にならないの?

 

当たり前なの?

 

これをスタンダードと出来る夫はどうなの?

 

 

って言うか、小白=この格好って事?

 

 


でも、これで小競り合いを中断するわけには行かない。
女がすたるってもんだ。

 

 

さりげなく乳をしまい、ガードルを上着で隠しながら文句を言い続ける私。

 

 

 

ああぁぁ。

 

 

 

いかに普段恥ずかしい格好をしてるかってこった。


も少し気をつけよう。

 

 


ケンカして仲直りした後も、夫は私の姿について何も言わず平然としていた。

 

やっぱりこれが基本形って事らしい。

 

まずは 「服を着なさい」 と言われるくらいに進化したいものだ。

 

 

P1060550.JPG

カーテンをあけるふじっこのせいで外の人と目が合うのも恥ずかしい

 

2009.10.05 / コメント:: 6 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
ranking
ブログランキングに参加中
ポチポチっと応援お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター

現在の閲覧者数:
ブログ内検索
登場人物

小白:これを書いている人物。慣れない子育てもはや2年。相変わらずの妄想癖で数々のピンチやら何やらを乗り越える。根っからの貧乏性&心配性。
【特技】妄想癖(得意分野は貧乏ごっこ、家族の心配)暴走し過ぎて夫に迷惑をかけるのが定番
【趣味】夫いぢめ
【宝物】家族


●夫:24時間365日家族の事を想い家族のために尽くすドM、じゃなくて心優しいパパ。現実主義者ゆえ冷たく見られがちだが海のような広さの心の持ち主。
【特技】息子のご機嫌取り
【趣味】息子の目を盗みわずかな時間いじるPC
【宝物】息子


●息子:この世に出てきてわずか2年足らずで小白家のみんなのハートをがっちり掴んで離さないニクイやつ。父譲りのクールで超マイペースな所に母の大雑把さと頑固さを併せ持つ幼児。
【特技】あやしいダンス
【趣味】色やら数やらをひたすら言う、もしくは人に言わせる。
【宝物】オモチャ、アイタッチ


●小冬(コフユ):小白家の警察&ムードメーカー&ルールブック。老いてますます血気盛んな所におおざっぱさが加わりますますオヤジ化するもラブリーさは変わらず小白が溺愛する娘。スピッツ9才。
【特技】取締り
【好き】チーズ、レバー、特定のオヤツ、ママちゃ



●白斗(ハクト):2年前よりインスリノーマを患う。どうすればパパたんを独り占めできるか日々研究中。大らかで優しい息子。テンション高く時々倒れるのがたまにキズ。スピッツ8才。
【特技】低血糖発作からの生還
【好き】パパたん、弟ちゃん、チーズ、オヤツ全般、散歩



●レオ:2011年10月26日永眠。享年12才



●ベガ:小白家猫組唯一の女の子。寄る年波に勝てずあちこちガタが来つつも頑張っている11才。小白にペット霊園の話を出された途端蘇ったフェニックスキャット。
【特技】1日1嘔吐
【好き】猫缶、口に入るもの全部



●タロ:老婆宅にセラピーキャットとして修行中



●ふじ:小白家猫組末っ子。もうすぐシニアなのにいつまでも仔猫扱いの6才。いつまでも冒険心とドキドキを忘れないピーターパンキャット。
【特技】チキンレース
【好き】白斗、弟ちゃん、シニア用猫缶



STOP!ノーリード
小白の書棚

アタゴオルは猫の森
アタゴオルは猫の森 1 (1) (MFコミックス)
ますむら ひろし 著


こむぎ日和
こむぎ日和 お散歩できないダメダメ編 (クイーンズコミックス)
芳成 香名子 著


綿の国星
綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)
大島 弓子 著


ハルとソラとのミニチュアな日々
ハルとソラとのミニチュアな日々
たかはし みき 著


Dr.ノムラの犬の悩み相談所
Dr.ノムラの犬の悩み相談所 (Inu to Issho ni Series)
野村 潤一郎 著


犬用救急箱の中身
●犬猫用の体温計
先端フレキシブルで安全設計
犬猫用フレキシブル体温計

●簡易血糖測定器
簡易血糖測定器
あし@

検索
QLOOKアクセス解析 出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。