スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


甘えん坊ぽっくん
カテゴリ:いぬ

 P1070321.JPG 本当の末っ子はぽっくんだもん


 

こんな事を書くのは悪口を書くようで気がひけるけれど、これは私にとって家族への愛の記録だから書いちゃうけれど。

 

白斗ってば甘えん坊でかなりの大袈裟君だったりする。

 

以前からそういう傾向があるのは気がついていた。

 

ああ、この子の性格なんだなーくらいにしか思っていなかったけれど。

 

年を重ねるにつれて、甘えん坊も大袈裟君も強烈になったような気がする。

 

 


まず、自分の事を未だに仔犬だと思っているフシがある。
まったくもって図々しい。

 

現在15キロもあるのに、人の膝に無理無理乗って来るのだ。
それどころか服の中に入ろうとしたり、体育座りしている足の隙間に入ろうとしたりまでする。

 

けれど、結局足もデカイし体もデカイので膝に乗り切れる訳がなく、足の肉を踏んで怒られるのだ。

 

この不器用さが白斗の可愛い所だけれど。

 

最近病気をしてからこういう事も減ったけれど、調子の良い時は弟ちゃんに張り合うべく本領を発揮する。

 

 


そして。
白斗と言えば大袈裟、大袈裟といえば白斗なのだ。

 


もともと体が弱い白斗はしょっちゅう病院のお世話になるのだけど。
特に爪や歯がおそろしく弱い。

 

爪が割れたり、歯が割れたりというのは緊急で命に関わるのは少ないものの、白斗にとっては大病なのだ。

 

以前、爪が割れた時に夫が 「ハク、大丈夫か?」 と顔を覗き込むと突然パタリと倒れ目を閉じて動かなくなった。

 

 


今まで普通に歩いていたのに。
様子を見ようと立ち上がらせると歩けなくなっている。

 

うっすらと薄目を開けて 『ああ、ぽっくんもうダメだ』 と言わんばかりに。

 

苦笑する私達。

 

それでいて病院に連れて行くと、大喜びで静止も聞かずズンズンと院内に入って行き、大きな口をカパッと開けて、尻尾をちぎれんばかりに振って愛想をふる。

 

挙句にドッグランで元気に走り回ってるし。

 

あれ?爪は?みたいな。

 

余裕があるのだ。

 

 

 

ついこの間、久しぶりに札幌に行く事になった。
本当にしばらくぶりで、前日なんか興奮して眠れなかったほど楽しみだった。

 

子連れは大変だけど、絶対に行って楽しんでやると企んでいたら。

 

それが伝わったのだろう。

 

朝一で白斗が吐いた。

 

 

しかもご飯を食べようとしない。
ヨボヨボとおじいちゃんのように歩き、パタリと横になったまま息を荒くして薄目を開けている。

 

慌てて血糖を測ったけれど、いつもと同じくらいだった。

 

低血糖ではなくて安心した。

 

 

でも。

 


白斗の今の状態でご飯を食べないとなると、絶対に目を離す事は出来ない。
夫が半べそをかいて 『今日は中止にしよう』 と言った。

 

 

仕方ない。
同じく半べそをかきつつ納得する私。

 

準備していた息子の着替えなどを片付ける。

 

その途端、あげたオヤツをむっしゃむしゃと食べ始めた白斗。
しかも若者のようにキビキビ歩いている。

 


ちょっぴりムッとした私を見た夫が、慌てて 『いや、多分本当に調子悪かったんだろうし、もしこの後吐いたら間違いなく低血糖起こして命に関わるし、大事をとろう』 と言った。

 

そっか。
留守中に吐いたら間違いなく死んじゃうだろう。

 

たまたま今だけ調子が治ったのかも、と無理矢理納得するワタクシ。

 

 

と。

 

 

その後の散歩も鼻歌が聞こえて来そうな程有頂天で走り回る白斗。
地に足もついちゃいない。

 

 

吐くどころか何度もおやつをねだり始める。
そりゃそうだ。

 

ご飯食べてないもの、腹だって減るよね。

 

 


あまりに調子に乗っていて夫に怒られるほどだった。

 

 


くうぅ。
してやられた。

 

 


いや、多分本当に寂しくて調子が悪くなっちゃったんだろう。

 

でもさ、こっちも何ヶ月も前から楽しみにしていたんだからせめてその気持ちを汲み取って欲しかったナリ。

 


例えば散歩を少し控えめにシャナリシャナリ歩くとかさ。

 

 

 

まあ、いいか。

 

白斗のこういう甘えや大袈裟にも振り回されて、何ヶ月前からの楽しみを中止に出来る自分達は結構好きだし。

 


病気でションボリされているより、こんな事をしている白斗を見る方が幸せなのだ。

 

 

『きっとよそのワンちゃんもこういう事あるんだろうねぇ』 という夫も嫌いじゃないし。

 


P1070333.JPG

だってさ、ぽっくんホントに調子悪かったんだもん

 

 

2009.11.24 / コメント:: 14 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
ranking
ブログランキングに参加中
ポチポチっと応援お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター

現在の閲覧者数:
ブログ内検索
登場人物

小白:これを書いている人物。慣れない子育てもはや2年。相変わらずの妄想癖で数々のピンチやら何やらを乗り越える。根っからの貧乏性&心配性。
【特技】妄想癖(得意分野は貧乏ごっこ、家族の心配)暴走し過ぎて夫に迷惑をかけるのが定番
【趣味】夫いぢめ
【宝物】家族


●夫:24時間365日家族の事を想い家族のために尽くすドM、じゃなくて心優しいパパ。現実主義者ゆえ冷たく見られがちだが海のような広さの心の持ち主。
【特技】息子のご機嫌取り
【趣味】息子の目を盗みわずかな時間いじるPC
【宝物】息子


●息子:この世に出てきてわずか2年足らずで小白家のみんなのハートをがっちり掴んで離さないニクイやつ。父譲りのクールで超マイペースな所に母の大雑把さと頑固さを併せ持つ幼児。
【特技】あやしいダンス
【趣味】色やら数やらをひたすら言う、もしくは人に言わせる。
【宝物】オモチャ、アイタッチ


●小冬(コフユ):小白家の警察&ムードメーカー&ルールブック。老いてますます血気盛んな所におおざっぱさが加わりますますオヤジ化するもラブリーさは変わらず小白が溺愛する娘。スピッツ9才。
【特技】取締り
【好き】チーズ、レバー、特定のオヤツ、ママちゃ



●白斗(ハクト):2年前よりインスリノーマを患う。どうすればパパたんを独り占めできるか日々研究中。大らかで優しい息子。テンション高く時々倒れるのがたまにキズ。スピッツ8才。
【特技】低血糖発作からの生還
【好き】パパたん、弟ちゃん、チーズ、オヤツ全般、散歩



●レオ:2011年10月26日永眠。享年12才



●ベガ:小白家猫組唯一の女の子。寄る年波に勝てずあちこちガタが来つつも頑張っている11才。小白にペット霊園の話を出された途端蘇ったフェニックスキャット。
【特技】1日1嘔吐
【好き】猫缶、口に入るもの全部



●タロ:老婆宅にセラピーキャットとして修行中



●ふじ:小白家猫組末っ子。もうすぐシニアなのにいつまでも仔猫扱いの6才。いつまでも冒険心とドキドキを忘れないピーターパンキャット。
【特技】チキンレース
【好き】白斗、弟ちゃん、シニア用猫缶



STOP!ノーリード
小白の書棚

アタゴオルは猫の森
アタゴオルは猫の森 1 (1) (MFコミックス)
ますむら ひろし 著


こむぎ日和
こむぎ日和 お散歩できないダメダメ編 (クイーンズコミックス)
芳成 香名子 著


綿の国星
綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)
大島 弓子 著


ハルとソラとのミニチュアな日々
ハルとソラとのミニチュアな日々
たかはし みき 著


Dr.ノムラの犬の悩み相談所
Dr.ノムラの犬の悩み相談所 (Inu to Issho ni Series)
野村 潤一郎 著


犬用救急箱の中身
●犬猫用の体温計
先端フレキシブルで安全設計
犬猫用フレキシブル体温計

●簡易血糖測定器
簡易血糖測定器
あし@

検索
QLOOKアクセス解析 出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。