スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


反省
カテゴリ:その他

P1080027.JPG ぽっくん達が守ってやるからな

 

 

この1週間、おそらく自分史の中で一番余裕がなかった。

 

変な焦りや自信のなさ、疲れや体の不調、人間関係の難しさでこれ以上ないって程落ち込んでいた。

 

こうなると悪い思考がどんどん働いて<私はいなくても良いのかも>とか<私は嫌われてる>などと超ド級ネガティブコースまっしぐらになるので、早々に抜け出すしかないのになかなか抜け出せず、かなりウザイ人になっていたのだけど。

 

 


そんな所に息子が丸二日昼寝をせず、ぐずぐずと1日中ぐずる日が続く。

 

こうなると、ずっと抱きっぱなしで揺すりながら乳をやらないと泣き止まない。
ちょっとでも下に降ろそうものなら大変な事になってしまう。
しかも揺するのも上下左右と高度なファジー機能を要求される。

揺らしながら乳をやるのはこれまた高度なテクなのだ。

 


それを日中だけで軽く4時間。

 

抱っこヒモやおんぶヒモがNGなのが、また泣かせる。
ちょっとした修行僧気分だ。

こっちが大泣きしたくなる。

 

一度負けないで大泣きしてみたけれど、それに負けじと大声で泣かれてまんまと敗退してしまった。

 

ようやっとウトウトしたと思ったら、私の腹がググゥとアホな音を立ててしまいまた振り出しに戻ってしまう。

 

 

そんなわけで。
8キロをずっと抱っこしていると肩と腰が壊れてしまった。
右手なんてお願いもしていないのに 「いつでもシェイクOKよ」 とばかりに痙攣がとまらない。  

 


そんな所に持ってきて、小冬が 『ママちゃー、オシッコ出ちゃうー、漏れちゃうよー』 と来るので泣いている息子を置いて慌てて連れて行くと 『エヘッ、ホントは出ないの、ウソだもーん』 とやったりする。

 

ダイエットのため、オヤツが減った小冬はオシッコの後のちっちゃなオヤツをもらおうとして、演技するようになったのだ。

息子が産まれてからオヤツで愛情を試すような部分もあるし。

 


息子のそれと小冬のそれが何度も重なったのと、自分の落ち込みが合わさってとうとうキレてしまった私。

 

つい息子に大きな声で 「そんなに寝ないと大きくなれないんだよ、少しは寝る努力をしなさいよ、眠くなるまで一人で遊んでなさい」 と怒ってしまった。

そして、ご飯支度以外では一人にさせないのに、5分ほどベッドにほったらかしてしまった。

 

横でニヤニヤ見ている小冬には 「オヤツで愛情を試すんだったらオヤツいっぱいくれるヨソのお家の子になれば良いじゃん」 と言ってはいけない事まで言ってしまった。

 

 

最悪だ。

 

 


いくら余裕がないとは言えサイテーだ。
今振り返ると自分に死んじゃえとさえ思う。

 

こんなに史上最強超嫌な奴になっても良いものだろうか。
いや、ダメだろう。

 


自分で言った言葉に傷つき、ますます落ち込む私。
夫にまで八つ当たりする。

 

 


そして。

 


しばらくして寛大な夫の優しい言葉にようやく立ち直り、息子と小冬に謝った。

 

小冬がヨソのコになるくらいなら私がヨソのママにならなきゃならないだろう。
息子だってこの世に出てきてわずか半年なのだ。
何もかも未熟なのに無茶苦茶言われて可哀想この上ない。

 


自分は大丈夫と思ってもこういう事ってある。

 

多分この先もこういう事をたくさん繰り返して、超最悪嫌なヤツになる事もあるだろう。

 

でも。
自分はもちろん、大切な相手を傷つけないためにももっともっと優しくならなくては。
心を広く持たなくては。

 

かなり凹んだけれど、こういう事があるから幸せだと確認できる部分があるのだと前向きに考えて。

 

 

同じ事を繰り返さない、進化した私になれますように。

 

P1080017.JPG

しょんぼりな二人、パーカーの帽子の中のミッキーがまた泣かせる

 


 

2009.12.25 / コメント:: 12 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
ranking
ブログランキングに参加中
ポチポチっと応援お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター

現在の閲覧者数:
ブログ内検索
登場人物

小白:これを書いている人物。慣れない子育てもはや2年。相変わらずの妄想癖で数々のピンチやら何やらを乗り越える。根っからの貧乏性&心配性。
【特技】妄想癖(得意分野は貧乏ごっこ、家族の心配)暴走し過ぎて夫に迷惑をかけるのが定番
【趣味】夫いぢめ
【宝物】家族


●夫:24時間365日家族の事を想い家族のために尽くすドM、じゃなくて心優しいパパ。現実主義者ゆえ冷たく見られがちだが海のような広さの心の持ち主。
【特技】息子のご機嫌取り
【趣味】息子の目を盗みわずかな時間いじるPC
【宝物】息子


●息子:この世に出てきてわずか2年足らずで小白家のみんなのハートをがっちり掴んで離さないニクイやつ。父譲りのクールで超マイペースな所に母の大雑把さと頑固さを併せ持つ幼児。
【特技】あやしいダンス
【趣味】色やら数やらをひたすら言う、もしくは人に言わせる。
【宝物】オモチャ、アイタッチ


●小冬(コフユ):小白家の警察&ムードメーカー&ルールブック。老いてますます血気盛んな所におおざっぱさが加わりますますオヤジ化するもラブリーさは変わらず小白が溺愛する娘。スピッツ9才。
【特技】取締り
【好き】チーズ、レバー、特定のオヤツ、ママちゃ



●白斗(ハクト):2年前よりインスリノーマを患う。どうすればパパたんを独り占めできるか日々研究中。大らかで優しい息子。テンション高く時々倒れるのがたまにキズ。スピッツ8才。
【特技】低血糖発作からの生還
【好き】パパたん、弟ちゃん、チーズ、オヤツ全般、散歩



●レオ:2011年10月26日永眠。享年12才



●ベガ:小白家猫組唯一の女の子。寄る年波に勝てずあちこちガタが来つつも頑張っている11才。小白にペット霊園の話を出された途端蘇ったフェニックスキャット。
【特技】1日1嘔吐
【好き】猫缶、口に入るもの全部



●タロ:老婆宅にセラピーキャットとして修行中



●ふじ:小白家猫組末っ子。もうすぐシニアなのにいつまでも仔猫扱いの6才。いつまでも冒険心とドキドキを忘れないピーターパンキャット。
【特技】チキンレース
【好き】白斗、弟ちゃん、シニア用猫缶



STOP!ノーリード
小白の書棚

アタゴオルは猫の森
アタゴオルは猫の森 1 (1) (MFコミックス)
ますむら ひろし 著


こむぎ日和
こむぎ日和 お散歩できないダメダメ編 (クイーンズコミックス)
芳成 香名子 著


綿の国星
綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)
大島 弓子 著


ハルとソラとのミニチュアな日々
ハルとソラとのミニチュアな日々
たかはし みき 著


Dr.ノムラの犬の悩み相談所
Dr.ノムラの犬の悩み相談所 (Inu to Issho ni Series)
野村 潤一郎 著


犬用救急箱の中身
●犬猫用の体温計
先端フレキシブルで安全設計
犬猫用フレキシブル体温計

●簡易血糖測定器
簡易血糖測定器
あし@

検索
QLOOKアクセス解析 出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。