スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


犬猫達の加齢
カテゴリ:いぬ と ねこ

DSC_5357.JPG こんなに元気だもんね

 

昨日は白斗の定期検診だったので、小冬も連れて行って診察してもらった。

ずっと書こうと思いつつ、認めるのが嫌で書かなかったのだけれど。

 

小冬がヘンな咳と言うかむせるようになり、咽喉詰まりも増えて異常に寒がるようになっていた。
散歩しているとむせて歩けなくなる事もあって、10キロの小冬を抱えて歩く事もあり、帰ってくると重ねている布団にもぐりこんで寒がっているのだ。

 

夫と甲状腺機能の異常かもね、と話していたのだけど。
他にも気になりつつ口に出せなかったけれど、心臓も気になっていた私。
白斗が心肥大になった時の症状に似ているなぁと気になっていたのだ。

 

この機会にしっかり診てもらおうと決心し、家族総出で受診した。

 

 

結局。

 

白斗の方はインスリノーマの疑いは晴れ、血糖は低めだけれどブドウ糖のコントロールで行こうと言う事になった。

 

長い通院もようやく終わりを告げ、次回は予防接種の時で良いと言われ胸をなでおろした。
ご飯の時間や外出の時間は縛られるけれど、白斗がもう苦しい思いをしないと思うとだいぶん気が楽になった。
治らないかも、と泣いて過ごした日々がウソのようだ。
こんな日が来るなんて。

 

感動している間もなく、小冬の事を告げられる。

 

小冬の方は、白血球、クレアチニン値がわずかではあるが高く次回再検査になった。

咽喉はレントゲンで診てもらった結果狭窄はないものの、わずかに心肥大があるのがわかった。
次回心エコーを勧められる。

 


余談だけれど、小冬も白斗も首輪がキツいと言われ、外した方が良いとアドバイスを受けた。
白斗はきつめかな?とは思っていたけれど、小冬の方は私が神経質くらいチェックして指が5本分位入るほどの余裕があったのだが。

負担をかけてしまっていたのだな、としばし反省して胴輪だけにする事にした。
(万が一の事故を考えて首輪と胴輪での散歩をしていた)

 


甲状腺の方は外注なので、結果が出るまでに数日かかると言う。

 

結局、小冬も白斗も加齢が原因なのは否めないらしい。

 

まだ7歳と6歳じゃん、とふてくされてみたものの認めなくてはならないのだろう。
いつまでも若犬と思っている白斗も年をとっているのだ。

 


我が家の犬猫はレオを筆頭に、1年毎に増えて来た。
だからみんな高齢になりつつあるのだ。

 

その証拠に猫達もあちこち体調を崩しているコもいて、今度はベガが受診予定になっている。

 

 


年をとるのは可哀想な事ではないけれど、寂しい。
老いを受容するのは難しい。

 

その先にあるのが悲しいものだからだろう。
わかっていてもどうにも出来ないし、みんなに公平に訪れるのだとわかっていても。

 

 


弱虫の私はそれを聞いた時に逃げ出したくなった。
一瞬だけれど、犬と暮らした事から目を背けたくなった。

 


受け入れなければとわかっているのに。

 


せめて人間のように外見も年をとってくれたら良いのに、とさえ思う。

 

 

いや。

 


病院に行って良かった。
スペシャリストに現実を突きつけられ、しっかりと考える事が出来たのだと思おう。

 

後悔のないようにたくさん愛して、そして伝えよう。

今受け入れられないのは精一杯伝えていないからだろう。

 

 

小冬の異常なしを祈りつつ、今までの健康に感謝して。

これからの健康を心から願いながら。

 

幸せな時間を一緒に過ごして行こう。

 

 

P1080422.JPG

いっぱい散歩行こうね

 

 

    ポチして頂けると嬉しいです
 ありがとです
  小冬っちって言って。
 感謝です
  僕も可愛いよ。

      ありがとうございました(^.^)  

2010.01.19 / コメント:: 4 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
ranking
ブログランキングに参加中
ポチポチっと応援お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター

現在の閲覧者数:
ブログ内検索
登場人物

小白:これを書いている人物。慣れない子育てもはや2年。相変わらずの妄想癖で数々のピンチやら何やらを乗り越える。根っからの貧乏性&心配性。
【特技】妄想癖(得意分野は貧乏ごっこ、家族の心配)暴走し過ぎて夫に迷惑をかけるのが定番
【趣味】夫いぢめ
【宝物】家族


●夫:24時間365日家族の事を想い家族のために尽くすドM、じゃなくて心優しいパパ。現実主義者ゆえ冷たく見られがちだが海のような広さの心の持ち主。
【特技】息子のご機嫌取り
【趣味】息子の目を盗みわずかな時間いじるPC
【宝物】息子


●息子:この世に出てきてわずか2年足らずで小白家のみんなのハートをがっちり掴んで離さないニクイやつ。父譲りのクールで超マイペースな所に母の大雑把さと頑固さを併せ持つ幼児。
【特技】あやしいダンス
【趣味】色やら数やらをひたすら言う、もしくは人に言わせる。
【宝物】オモチャ、アイタッチ


●小冬(コフユ):小白家の警察&ムードメーカー&ルールブック。老いてますます血気盛んな所におおざっぱさが加わりますますオヤジ化するもラブリーさは変わらず小白が溺愛する娘。スピッツ9才。
【特技】取締り
【好き】チーズ、レバー、特定のオヤツ、ママちゃ



●白斗(ハクト):2年前よりインスリノーマを患う。どうすればパパたんを独り占めできるか日々研究中。大らかで優しい息子。テンション高く時々倒れるのがたまにキズ。スピッツ8才。
【特技】低血糖発作からの生還
【好き】パパたん、弟ちゃん、チーズ、オヤツ全般、散歩



●レオ:2011年10月26日永眠。享年12才



●ベガ:小白家猫組唯一の女の子。寄る年波に勝てずあちこちガタが来つつも頑張っている11才。小白にペット霊園の話を出された途端蘇ったフェニックスキャット。
【特技】1日1嘔吐
【好き】猫缶、口に入るもの全部



●タロ:老婆宅にセラピーキャットとして修行中



●ふじ:小白家猫組末っ子。もうすぐシニアなのにいつまでも仔猫扱いの6才。いつまでも冒険心とドキドキを忘れないピーターパンキャット。
【特技】チキンレース
【好き】白斗、弟ちゃん、シニア用猫缶



STOP!ノーリード
小白の書棚

アタゴオルは猫の森
アタゴオルは猫の森 1 (1) (MFコミックス)
ますむら ひろし 著


こむぎ日和
こむぎ日和 お散歩できないダメダメ編 (クイーンズコミックス)
芳成 香名子 著


綿の国星
綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)
大島 弓子 著


ハルとソラとのミニチュアな日々
ハルとソラとのミニチュアな日々
たかはし みき 著


Dr.ノムラの犬の悩み相談所
Dr.ノムラの犬の悩み相談所 (Inu to Issho ni Series)
野村 潤一郎 著


犬用救急箱の中身
●犬猫用の体温計
先端フレキシブルで安全設計
犬猫用フレキシブル体温計

●簡易血糖測定器
簡易血糖測定器
あし@

検索
QLOOKアクセス解析 出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。