スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


感謝
カテゴリ:いぬ

P1090365.JPG 最近何かとくっついてる2人

 

昨日の夜、犬達の病院に行ってきた。

フィラリアと5種ワクチン、白斗の定期検診をかねて。

 

とても嬉しい事に白斗は血糖も安定しており、このまま行けば長生き出来る事も考えられるらしい。

 

手術が良い結果を招いたのだと思う。
かと言って治った訳ではないし、気を抜く事は出来ないけれど低血糖発作を起こさない限り今日明日にどうにかなってしまうというものではない事は確からしい。

 

院長先生もそう言ってくれたと夫が嬉しそうに話してくれた。

 

夫婦共に<なんとか7月まで生きられるよう頑張ろう>と思っていた時期もあったから本当に嬉しい。

 

確かに今の白斗はどんな事をしても死にそうもない。
本当に嬉しいの一言である。

 

一つ問題なのは、血糖が下がっていないのに具合が悪そうな時がある事。
ぐったりと横になっていたり、吐いたりする事もあるから気をつけなくちゃならない。

 

白斗の場合、何から何まで原因不明だからとりあえず観察するしかないのだ。
私に出来る事は早くに気付いて不快な部分を取り除くしか出来ないのだから。
治ったと信じつつ、この努力は惜しまないで行こう。

 

 


問題なのは小冬だった。
ずっと白斗の事ばかりでついつい後回しになっていたなと思う。

 

小冬の血液データはお世辞にも良いものとは言えないし、心臓には雑音もあった。
年齢的なものもあるらしいけれど、どうやら心臓にちょっとだけ問題があるらしい。

 

心室の壁が厚いため、中がちょっと小さくて心拍数を上げるのに少し負担がかかるらしい。
夫が無理を言って、エコーを撮ってもらうとわずかではあるけれど逆流も認められたと言う。
今は問題視する程ではないにしろ、これが多くなると肺がむくんで苦しくなると言う。

 

どうりでダルそうにしていたはずだ。
今後は経過観察で定期的にエコーを撮ってもらう事になった。

 


最初心雑音があると聞いた時、目の前が真っ暗になり夫の声が聞こえているのに頭に入っていかず、呆然とするしかなかった。

 

エコーを撮ってもらっている間、不安で吐きそうになり気がふれてしまうかと思った。
白斗の結果を聞いても頭に入らず素直に喜ぶ事も出来なかった。

 

 

もうこんな想いばかりするのは嫌だ。

 

白斗の時だけでもうたくさんだ。

 


犬なんてもう一緒に暮らさない、とまで思った。

 

けれど。

 

 


息子を抱いて待っている間、絶対に泣くまいと堪えていたらずっとグズっていた息子がふと私の顔を見上げ目を見つめている。

 

息子を産んで良かった。
一人じゃない、支えがあると言うのはこんなにも嬉しく頼もしい事なのだと実感する。

 

犬達と暮らして来たから息子だって今ここに存在する事を思い出す。
つらいのはほんの一瞬で、いつも楽しい事ばかりで笑わせてもらっているのも忘れちゃいけない。

 


しばらくしてエコーの結果を聞き、心配はあるものの安堵した。

 

 

 


とりあえず。
2頭とも若干の心配はあるものの、良かった。

 

 


今日も生きていてくれる事に感謝だと、心の底から思った。

 

 

 P1090149.JPG

私を強くする存在達 

 

 

      ポチして頂けると嬉しいです
 ありがとです
  小冬っちって言って。
 感謝です
  僕も可愛いよ。

      ありがとうございました(^.^)  

2010.04.23 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


ranking
ブログランキングに参加中
ポチポチっと応援お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター

現在の閲覧者数:
ブログ内検索
登場人物

小白:これを書いている人物。慣れない子育てもはや2年。相変わらずの妄想癖で数々のピンチやら何やらを乗り越える。根っからの貧乏性&心配性。
【特技】妄想癖(得意分野は貧乏ごっこ、家族の心配)暴走し過ぎて夫に迷惑をかけるのが定番
【趣味】夫いぢめ
【宝物】家族


●夫:24時間365日家族の事を想い家族のために尽くすドM、じゃなくて心優しいパパ。現実主義者ゆえ冷たく見られがちだが海のような広さの心の持ち主。
【特技】息子のご機嫌取り
【趣味】息子の目を盗みわずかな時間いじるPC
【宝物】息子


●息子:この世に出てきてわずか2年足らずで小白家のみんなのハートをがっちり掴んで離さないニクイやつ。父譲りのクールで超マイペースな所に母の大雑把さと頑固さを併せ持つ幼児。
【特技】あやしいダンス
【趣味】色やら数やらをひたすら言う、もしくは人に言わせる。
【宝物】オモチャ、アイタッチ


●小冬(コフユ):小白家の警察&ムードメーカー&ルールブック。老いてますます血気盛んな所におおざっぱさが加わりますますオヤジ化するもラブリーさは変わらず小白が溺愛する娘。スピッツ9才。
【特技】取締り
【好き】チーズ、レバー、特定のオヤツ、ママちゃ



●白斗(ハクト):2年前よりインスリノーマを患う。どうすればパパたんを独り占めできるか日々研究中。大らかで優しい息子。テンション高く時々倒れるのがたまにキズ。スピッツ8才。
【特技】低血糖発作からの生還
【好き】パパたん、弟ちゃん、チーズ、オヤツ全般、散歩



●レオ:2011年10月26日永眠。享年12才



●ベガ:小白家猫組唯一の女の子。寄る年波に勝てずあちこちガタが来つつも頑張っている11才。小白にペット霊園の話を出された途端蘇ったフェニックスキャット。
【特技】1日1嘔吐
【好き】猫缶、口に入るもの全部



●タロ:老婆宅にセラピーキャットとして修行中



●ふじ:小白家猫組末っ子。もうすぐシニアなのにいつまでも仔猫扱いの6才。いつまでも冒険心とドキドキを忘れないピーターパンキャット。
【特技】チキンレース
【好き】白斗、弟ちゃん、シニア用猫缶



STOP!ノーリード
小白の書棚

アタゴオルは猫の森
アタゴオルは猫の森 1 (1) (MFコミックス)
ますむら ひろし 著


こむぎ日和
こむぎ日和 お散歩できないダメダメ編 (クイーンズコミックス)
芳成 香名子 著


綿の国星
綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)
大島 弓子 著


ハルとソラとのミニチュアな日々
ハルとソラとのミニチュアな日々
たかはし みき 著


Dr.ノムラの犬の悩み相談所
Dr.ノムラの犬の悩み相談所 (Inu to Issho ni Series)
野村 潤一郎 著


犬用救急箱の中身
●犬猫用の体温計
先端フレキシブルで安全設計
犬猫用フレキシブル体温計

●簡易血糖測定器
簡易血糖測定器
あし@

検索
QLOOKアクセス解析 出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。