スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


小冬の歯
カテゴリ:いぬ

P1100074.JPG  パパちゃが、パパちゃが・・・

 

小冬の歯が折れた。
左の奥歯が。

 

ポッキリと。

 


原因は豚の鼻。

 

小冬の歯を折ったニクイヤツ、と写真を撮るのを忘れてしまったほど怒る私。
「ムキーッ」 とすぐに捨ててしまった。

 

と、言っても豚の鼻に罪はない。
単なる私の監督不行き届きと小冬の歯の老化が原因なのだけど。

 

豚の鼻も八つ当たりされて良い迷惑である。
鼻を提供してくれた豚にも真に申し訳ない。

 


豚の鼻とは、豚鼻を乾燥させて犬のオヤツにしたものである。
以前はずっと豚耳を与えていたのだけど、これまた小冬が咽喉詰まりを起こしたのでしばらく控えていたのだ。

 

けれど、噛むオヤツを控えるとアゴや歯が弱くなると聞いたのでごくたまにこうしてあげていたのだけど。

 

違う意味で歯が弱くなってしまったじゃないか。

 

 

白斗が落ち着いていた少し前の休日、夫がお小遣いをくれたのでとても嬉しくなり息子と犬猫に何か買ってやろうと旭川にお出かけした。

 

そして犬達のお土産を買ったのが運命の分かれ道だったのだ。
いや、この後にも分かれ道はあったのだけど。

 


お土産はミルクチーズケーキと牛革ボール、豚の皮せんべい、そして豚っ鼻←この扱い

 

ミルクチーズケーキを食べさせ、豚っ鼻を渡すと大喜びする小冬と白斗。

 

 


けれど、食べているのは白斗だけ。
そう、例のアレである。


「ハクちゃんが柔らかくしてくれるもーん」 とひたすら待っていた小冬。
30分ほど待ったところで飽きた白斗からヨダレでデロデロベトベトの豚っ鼻を譲り受けた。

 

と、息子が眠っていたので夫が 『うるさいから』 と取り上げようとしたのを鬼の様な形相で睨みつける私。

 

 

息子が起きたって良いじゃないか。
今日は夫もいるのだし。
起きたら君が面倒見たまえ。
小冬からオヤツを取り上げるなんて言語道断である。

 

怯えたウサギのように豚っ鼻から手を離し小冬に渡した夫。

 

コレが運命の分かれ道だったのだろう。

 

 

手渡して数分後、バキバキボキッ!とものすごい音がした。
驚いて走り寄る私。
なんとも言えぬ困ったようなヘンな顔をしている小冬。

 

 


「小冬っち、歯折れたんじゃないの?今の音」 と口の中を覗いてみると特に変わりはない様に見えた。

白斗の歯が折れた時は犬歯だったので、すかさず犬歯とその付近しか見なかったのだ。

 


ああ。
なのに、夜になってから床に悲しげに小冬の歯が落ちているのを発見して気がついた。

 

また手術か?と思ったら本人はさほど気にしておらずしかも処置の必要がないような折れ方なので様子を見る事になった。
左の奥歯でバリバリ食べてるし。

 

口内炎にだけ気をつけよう。

 

と、落ち着いたと同時に言い知れぬ怒りがこみ上げる。
よし、夫に矛先を向けよう。  

 

 

ぬぉおお、夫め。
あの時、私の形相に負けずに取り上げてくれたなら。

 

息子が起きても良いのか。

 

こんにゃろうめ。

 

 

 

などとものすごく勝手な事を一方的に心の中で思いつつ(もちろん口には出さない、と言うか出せない)なんとかこのやるせなさを沈めたのだけど。

 

 

歯も年をとってるのだな。
気をつけてやらなければ。

 

これからは我が家の犬達にあったガムを探してやろう。
可哀相な事をしてしまった。

と反省した。

 

 

けれど、お小遣いをくれた挙句謂れのない言いがかりをつけられた夫が一番可哀相だったかも知れない。

 

 

P1100075.JPG

なーんちゃって、パパちゃごめんねー

2010.07.13 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


ranking
ブログランキングに参加中
ポチポチっと応援お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター

現在の閲覧者数:
ブログ内検索
登場人物

小白:これを書いている人物。慣れない子育てもはや2年。相変わらずの妄想癖で数々のピンチやら何やらを乗り越える。根っからの貧乏性&心配性。
【特技】妄想癖(得意分野は貧乏ごっこ、家族の心配)暴走し過ぎて夫に迷惑をかけるのが定番
【趣味】夫いぢめ
【宝物】家族


●夫:24時間365日家族の事を想い家族のために尽くすドM、じゃなくて心優しいパパ。現実主義者ゆえ冷たく見られがちだが海のような広さの心の持ち主。
【特技】息子のご機嫌取り
【趣味】息子の目を盗みわずかな時間いじるPC
【宝物】息子


●息子:この世に出てきてわずか2年足らずで小白家のみんなのハートをがっちり掴んで離さないニクイやつ。父譲りのクールで超マイペースな所に母の大雑把さと頑固さを併せ持つ幼児。
【特技】あやしいダンス
【趣味】色やら数やらをひたすら言う、もしくは人に言わせる。
【宝物】オモチャ、アイタッチ


●小冬(コフユ):小白家の警察&ムードメーカー&ルールブック。老いてますます血気盛んな所におおざっぱさが加わりますますオヤジ化するもラブリーさは変わらず小白が溺愛する娘。スピッツ9才。
【特技】取締り
【好き】チーズ、レバー、特定のオヤツ、ママちゃ



●白斗(ハクト):2年前よりインスリノーマを患う。どうすればパパたんを独り占めできるか日々研究中。大らかで優しい息子。テンション高く時々倒れるのがたまにキズ。スピッツ8才。
【特技】低血糖発作からの生還
【好き】パパたん、弟ちゃん、チーズ、オヤツ全般、散歩



●レオ:2011年10月26日永眠。享年12才



●ベガ:小白家猫組唯一の女の子。寄る年波に勝てずあちこちガタが来つつも頑張っている11才。小白にペット霊園の話を出された途端蘇ったフェニックスキャット。
【特技】1日1嘔吐
【好き】猫缶、口に入るもの全部



●タロ:老婆宅にセラピーキャットとして修行中



●ふじ:小白家猫組末っ子。もうすぐシニアなのにいつまでも仔猫扱いの6才。いつまでも冒険心とドキドキを忘れないピーターパンキャット。
【特技】チキンレース
【好き】白斗、弟ちゃん、シニア用猫缶



STOP!ノーリード
小白の書棚

アタゴオルは猫の森
アタゴオルは猫の森 1 (1) (MFコミックス)
ますむら ひろし 著


こむぎ日和
こむぎ日和 お散歩できないダメダメ編 (クイーンズコミックス)
芳成 香名子 著


綿の国星
綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)
大島 弓子 著


ハルとソラとのミニチュアな日々
ハルとソラとのミニチュアな日々
たかはし みき 著


Dr.ノムラの犬の悩み相談所
Dr.ノムラの犬の悩み相談所 (Inu to Issho ni Series)
野村 潤一郎 著


犬用救急箱の中身
●犬猫用の体温計
先端フレキシブルで安全設計
犬猫用フレキシブル体温計

●簡易血糖測定器
簡易血糖測定器
あし@

検索
QLOOKアクセス解析 出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。