スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


ふじと息子
カテゴリ:ねこ

P1100656.JPG 足をつかまれても・・・


 

数いる犬猫の中で、息子の一番のお気に入りは意外にもふじだったりする。
いつも一緒に遊んでいる白斗かと思っていたのに。

 

ふじも、おそらく私や夫より息子が一番好きらしい。
まさに相思相愛である。

 

私達にでさえ、時々野性味溢れる対応をするふじっこ。
階段で目が合っただけで威嚇されたり(怖がりだから)撫でようとするとそそくさと逃げたり(小心者だから)なのに。

 

息子には掴まれようがひねられようが踏まれようが蹴られようが叩かれようが、ジッと我慢しながらくっついている。
おまけにゴロゴロ喉まで鳴らして。

 

私達なら間違いなく流血ものだ。

 


これには本当に驚いた。
ふじは絶対に息子の傍に寄ったりしないと思っていたのだ。

 

なのにベビーサークルを取り払った途端、息子の傍にいるようになったふじ。

 

『うふふ~、私を好きならつかまえてみてー』 「あははー、待てよぅコイツぅ」 と波打ち際を走るふじと息子。

 

思わず空想する私。

 

 

ふじだけでなく。


ウチの犬も猫もみんな息子には寛大で優しいらしい。
どうやらこれはあたり前ではないのだと気づいたのが、お盆に実家に行った時に兄宅の猫が居た時の事。

 

兄宅の猫は15才で、すごく元気で気が強いメス猫。

カラスのヒナを狙い、親カラスに頭を突付かれて穴が開いてもヒナを離さなかったと言う強者。


今にも猫又になりそうな頭の良い白猫なのだけど。

 

 

そのコの傍に行き、いつものようにワシワシと掴んだり引っ張ったりした息子。
それを見て姪っ子が 『サビ(猫の名)すごいね、我慢して偉いね!!』 とかなり感動したような大声で言っている。


顔をしかめてひたすら我慢しているサビ。

 

あたり前に思っていた私はその言葉で気がついた。

 

あたり前じゃないんだよな、ウチのコだから我慢してくれてるだけでヨソのコだったら息子はひとたまりもないかも知れない。

 


レオやベガが息子に尻尾を持って逆さにされても、ヒゲを思いきりひっぱられても喉を鳴らして甘えてるのも。
バシバシ叩かれたタロが鳴きながら我慢してるのも。

 

息子にオヤツをとられてもニコニコしながら 「良いよー、弟ちゃん食べなよ、ぽっくんこっちのちっちゃいクズ食べるから」 としている白斗も。

 

苦手な手を握られても、命より大事なオヤツをとられても 『それ以上やったら怒るからね』 と睨んで我慢してる小冬も。

 

あたり前じゃないんだよなぁ。

 

毎度毎度見かねて私が息子に注意して、助ける程の事をされても我慢してくれてるのだ(現在息子には可愛いと撫で撫でするのを伝授中)


とりあえず犬猫が怖い事もあると言うのを教えるのは、小冬姉ちゃんに教育的指導(たまにガブリとやってもらう)しかないのだろうな。

 

 


けれど。
やっぱりふじっこが一番大好きな息子。

 

ずっとふじの傍から離れずニコニコしている。

 

親にでさえ、こんな特上スマイルは滅多に見せずに出し惜しみしていると言うのに。

 

ぬぬぅ、ふじっこめ。

 

私の中でふじっこは、25才は平気で越えると思うのでその時は息子は19歳位。

 

その頃には息子の猫となり、一緒に家を出て二人暮しでもしているかもなぁとこれまた空想する私。

 

 

何にせよ、仲が良い事は良い事だ。
ふじだけでなく。

 

愛する愛でる気持ちを身を持って教えてくれている兄ちゃん姉ちゃんに感謝しよう。

 

 

P1100657.JPG

息子が寝ている時も片時も離れないふじっこ

 

DSC_8647.JPG

おそらく犬達はこんな事をするから嫌がられると思われ…(中心はどつかれてる息子)

 

2010.08.23 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


ranking
ブログランキングに参加中
ポチポチっと応援お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター

現在の閲覧者数:
ブログ内検索
登場人物

小白:これを書いている人物。慣れない子育てもはや2年。相変わらずの妄想癖で数々のピンチやら何やらを乗り越える。根っからの貧乏性&心配性。
【特技】妄想癖(得意分野は貧乏ごっこ、家族の心配)暴走し過ぎて夫に迷惑をかけるのが定番
【趣味】夫いぢめ
【宝物】家族


●夫:24時間365日家族の事を想い家族のために尽くすドM、じゃなくて心優しいパパ。現実主義者ゆえ冷たく見られがちだが海のような広さの心の持ち主。
【特技】息子のご機嫌取り
【趣味】息子の目を盗みわずかな時間いじるPC
【宝物】息子


●息子:この世に出てきてわずか2年足らずで小白家のみんなのハートをがっちり掴んで離さないニクイやつ。父譲りのクールで超マイペースな所に母の大雑把さと頑固さを併せ持つ幼児。
【特技】あやしいダンス
【趣味】色やら数やらをひたすら言う、もしくは人に言わせる。
【宝物】オモチャ、アイタッチ


●小冬(コフユ):小白家の警察&ムードメーカー&ルールブック。老いてますます血気盛んな所におおざっぱさが加わりますますオヤジ化するもラブリーさは変わらず小白が溺愛する娘。スピッツ9才。
【特技】取締り
【好き】チーズ、レバー、特定のオヤツ、ママちゃ



●白斗(ハクト):2年前よりインスリノーマを患う。どうすればパパたんを独り占めできるか日々研究中。大らかで優しい息子。テンション高く時々倒れるのがたまにキズ。スピッツ8才。
【特技】低血糖発作からの生還
【好き】パパたん、弟ちゃん、チーズ、オヤツ全般、散歩



●レオ:2011年10月26日永眠。享年12才



●ベガ:小白家猫組唯一の女の子。寄る年波に勝てずあちこちガタが来つつも頑張っている11才。小白にペット霊園の話を出された途端蘇ったフェニックスキャット。
【特技】1日1嘔吐
【好き】猫缶、口に入るもの全部



●タロ:老婆宅にセラピーキャットとして修行中



●ふじ:小白家猫組末っ子。もうすぐシニアなのにいつまでも仔猫扱いの6才。いつまでも冒険心とドキドキを忘れないピーターパンキャット。
【特技】チキンレース
【好き】白斗、弟ちゃん、シニア用猫缶



STOP!ノーリード
小白の書棚

アタゴオルは猫の森
アタゴオルは猫の森 1 (1) (MFコミックス)
ますむら ひろし 著


こむぎ日和
こむぎ日和 お散歩できないダメダメ編 (クイーンズコミックス)
芳成 香名子 著


綿の国星
綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)
大島 弓子 著


ハルとソラとのミニチュアな日々
ハルとソラとのミニチュアな日々
たかはし みき 著


Dr.ノムラの犬の悩み相談所
Dr.ノムラの犬の悩み相談所 (Inu to Issho ni Series)
野村 潤一郎 著


犬用救急箱の中身
●犬猫用の体温計
先端フレキシブルで安全設計
犬猫用フレキシブル体温計

●簡易血糖測定器
簡易血糖測定器
あし@

検索
QLOOKアクセス解析 出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。