スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


御先祖様への感謝
カテゴリ:その他

P1100570.JPG 我が家の見張り番?

 

いつもいい加減な事ばかり考えている私だけれど、一応息子に対しての母心と言うものがあり、たえず息子の事で一喜一憂していたりする。

 

息子に小白タンばかりくっつけてる訳ではないらしい。

 

お盆の一時期息子が夜驚症(?)なるもののような症状が出るようになった。

 

寝ている時に飛び起きて激しく泣いたり怯えたりする。
睡眠の機能がまだ未熟ゆえ、仕方のない事だと思って対処していたけれど。

 

 

どうにも腑に落ちない部分があるのだ。

 

見ていて可哀相になる程怯える息子、泣き叫びながら私の首にぶら下がりしがみつく。
長泣きが止まず息が止まったり、ひきつけを起こしそうになる。

 

そして、決まっていつも同じ場所を見て怯え取り乱し、そこから逃げようとするのだ。
見えないようにブロックしても首を伸ばしたり、顔を出して見ようとする。

 

怖いもの見たさと言うか、臭いニオイを何度も嗅いでしまうような感覚だろう。

 

しかもろくに喋れないのに 『いやあぁぁぁあ!!』 とハッキリ言ったりする。

 

 


場所はいつも時計をかけてある場所の少し下。

 

あまりにも正確にそこばかり見て怯えるので、私まで怖くなってきた。

 

「やめてよぅ、ママも怖いよぅ」 と言いながら夫の留守中(白斗の受診時)は二人で怯えながら布団をかぶっていたのだけど。

 

 


もう毎日毎日となるといい加減腹が立ってきた。
家鳴りもひどくなってきたし。

触ってもいない息子のアン○ンマンの自動車の音楽が鳴って止まらなくなったり。

(これは無茶苦茶怖くて思わずチビったけど)

 

 

もう勘弁ならぬ。

 

怒髪天をつくという言葉を知らないのか、アホめ。

 

そう思いながら。

 

 

「いい加減腹立つわー、アンタ達さ、こんな一人じゃ何も出来ないチビを脅して何になるのさ?全然意味わからないわっ、そんなちっちゃい事してるからいつまでもそこウロウロしてるんじゃないの?無意味だっつーの。生産性ないから。ふざけんなコラ」 とありったけの罵詈雑言(書ききれない)を心の中に並べ立て、今までこんなに腹を立てた事ないくらい腹を立てた。

 

 

あまりにも腹を立て過ぎて血圧が上がったらしく、頭が痛くなった。

 

息子には 「あのね、パパもママもいるし小冬ちゃんもハクちゃんも守ってくれるから絶対の絶対に大丈夫!」 と言い続けた。

 

 


そして。
「ちょっと、じーちゃんばーちゃん御先祖様。私が産まれた時にはいなかったんだから私すごく寂しい思いしたんだから、その分ひ孫を可愛がってくださいよ」 と心の中で言って見た。

 

 


ら。

 

 

 

息子が玄関の方にバイバイをし始めた。

 

 

 

( Д) ゚ ゚

 

 

 


いやいやいやいや。
怖いから。

 

 

そんなのホントにあると思わないっしょ。

私視えなかったもん。

 

 


でも。
もしかして息子には視えてたのかしら。
赤ちゃんって視えるとか言うし。

 

 


だとしたら相当怖かっただろうな、可哀相に。
ああ、逆恨みされなくて良かった。

 

じいちゃんばあちゃん御先祖様ありがとう。

 

 


息子は安心したのか私の体の上に乗ったまま眠ってしまった。

 

 


すごいパパっ子なのに、この子にとってママは安心できる場所にしてくれてるんだな、としみじみ思ったら愛しくなってギューっとしてしまった。

即効払いのけられたけど。

 

 

実際、時計が人の顔に見えたりだったのかもしれない。

 

けれど、同じ場所を見て泣く事はなくなった。

 

 


こんな不思議な事もあるんだなと思ったら、子供も色々大変なのだなと思うようになった。

 

 

そして無宗教無信仰だけど、一人でも出来るから御先祖様への感謝の気持ちを持つのは忘れないようにしようとも思ったのだった。

 

 


 

P1100644.JPG

ふじも心がキレイなので視えてマス

2010.09.02 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


ranking
ブログランキングに参加中
ポチポチっと応援お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター

現在の閲覧者数:
ブログ内検索
登場人物

小白:これを書いている人物。慣れない子育てもはや2年。相変わらずの妄想癖で数々のピンチやら何やらを乗り越える。根っからの貧乏性&心配性。
【特技】妄想癖(得意分野は貧乏ごっこ、家族の心配)暴走し過ぎて夫に迷惑をかけるのが定番
【趣味】夫いぢめ
【宝物】家族


●夫:24時間365日家族の事を想い家族のために尽くすドM、じゃなくて心優しいパパ。現実主義者ゆえ冷たく見られがちだが海のような広さの心の持ち主。
【特技】息子のご機嫌取り
【趣味】息子の目を盗みわずかな時間いじるPC
【宝物】息子


●息子:この世に出てきてわずか2年足らずで小白家のみんなのハートをがっちり掴んで離さないニクイやつ。父譲りのクールで超マイペースな所に母の大雑把さと頑固さを併せ持つ幼児。
【特技】あやしいダンス
【趣味】色やら数やらをひたすら言う、もしくは人に言わせる。
【宝物】オモチャ、アイタッチ


●小冬(コフユ):小白家の警察&ムードメーカー&ルールブック。老いてますます血気盛んな所におおざっぱさが加わりますますオヤジ化するもラブリーさは変わらず小白が溺愛する娘。スピッツ9才。
【特技】取締り
【好き】チーズ、レバー、特定のオヤツ、ママちゃ



●白斗(ハクト):2年前よりインスリノーマを患う。どうすればパパたんを独り占めできるか日々研究中。大らかで優しい息子。テンション高く時々倒れるのがたまにキズ。スピッツ8才。
【特技】低血糖発作からの生還
【好き】パパたん、弟ちゃん、チーズ、オヤツ全般、散歩



●レオ:2011年10月26日永眠。享年12才



●ベガ:小白家猫組唯一の女の子。寄る年波に勝てずあちこちガタが来つつも頑張っている11才。小白にペット霊園の話を出された途端蘇ったフェニックスキャット。
【特技】1日1嘔吐
【好き】猫缶、口に入るもの全部



●タロ:老婆宅にセラピーキャットとして修行中



●ふじ:小白家猫組末っ子。もうすぐシニアなのにいつまでも仔猫扱いの6才。いつまでも冒険心とドキドキを忘れないピーターパンキャット。
【特技】チキンレース
【好き】白斗、弟ちゃん、シニア用猫缶



STOP!ノーリード
小白の書棚

アタゴオルは猫の森
アタゴオルは猫の森 1 (1) (MFコミックス)
ますむら ひろし 著


こむぎ日和
こむぎ日和 お散歩できないダメダメ編 (クイーンズコミックス)
芳成 香名子 著


綿の国星
綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)
大島 弓子 著


ハルとソラとのミニチュアな日々
ハルとソラとのミニチュアな日々
たかはし みき 著


Dr.ノムラの犬の悩み相談所
Dr.ノムラの犬の悩み相談所 (Inu to Issho ni Series)
野村 潤一郎 著


犬用救急箱の中身
●犬猫用の体温計
先端フレキシブルで安全設計
犬猫用フレキシブル体温計

●簡易血糖測定器
簡易血糖測定器
あし@

検索
QLOOKアクセス解析 出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。