スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


夫と言う人
カテゴリ:

DSC_9503.JPG あいも変わらず息子命の人

 

この間の散歩の時、ある出来事がきっかけで、夫と言う人をじっくり分析してみた。

 

夫はいつも冷静沈着、無駄な事は一切しない現実主義、合理的、そしてとても優しく温厚。
おそらく悪い所もあるのかもしれないけれど、腹黒の私に比べればまさに天使のような存在なのであまり気にならない。

 

ケンカになる事もあるけれど、98%は私が悪いし残りの2%は誤解だったりする。

 


そんな夫を掘り下げて分析した理由と言うのが。

 

 

数日前散歩中。

 『耳に虫が入った』 と耳から虫を掻き出した夫。
よく見るとデカイ耳垢だと思ったのは、蛾らしき物体だった。

 

ちぎれた半身が出てきたのを表情も変えず 『焦った』 と淡々と掻き出している夫。
いやいや、アンタに焦りますよ。
と声も出ず腰が抜けそうになって一人アワアワする私。

 

顔色一つ変えず夫を見守る息子&小冬&白斗。

 

 

「ええぇぇっっっっ?!夫!びっくりしないの?驚かないの?取り乱さないの?うわぁっってならないの?何を考えてそんな淡々としてるの?どんなふうになってるの?」 と矢継ぎ早に畳み掛けるように問う私。

 

『え?いやビックリしてるよ。嫌だなぁって思うし。帰ったら耳掃除しなくちゃって思うし』 と夫。

 


どうやら夫なりに静かにビックリしていたらしい。
一声も出さずに。

 

 

冷静なのもどんだけなのさ。
私だったら大絶叫しながら地の果てまでも走っていって、戻ってきても叫んでるね。
自信ありますよ。

 


そして家に帰ると犬達を玄関に待たせ、黙々と耳をほじり何事もなかったようにしていた夫。

 

ありえないけど、本当にこんな人がいるんだ・・・とガン見する私。

 

いやぁ、12年夫婦やってるけど知らなんだ。

 

 


そういえば夫は、本当にこういう人なんだよな。
例えば夫が 『コーヒー買って来て、何も入ってないブラック』 と言ったとしよう。

 


そこで私がミルクと砂糖たっぷりのカフェオレを買って行ったとしても絶対に怒らない。
『あれ?違うような気がする』 と思ったままそれを飲む。
しかも文句も言わず確認もせず。

 

温厚と言うか無頓着と言うか。

 

 

わからん。

 

 


それと。
我が家の犬猫の病院代は、それぞれのお小遣いから毎月積み立てをしているのだけど。

 

白斗の病気で結構かかるようになったのだけど、夫は私よりかなり多く自分から積み立てしており気がつけば専業主婦の私より少ない小遣いになっていた。

 

 

 

それも何年も気がつかなかった私。
ついこの間夫に何気なく聞いて判明して驚いたのだ。

 


何一つ文句を言わず、恩を売る事もしない夫。

 

絶対に自分からは言ったりもしない。

 

 


おそらく。

 

夫のこういう所の根底にはずっと信仰してきたものがあるのだと思う。
もちろん、生まれ持っての資質や根底を流れる物や家庭環境などなどもあるのだろうけど。

 

けれど、結婚した当初そういう部分が羨ましく疎ましく何度も夫を責めたりもした。

 

その結果夫は信仰するのをやめ、色々苦労させてしまった。

 

 

でも。

今になって。

 

今の夫を創りあげた物として本当に感謝出来るようになった。

 

宗教や信仰は自由だから、私がとやかく言うものではないのだ。
たとえ夫婦でも。

 


今ならあの時の自分がどれ程子供だったか良くわかる。

 

 


だから。

 

この先も私はずっと無信仰無宗教だと思う。
けれど、息子がパパのようになりたい、パパが信じていた物を信じたいと言い出したとしたら。

 

 


賛成出来る母でありたいと思うのだ。

 

P1100846.JPG

「今日は珍しく綺麗にまとめたねー」 『ハクちゃん雪降るよ』

2010.09.16 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


ranking
ブログランキングに参加中
ポチポチっと応援お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター

現在の閲覧者数:
ブログ内検索
登場人物

小白:これを書いている人物。慣れない子育てもはや2年。相変わらずの妄想癖で数々のピンチやら何やらを乗り越える。根っからの貧乏性&心配性。
【特技】妄想癖(得意分野は貧乏ごっこ、家族の心配)暴走し過ぎて夫に迷惑をかけるのが定番
【趣味】夫いぢめ
【宝物】家族


●夫:24時間365日家族の事を想い家族のために尽くすドM、じゃなくて心優しいパパ。現実主義者ゆえ冷たく見られがちだが海のような広さの心の持ち主。
【特技】息子のご機嫌取り
【趣味】息子の目を盗みわずかな時間いじるPC
【宝物】息子


●息子:この世に出てきてわずか2年足らずで小白家のみんなのハートをがっちり掴んで離さないニクイやつ。父譲りのクールで超マイペースな所に母の大雑把さと頑固さを併せ持つ幼児。
【特技】あやしいダンス
【趣味】色やら数やらをひたすら言う、もしくは人に言わせる。
【宝物】オモチャ、アイタッチ


●小冬(コフユ):小白家の警察&ムードメーカー&ルールブック。老いてますます血気盛んな所におおざっぱさが加わりますますオヤジ化するもラブリーさは変わらず小白が溺愛する娘。スピッツ9才。
【特技】取締り
【好き】チーズ、レバー、特定のオヤツ、ママちゃ



●白斗(ハクト):2年前よりインスリノーマを患う。どうすればパパたんを独り占めできるか日々研究中。大らかで優しい息子。テンション高く時々倒れるのがたまにキズ。スピッツ8才。
【特技】低血糖発作からの生還
【好き】パパたん、弟ちゃん、チーズ、オヤツ全般、散歩



●レオ:2011年10月26日永眠。享年12才



●ベガ:小白家猫組唯一の女の子。寄る年波に勝てずあちこちガタが来つつも頑張っている11才。小白にペット霊園の話を出された途端蘇ったフェニックスキャット。
【特技】1日1嘔吐
【好き】猫缶、口に入るもの全部



●タロ:老婆宅にセラピーキャットとして修行中



●ふじ:小白家猫組末っ子。もうすぐシニアなのにいつまでも仔猫扱いの6才。いつまでも冒険心とドキドキを忘れないピーターパンキャット。
【特技】チキンレース
【好き】白斗、弟ちゃん、シニア用猫缶



STOP!ノーリード
小白の書棚

アタゴオルは猫の森
アタゴオルは猫の森 1 (1) (MFコミックス)
ますむら ひろし 著


こむぎ日和
こむぎ日和 お散歩できないダメダメ編 (クイーンズコミックス)
芳成 香名子 著


綿の国星
綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)
大島 弓子 著


ハルとソラとのミニチュアな日々
ハルとソラとのミニチュアな日々
たかはし みき 著


Dr.ノムラの犬の悩み相談所
Dr.ノムラの犬の悩み相談所 (Inu to Issho ni Series)
野村 潤一郎 著


犬用救急箱の中身
●犬猫用の体温計
先端フレキシブルで安全設計
犬猫用フレキシブル体温計

●簡易血糖測定器
簡易血糖測定器
あし@

検索
QLOOKアクセス解析 出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。