スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


息子の人災
カテゴリ:息子

 IMG_1847.JPG いつもは一応仲良し親子

 

男の子を育てて、やっぱり動きが忙しなくて落ち着きがないなぁと改めて思う。

 


確か甥っ子の時もそうだった。

 

姪っ子達はおとなしくしていたので対照的だったのを良く覚えているのだけど。

 

我が息子もほんっとうに落ち着きがないというか、体力があると言うか年老いた私はついていくのがやっとである。

 

 

毎日怖ろしい事を考えつき、気がつけばソファから下に前転しようとしていたり、ダンボールを土台にベビーサークルを乗り越えてダイブしようとしていたりと声にならない悲鳴をあげるのはあたり前になってしまった。

 

1歳児のクセに運動能力の自己価値がかなりお高いらしい。

 

 

この間なんて、ふと息子の気配がしないので慌てて確認すると。
キレイに両手を広げ空を見つめていた息子は鼻をおっぴろげて、今まさに飛ぼうとしていた所だった。

 

三輪車のサドルの上から。

 

紅白の時の小林○子氏も真っ青である。

 

 

 


けれど、私は意外と大きな事故は未然に防げている方だとは思う。
自画自賛ではないけれど、息子の動きを読むのに慣れてきた賜物である。

 

ただし。

 

それ以外は滅法ダメ母なので、小さな事故と言うかなんというか人に言えない人災はかなり多い。

 

息子の動きは読めても自分の動きは読めないのが原因である。

 

 


この1週間の人に言えない人災。

 

人災1
息子がアンパン○ンの車に乗ろうとしていたけれど、壁に足が引っかかって乗れないのを見て 『壁にぶつかって危ないからこっちに持ってきた方が良いよ』 と声をかけて車を持ち上げたら。

車輪で息子の頭直撃。

お前が1番危ないっつーの、と言う話である。

 

 

人災2
靴下を履いたまま、毛布を持ってダンボールに乗ろうとした息子。
これまた 『滑るから危ないよ』 と毛布を取ろうとしてすっ転ばす。
キレイに円を描いて飛んだ息子が印象的。

 

 

人災3
ポリオの生ワクチンやら季節の変わり目やらで具合の悪かった息子。

 

カンが立ってしまったらしく走り回って止まらなくなり大声を上げて今まで見た事もない興奮の仕方をしている。

『少し落ち着こう、大丈夫だから、ね』 と柔らかく制しようとして。
見事なまでのラリアット。

 

見事に後ろにもんどりうって倒れた息子。

 

 

 

 


ああぁぁあぁ。

 

 

 

 

育児って楽しい危険なり。

 

 

そして。
極めつけの事故が。

 

 


最近夜泣きがかなりひどい息子。
ほとんど寝かせてもらえない私。

 

グズグズとぐずり出すと私は授乳の準備をして、その間に夫が息子の位置を直してくれる(寝相が悪いので定位置にいないため)

 

夫が息子を枕の位置に押し上げるのと、私がクッションを頭の位置に引っ張ってくるのが合わさり。

 

 

 


息子の脳天におもっくそエルボーを一発キメた私。
脳天直撃ボンバーである(なんのこっちゃ)

 

 

 

 

ごうぅぅぅぅん

 

 

 

 

と鈍い音と感触が響き渡り、少しの間を置いて大泣きする息子。

 

 


いやいや、泣いて良かった。

 


死んだかと思った。

 

 

 

 


と、夫が一言。

 

「一歳児にする攻撃じゃないよね」 と真顔で言った。

 

 


いや、攻撃じゃないから、と声にならない声で言い訳するしか出来ない私。

 

 

息子は滅多に泣かない。
我慢強いしムダに泣かないし痛みに強い子なのだ。

シャンプーの時に頭をワシワシ洗われてザッパリとお湯をかけられてもひたすら我慢する。

 

そんな息子が、これでもかって言うほど頭を押さえて大泣きしていた。

 

 

 


ああ。

きっと。

 

だから夫はデパートとかに行ってもトイレやオムツ替えの果てまで私に任せないのだろうな。
自慢じゃないけど、私は息子とトイレに入った事もないものな。

 

この間車に戻る夫から息子を預かり、オムツ替えに行こうとしたら 「本当に大丈夫?」 って本気で心配してたし。

 


きっとこういうのが原因なのだろうな。

 

 

 


これからも息子がこんな母の元でも無事大きくなりますように。

 

IMG_1838.JPG

こんなほのぼのな事もしちゃうし

 

 

2010.11.19 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


ranking
ブログランキングに参加中
ポチポチっと応援お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター

現在の閲覧者数:
ブログ内検索
登場人物

小白:これを書いている人物。慣れない子育てもはや2年。相変わらずの妄想癖で数々のピンチやら何やらを乗り越える。根っからの貧乏性&心配性。
【特技】妄想癖(得意分野は貧乏ごっこ、家族の心配)暴走し過ぎて夫に迷惑をかけるのが定番
【趣味】夫いぢめ
【宝物】家族


●夫:24時間365日家族の事を想い家族のために尽くすドM、じゃなくて心優しいパパ。現実主義者ゆえ冷たく見られがちだが海のような広さの心の持ち主。
【特技】息子のご機嫌取り
【趣味】息子の目を盗みわずかな時間いじるPC
【宝物】息子


●息子:この世に出てきてわずか2年足らずで小白家のみんなのハートをがっちり掴んで離さないニクイやつ。父譲りのクールで超マイペースな所に母の大雑把さと頑固さを併せ持つ幼児。
【特技】あやしいダンス
【趣味】色やら数やらをひたすら言う、もしくは人に言わせる。
【宝物】オモチャ、アイタッチ


●小冬(コフユ):小白家の警察&ムードメーカー&ルールブック。老いてますます血気盛んな所におおざっぱさが加わりますますオヤジ化するもラブリーさは変わらず小白が溺愛する娘。スピッツ9才。
【特技】取締り
【好き】チーズ、レバー、特定のオヤツ、ママちゃ



●白斗(ハクト):2年前よりインスリノーマを患う。どうすればパパたんを独り占めできるか日々研究中。大らかで優しい息子。テンション高く時々倒れるのがたまにキズ。スピッツ8才。
【特技】低血糖発作からの生還
【好き】パパたん、弟ちゃん、チーズ、オヤツ全般、散歩



●レオ:2011年10月26日永眠。享年12才



●ベガ:小白家猫組唯一の女の子。寄る年波に勝てずあちこちガタが来つつも頑張っている11才。小白にペット霊園の話を出された途端蘇ったフェニックスキャット。
【特技】1日1嘔吐
【好き】猫缶、口に入るもの全部



●タロ:老婆宅にセラピーキャットとして修行中



●ふじ:小白家猫組末っ子。もうすぐシニアなのにいつまでも仔猫扱いの6才。いつまでも冒険心とドキドキを忘れないピーターパンキャット。
【特技】チキンレース
【好き】白斗、弟ちゃん、シニア用猫缶



STOP!ノーリード
小白の書棚

アタゴオルは猫の森
アタゴオルは猫の森 1 (1) (MFコミックス)
ますむら ひろし 著


こむぎ日和
こむぎ日和 お散歩できないダメダメ編 (クイーンズコミックス)
芳成 香名子 著


綿の国星
綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)
大島 弓子 著


ハルとソラとのミニチュアな日々
ハルとソラとのミニチュアな日々
たかはし みき 著


Dr.ノムラの犬の悩み相談所
Dr.ノムラの犬の悩み相談所 (Inu to Issho ni Series)
野村 潤一郎 著


犬用救急箱の中身
●犬猫用の体温計
先端フレキシブルで安全設計
犬猫用フレキシブル体温計

●簡易血糖測定器
簡易血糖測定器
あし@

検索
QLOOKアクセス解析 出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。