スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


複雑なお姉ちゃん心
カテゴリ:いぬ

 P1110780.JPG だって、小冬っち悪くないもん

 

最近小冬と息子の仲がよろしくない。
よろしくない、と言うよりかなり険悪である。

とうとうガブリ、とやるまでになってしまった。

 

もちろん甘咬みだったけれど。

息子がまだ歩き始める前はどちらかと言うと良好だったのに。

 

歩き始めて受動的だった行動が能動的に一変した途端、事体が変わった。

 

どちらかと言うと、我が家の犬猫(小冬以外)はみんな寛大で大らかで優しい。
当然息子にも怒る事は全くと言って良いほどない。

 

踏まれようが叩かれようが蹴られようが、むしろ息子が可愛くて仕方ないといったような反応をする。

 

これには正直私もちょっと心配していた。
世の中の犬猫全てこんな感じだと息子が思ってしまったら怖ろしい。

 

なので小冬に教育的指導を期待はしていたのだけど。

 

 

小冬は自分の事を私の子供だと信じて疑っていない。
なので教育的指導と言うより、ヤキモチでの反応しかないのだ。

 


自分のお気に入りの縄張りだったソファに息子が乗って遊ぶようになったのが面白くない。
大事なママちゃを叩いたりするのが許せない。
自分の傍に寄ってくるのが嫌だ。

 

などなど事ある毎に歯を剥いて唸って怒るようになった。
(余談だけれど、私はこの犬猫の唸り声が大嫌いで理由がなんであろうと唸ってるコを怒る事にしている)

 

『こらぁ、ウチには唸り声はいらないんだよ!小冬っち!!』


以前なら怒られるとションボリしていた小冬も今は全く言う事を聞かずふて腐れている。

 

 

そんな小冬の反応が面白い息子。
執拗に小冬をかまう。

 

私の目から見ても文句なしに息子が悪い。
体の上に乗ったり、物で叩いたり。

 

もちろん息子もやりすぎと感じたら怒ってはいるけれど。
まだ小さな子供ゆえ叱るタイミングや叱り方も本当に難しい。
本人はわざとや意地悪ではないのも事実なのだし。

 

だけど。
小冬にしたら迷惑この上ないし可哀相で仕方ない。
気の休まるヒマなんてないだろう。

 

 


でも、唸られ過ぎると落ち込んでションボリする息子も気の毒だと思う。
小さくても相手が怒っているのは伝わるのだろう。


なのに自分で上手く抱っこしたり撫で撫でしたりする術を彼はまだ身につけていない。
一生懸命訓練中なのだ。

 

板ばさみになり、気分はまるで中間管理職か嫁姑問題の間に挟まったおとなしい夫である。

 

 


最近では、小冬はわざとケンカを売りに息子の傍に行ったりソファにのぼるようになった。


息子も私の顔色を見て小冬を怒るか自分を怒るかチキン試しをしている部分もある。

 

 

この間なんて、寝ている時に息子を寄せようとしたら毛むくじゃらな物が手にあたり驚いて確認すると小冬だった。

どうやら小冬が息子を押し出したらしい。

息子は足元で寝ていた。

小冬も息子も動かすとうるさくて面倒くさいので、息子にそっと声援を送って布団にもぐりこむ私。

 

 

いや、小冬だっていつも息子を押し出すわけではない。

気がつくと小冬は息子の傍で寝たりしているので嫌いではないのだと思う。

 

ただ、ママちゃの隣を取られるのが寂しいのだと思う。

 

 


どっちも可愛いし両方の気持ちも痛いほどわかる。

 

ただ。

 

私が限界を感じて涙をこぼし、手ひどく落ち込んだ時にすぐに傍に来て離れない小冬がやっぱり愛しいと思う。

 


ゆっくりとかまったり出来ないのに私の非常事態を察知してくれる小冬を本当の娘だと思ってしまう。
本当に大事だから。

 

 

だから。

 

私の甘えだけれど、息子がもう少し大きくなるまで小冬にはガマンしてもらおうと思うのだ。

 

『身内には甘えられる』 ではないけれど、小冬の方が私と家族になった時間は遥かに長いのだから。

 

 

もちろん、この先私と一緒にいられるのは息子より圧倒的に短いのもちゃんと考えてあげなければとは思うけれど。

 

 

息子が理解出来るようになるまで。
時々は教育的指導をしても良いから。

 

 


もうちょっとだけ待っててね。
小冬。

 


 P1120196.JPG

小冬っちだって寂しいんだもん

 

 

2011.01.06 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


ranking
ブログランキングに参加中
ポチポチっと応援お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター

現在の閲覧者数:
ブログ内検索
登場人物

小白:これを書いている人物。慣れない子育てもはや2年。相変わらずの妄想癖で数々のピンチやら何やらを乗り越える。根っからの貧乏性&心配性。
【特技】妄想癖(得意分野は貧乏ごっこ、家族の心配)暴走し過ぎて夫に迷惑をかけるのが定番
【趣味】夫いぢめ
【宝物】家族


●夫:24時間365日家族の事を想い家族のために尽くすドM、じゃなくて心優しいパパ。現実主義者ゆえ冷たく見られがちだが海のような広さの心の持ち主。
【特技】息子のご機嫌取り
【趣味】息子の目を盗みわずかな時間いじるPC
【宝物】息子


●息子:この世に出てきてわずか2年足らずで小白家のみんなのハートをがっちり掴んで離さないニクイやつ。父譲りのクールで超マイペースな所に母の大雑把さと頑固さを併せ持つ幼児。
【特技】あやしいダンス
【趣味】色やら数やらをひたすら言う、もしくは人に言わせる。
【宝物】オモチャ、アイタッチ


●小冬(コフユ):小白家の警察&ムードメーカー&ルールブック。老いてますます血気盛んな所におおざっぱさが加わりますますオヤジ化するもラブリーさは変わらず小白が溺愛する娘。スピッツ9才。
【特技】取締り
【好き】チーズ、レバー、特定のオヤツ、ママちゃ



●白斗(ハクト):2年前よりインスリノーマを患う。どうすればパパたんを独り占めできるか日々研究中。大らかで優しい息子。テンション高く時々倒れるのがたまにキズ。スピッツ8才。
【特技】低血糖発作からの生還
【好き】パパたん、弟ちゃん、チーズ、オヤツ全般、散歩



●レオ:2011年10月26日永眠。享年12才



●ベガ:小白家猫組唯一の女の子。寄る年波に勝てずあちこちガタが来つつも頑張っている11才。小白にペット霊園の話を出された途端蘇ったフェニックスキャット。
【特技】1日1嘔吐
【好き】猫缶、口に入るもの全部



●タロ:老婆宅にセラピーキャットとして修行中



●ふじ:小白家猫組末っ子。もうすぐシニアなのにいつまでも仔猫扱いの6才。いつまでも冒険心とドキドキを忘れないピーターパンキャット。
【特技】チキンレース
【好き】白斗、弟ちゃん、シニア用猫缶



STOP!ノーリード
小白の書棚

アタゴオルは猫の森
アタゴオルは猫の森 1 (1) (MFコミックス)
ますむら ひろし 著


こむぎ日和
こむぎ日和 お散歩できないダメダメ編 (クイーンズコミックス)
芳成 香名子 著


綿の国星
綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)
大島 弓子 著


ハルとソラとのミニチュアな日々
ハルとソラとのミニチュアな日々
たかはし みき 著


Dr.ノムラの犬の悩み相談所
Dr.ノムラの犬の悩み相談所 (Inu to Issho ni Series)
野村 潤一郎 著


犬用救急箱の中身
●犬猫用の体温計
先端フレキシブルで安全設計
犬猫用フレキシブル体温計

●簡易血糖測定器
簡易血糖測定器
あし@

検索
QLOOKアクセス解析 出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。