スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


あした元気になあれ
カテゴリ:いぬ と ねこ

 pict-P1120451.jpg ハクちゃん大好き!

 


子供が大きくなるにつれ、少しずつ楽になって行くと思っていたけれど。
なぜか前にも増して慌しく毎日が過ぎていく。

 


自分の好きな番組を観るはおろか、本の1冊も読む暇なんてありゃしない。
せめてものPCさえ息子が昼寝してくれた日限定で10分~30分が限度(なので不義理している皆様本当に申し訳ありません)

 


この記事も数回に分けて書いていたりする。

 

そんな毎日だから疲れが慢性的に溜まってしまい、おまけに病気の犬と猫を抱えているもんだからどうしてもポジティブになれない時がある。

 

 

超ネガティブダーク小白に早変わりである。

 

そんなところに。
ここ最近ベガの体調がかなり悪い。
見た目にもだんだんと弱っており、嫌でも長くはない事を受け止めるしかない状況になっている。

 

誇り高く気高かったベガの面影は全くないのが悲しい。

 

 

P1120353.JPG

さすがのベガちゃんも年には勝てないの

 

 

 

見ていてもここまで苦しむのなら、と思い始めてきた。
毎日ひどい勢いで大量に嘔吐し、家中大変な事になる(カーテンのてっぺんまで噴き上げる)

 


寝ている息子を起こされ泣き喚く中の掃除は本当に大変で、毎度1時間程かかってしまうため体調が悪かった一時期心も少しおかしくなってしまい夫が帰ってきてくれたりした。

 

今日は吐きませんように、と毎日お祈り三昧なのだ。

 


病院に行っても気にするほどではない、と言われているのでおそらく老化なのだろう。

 

生まれつき体の弱いコだからかもしれない。
もうあれこれ考えるのは疲れてしまった。

 

ベガについては少しずつ受容でき始めてはいるけれど。

 

 

 

悪い事は重なるもので。

 

 

白斗も血糖がなかなかあがってくれない。
こまめに気を配ってブドウ糖を飲ませているのに。
おかげで眉間にシワが出来てしまった。

 

 

ああ。
こんな顔してたら幸せが逃げて行く。
わかっているのに、超ポジティブブライト小白はなかなか戻ってこない。

 

ステロイドが劇的に効いていたのも最初だけで、最近では逆に血糖が下がったりするようになった。

 

なので下がっていてもステロイドを行ったからといって安心は全然出来ない。
むしろ命取りになりかねない時もあるのだ。

 

なのにいきなり120位にまで跳ね上がる事もある。
だから具合が悪そうでも必ず血糖測定をしなければ、簡単にブドウ糖は飲ませられない。

 


いつも具合が悪そうな白斗は、いつもいつも痛い思いをしなければならないのだ。

 

 

先週あたりから白斗の散歩が少し変わった。
なにが、というとうまく説明できないけれどリードの余し具合とか歩き方とかを見ていて、今までとは違う事に気がついた。

 

何度も散歩中に励ます事も増えた。

 


おとついははじめて散歩中に発作を起こしそうになった。

 


血糖が70を切りそうになるとなぜか雰囲気でわかるようになったのがせめてもの救いだとは思う。

 

 


帰ってから色々考えると涙が止まらなかった。

 

神様は 「もうそろそろ覚悟をしておきなさい」 と言ってるのだろうか。

 

来年の今頃、白斗はちゃんと私の横にいるのだろうか。

 

もしいないのだったら、いつ私はその試練に直面して乗り越えるのだろう。

 

笑顔になれる日は来るのだろうか。

 


そんなふうにボンヤリと考えながら白斗を撫でていたら急に愛しさがこみ上げてきた。

 

この血糖測定で内出血してボコボコの耳の内側のあったかいピンクも。

 

ちょっとウェーブのかかった毛も。

 

大きな体に顔をうずめた時の感触も。

 

アイスのコーンに似た肉球の匂いも。

 

雪だるまみたいな形のイボも。

 

白斗の持つ全部全部が。

 

 


吐きそうになる程愛おしくて、どんどん泣けてきた。

 

 

 


この全てが私の傍から無くなるなんて嫌だ。
夢から覚めてもどこを探してもいないなんて想像できない。

 


弱った心がどんどん押し出されてたくさん涙が出た。

 


テレビを観ているふりして泣いた。

 

 

そして。
白斗に 「ぽっくんは去年の12月に死ぬかもしれなかったんだよ、でもね、それを逃したから当分チャンスはないよ。最低あと1年・・・いや、3年は生きなくちゃならないよ」 と言った。

 

 

 

神様。

 

 

どうか。

 

どうかあと1年。

 


白斗との時間をください。

 

後悔のないように本当に大事に使います。

 

 

 

 

 


文字にしたら少しだけ元気になってきた。

 

そうだ。

 

いつもこんなふうに<白斗の調子が良くない>なんて書いた翌日には血糖が90とかになってるからおそらく明日には元気になっているだろう。

 

ベガだって、ガリガリになりながらも10年くらいは生きるかもしれない。

 

 


明日はみんなわからないから。

 

希望だけを明日に持ち越して、少しずつ超ポジティブブライト小白に戻っていこう。

 

こんな日があるから平凡な毎日が有難いのだ。

 

P1120458.JPG

その優しい目でずっと弟ちゃんを見てあげてね

 

 

2011.01.29 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


ranking
ブログランキングに参加中
ポチポチっと応援お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター

現在の閲覧者数:
ブログ内検索
登場人物

小白:これを書いている人物。慣れない子育てもはや2年。相変わらずの妄想癖で数々のピンチやら何やらを乗り越える。根っからの貧乏性&心配性。
【特技】妄想癖(得意分野は貧乏ごっこ、家族の心配)暴走し過ぎて夫に迷惑をかけるのが定番
【趣味】夫いぢめ
【宝物】家族


●夫:24時間365日家族の事を想い家族のために尽くすドM、じゃなくて心優しいパパ。現実主義者ゆえ冷たく見られがちだが海のような広さの心の持ち主。
【特技】息子のご機嫌取り
【趣味】息子の目を盗みわずかな時間いじるPC
【宝物】息子


●息子:この世に出てきてわずか2年足らずで小白家のみんなのハートをがっちり掴んで離さないニクイやつ。父譲りのクールで超マイペースな所に母の大雑把さと頑固さを併せ持つ幼児。
【特技】あやしいダンス
【趣味】色やら数やらをひたすら言う、もしくは人に言わせる。
【宝物】オモチャ、アイタッチ


●小冬(コフユ):小白家の警察&ムードメーカー&ルールブック。老いてますます血気盛んな所におおざっぱさが加わりますますオヤジ化するもラブリーさは変わらず小白が溺愛する娘。スピッツ9才。
【特技】取締り
【好き】チーズ、レバー、特定のオヤツ、ママちゃ



●白斗(ハクト):2年前よりインスリノーマを患う。どうすればパパたんを独り占めできるか日々研究中。大らかで優しい息子。テンション高く時々倒れるのがたまにキズ。スピッツ8才。
【特技】低血糖発作からの生還
【好き】パパたん、弟ちゃん、チーズ、オヤツ全般、散歩



●レオ:2011年10月26日永眠。享年12才



●ベガ:小白家猫組唯一の女の子。寄る年波に勝てずあちこちガタが来つつも頑張っている11才。小白にペット霊園の話を出された途端蘇ったフェニックスキャット。
【特技】1日1嘔吐
【好き】猫缶、口に入るもの全部



●タロ:老婆宅にセラピーキャットとして修行中



●ふじ:小白家猫組末っ子。もうすぐシニアなのにいつまでも仔猫扱いの6才。いつまでも冒険心とドキドキを忘れないピーターパンキャット。
【特技】チキンレース
【好き】白斗、弟ちゃん、シニア用猫缶



STOP!ノーリード
小白の書棚

アタゴオルは猫の森
アタゴオルは猫の森 1 (1) (MFコミックス)
ますむら ひろし 著


こむぎ日和
こむぎ日和 お散歩できないダメダメ編 (クイーンズコミックス)
芳成 香名子 著


綿の国星
綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)
大島 弓子 著


ハルとソラとのミニチュアな日々
ハルとソラとのミニチュアな日々
たかはし みき 著


Dr.ノムラの犬の悩み相談所
Dr.ノムラの犬の悩み相談所 (Inu to Issho ni Series)
野村 潤一郎 著


犬用救急箱の中身
●犬猫用の体温計
先端フレキシブルで安全設計
犬猫用フレキシブル体温計

●簡易血糖測定器
簡易血糖測定器
あし@

検索
QLOOKアクセス解析 出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。